車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車の日焼けには塗装を行おう

車の日焼けには塗装を行おう



車の日焼けをできる限りさせないための対策方法



車は何年も乗っているとボディが劣化し、特に直射日光に当たり続けると日焼けをしてしまう原因になります。対処方法は様々ですが、まずは劣化させないためにも対策方法について知っておいた方がいいでしょう。ここでは車を早く劣化させないためにもどんな対策方法があるのかについて解説します。

まず1つ目の対策方法はなるべくガレージを使用して駐車することです。これは自宅の駐車設備によっても異なることですが、紫外線などから車を守るためにはガレージに駐車する方法が一番効果があると言われています。ガレージなら直射日光が当たりませんし、雨や風等からも車を守ることができます。あらゆる日焼けの原因を防ぐことができるので、特にガレージを設置している家庭はしっかりと中に駐車すると劣化を防げます。

また2つ目の対策方法は車にカバーをかけることです。必ずしもガレージが設置できるとは限らず、特にアパートなど賃貸住宅に住んでいる人は自分の判断でガレージを設置することはできません。実際にガレージを設置していない家も多いですが、こういった場合にはカバーをかけて車の劣化を防ぎましょう。カバーでも車全体を覆うことができるので、ガレージが無くても直射日光や雨から車を守ることが可能です。また、カバーなら比較的リーズナブルな価格で購入することができるので、魅力的です。

続いて3つ目の対策方法はこまめに洗車をして塗装を汚れた状態にしないことです。車のボディに付着している汚れなどは長時間放置すると塗装面が劣化してしまう恐れがあります。新車でも放置することで簡単に劣化してしまう恐れがあるので、キレイな状態をできる限り長く保ちたいと思っているのであればこまめに洗車をしておくことがポイントです。特に車には鳥の糞等が付着することがありますが、鳥の糞は通常の汚れよりもボディが剥げてしまう可能性が高いので、なるべく早めに対処するといいでしょう。このように、ここでは3つの対策方法について説明をしましたが、なるべく早めに車を劣化させないためにはここで説明した3つの対策方法を行った方がいいでしょう。しっかりと対策することで劣化も防ぐことができ、愛車を綺麗な状態に保つことができます。



日焼けを専門業者に依頼するメリットについて



車が日焼けをしてしまった場合には業者に依頼をすることで塗装によって簡単に直すことができます。日焼けを自分で修復する人もいますが、業者に依頼をした方がメリットは多いと言われています。では、どんなメリットがあるのか知りたい方のためにもここでは依頼する利点について紹介します。

まず、依頼をすることでムラなく日焼けを修復できるという利点があります。例えば専門的知識を持っていない人が自分で修復するとなると、失敗のリスクも高く、乾いた後にボディの塗装にムラができることもあります。ムラができると見栄えも悪くなり、修復するのに手間がかかります。しかし、業者に依頼をすればムラなく綺麗に塗装を行うことができるので、安心して依頼できます。綺麗な修復を望むなら業者に依頼をした方がいいでしょう。

また、手間がかからないのも利点です。例えば自分で修理をすると、何時間も何日もかかることがあります。なるべく短時間で直したいと思っている方が多いでしょう。こういった場合には業者に依頼をすれば手間もかかりませんし、短時間で修理をすることができるので魅力的です。



万が一日焼けをしてしまった場合には



車の日焼けを防ぐためには様々な方法がありますが、それでも長年乗り続けていると劣化が進み、剥げてしまうことがあります。こういった場合には業者に依頼をすることで簡単に直してもらうことができます。しかし、修理を行うことができる業者といっても数が多いので、ここではこれから依頼を検討している方のためにもどこの業者に依頼をするといいのかについて紹介します。

まず依頼する時は手軽に見積もりを行えるかどうかをチェックしておきましょう。業者によってサービス内容や価格は異なります。その為比較するためには見積もりを行うのが手っ取り早い方法になりますが、業者によって見積もりの方法も異なります。中には個人情報などを一切入力せずに見積もりができるところもあるので、なるべく手軽に依頼できるところを選択するといいでしょう。

また、費用についてもチェックしておくことが大切です。料金はそれぞれ業者によって異なります。例えば業者によっては初めて利用する人なら通常価格より安く修理をしてくれるところも存在しています。また、納車や引き取りを無料で行ってくれるところもあるなど、安くするために色々なサービスを行っているところがあります。こういった部分も細かくチェックすることで安く抑えることが可能になるので、価格を気にしている方は安くできるかどうかもチェックしてから選ぶといいでしょう。

次の記事へ