車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車の板金なら丁寧で安いところを選ぶ

車の板金なら丁寧で安いところを選ぶ


安い板金の実現



多くの方々が、やはり板金は安い方がいいと思っているのではないでしょうか。クルマの修理に予想以上の費用がかかってしまい、驚いた人たちも多くいるはずです。ちょっとした傷で簡単に大金が飛んでいってしまうことになります。

しかし、実際に板金塗装の原価がかかっているわけではありませんので、お店がそれなりに努力をすれば、安い価格を実現することも可能となってきます。しかし、価格が上がるには自動車修理工場にも都合があって、入庫がそれほど期待できない場合、1件に対しての価格をアップさせなければ、修理工場を運営できないという現実的な悩みも抱えています。

作業員5人程度の、修理工場で月間100台の入庫が期待できるほどのシステムであれば、お客様本位として頑張っている修理工場といえます。しかし、1台あたりの単価と月の売上を考慮すると、土地代、給料、経費、材料の支払いなどを済ませることで、利益を得るにはギリギリのラインかもしれません。

でも、現在お話しした工程によって、ある程度の無駄を省くことよりよい運営方法も見つかったというのが専門業者の現状ではないでしょうか。つまり、修理工場はもっと頑張って経営をすれば、いくらだって安い料金を提供できるということなのです。今、皆さんが対応してもらっている修理工場は、どのような工場なのか、家庭内の出費も見合わせるために一度見直してみてはいかがでしょうか。

低コストで経営している業者も、宣伝や広告を考えていることに変わりはありません。自動車修理工場の魅力をお伝えできなければ、利益につながりません。ある自動車修理工場では、引き取りと納車が無料で、シンプルな均一料金にこだわりを持っています。そして、安くできるためのシステムが備わっていると言います。まずは料金設定と工場の状況から情報収集していきましょう。



安い板金の努力



実際に高いと思うものの、頑張って安い料金で提供している自動車板金修理工場だって、インターネットで探せば見つけることができるのです。中には車の修理に数万円かかることがあり、車の維持は大変だと思うこともあるはずです。時代はまさに今後どんどん変化しているゆえ、優良な工場であれば、小さなキズなら3,000円から、ヘコミは高くて3万3,000円程度と、工程を単純化することによって低価格化が実現されています。自動車工場の根本的なシステムを見直し、シンプルな設定に切り替えた努力のたまものといえるでしょう。インターネットで安い板金サービスを検索してみるのも一つの手段です。

ある会社の例を挙げれば、たくさんの方に入庫してもらうための努力として、朝は9時ごろから夜は22時ごろまでと長い営業時間をとる方法を選ぶこともあります。当然、出社後に社用車をすぐ持っていくこともできたり、退社後に家に帰ってから車に乗り換えて自家用車を修理に出したりもできます。対象となる年齢層も当然幅広くなり、残業などで利用できなかった人たちが、気軽に利用することができるようになりました。出張引き取りや納車も柔軟な対応をこころがけ、首都圏を対象として稼働すれば低価格化も実現可能となります。車購入の際にお世話になっているところに依頼するのも良いですが、家計を考えて板金の料金を安くすることもおすすめです。



安い板金の成果



自動車修理の板金にかかる料金は、高いイメージが強いものの、激安料金で提供している自動車修理工場も、探せば見つけることができます。お客さんでも、そのような安い自動車修理工場を見つけるための努力をしなければなりません。そして、自動車修理工場がお客さんのニーズに沿った懸け橋となり、幅広いユーザーへの対応をすることから安い板金を提供できるという成果につながったとされます。

さらに、土曜や日曜と祝日も営業しているところならなお便利です。お客さんへのサービスを増やすために、休日の営業も当たり前の時代となっています。交通事故の絶えない世の中では、自動車修理工場には必須なのではないでしょうか。それでも、高い料金の自動車修理工場を利用しなければならない時代は終わりました。なぜならインターネットからでも、価格の魅力的な自動車修理工場をいくつも見つけることができるからです。

さらに、自動車修理工場で提供できるお客さんへのサービスはまだまだ見つけることができるのではないでしょうか。お車の引き取りと納車が無料であり、入庫中の代車ももちろん無料で設定されているなら、ユーザーとしては本望です。多岐にわたるお客さんへのサービスを増やすことによって、便利な印象を保つことができます。

板金業界の常識をくつがえす料金体系が存在します。そのような料金体系が当たり前といわれる時代も来るのかもしれません。 お客さんも、自動車修理工場をインターネットでしっかりチェックをして、見積もりと比較した上で、 厳しい目で見る必要があります。そして、良きリピーターとして安全なカーライフを送ってください。

次の記事へ