<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車の豆知識や塗装について



いつまでも快適に車を乗るためには冷却水の点検をしておこう



冷却水はエンジンの温度を適正に保つだけではなく、ATFやターボチャージャーの冷却など快適に走行させるために必要な働きをしてくれます。では、実際に冷却水にはどのような役割があるのかについて具体的に紹介をしていきます。

まず、一つ目の役割としてはオーバーヒートを防止することが可能なことです。エンジンのオーバーヒートを引き起こしてしまうとエンジンが壊れてしまったり、止まったりします。修理も大変になってしまうので対策をしなければなりませんが、防止するためには冷却水をしっかりと流すことが大切です。冷却をすることが大切となっており、その為にもラジエーターの中に冷却液を流すことが重要です。その為、単なる水ではなく、性能を発揮してくれる液を使用する必要があります。

二つ目の役割は凍結の防止に役立っている事です。日本でも地域によって気温は変わってきますが、中でも北の地域に関しては冬の最高気温がマイナスのところも存在しています。その為、車の冷却水にただの水を利用していると気温が低い地域では凍結をしてしまいます。水は凍結をすることによってシリンダーヘッドやシリンダーブロック、ラジエーターが壊れてしまうと言われており、破損をしたら修理をしないといけませんが、冷却水は凍結しにくい成分が含まれているため、気温が低い地域でも凍結を防止することが可能となっています。

三つ目は防錆の役割をしてくれることです。エンジンのラジエーターなどの部品は基本的に金属が使われていますが、錆が発生してしまうとエンジンの破損にも繋がります。防ぐためにも対策方法としては冷却水を定期的に点検しておくことが大切だと言われています。それによって錆を引き起こすこともありません。

このように今回は三つの役割について紹介をしましたが、定期的に液量を確認しておかないとオーバーヒートにもつながるので、液量は定期的に確認しておくようにしましょう。車を快適に走行させるためにも必要な事となっているので、目安としては2年から3年に一度は交換しておくようにしましょう。



車の塗装を専門業者に依頼するメリット



車を運転していると不注意などで擦ってしまったり、ぶつけたりして、傷つけてしまった経験をしたことがある方もいるかもしれません。ボディの凹みの有無や、傷の大きさによって修理をする際には完了までに時間がかかってしまうこともあります。そんな時に便利なのが板金塗装を専門的に行っているところですが、実際に依頼をすることによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか?今回はメリットについて紹介をしていきます。

まず、一つ目は技術力が高いことです。例えば個人で塗装をすることは知識を身に付ければ可能となっていますが、失敗する可能性もありますし、ムラが発生したりなどあまり良いことは聞きません。また、業者によっても専門的に取り扱っていないところは時間がかかったり、それほど技術が高くなかったりもします。大切な愛車はできる限り納得して修理ができるところに依頼をしたいと思っている方が多いと思いますが、専門的に塗装を行っているところに依頼をすれば、ムラが発生することもありませんし、キズがあるところも元通りの状態にしてくれます。

二つ目のメリットは中間マージンがかからないことです。例えばディーラーと比較をしてみると、簡単に説明をするとディーラーは基本的に下請けの板金塗装に依頼をすることが多いのです。下請けに頼むことによって中間マージンが発生し、料金が高くなることもあります。しかし、専門的に板金塗装を行っているところは自社工場での修理となるので、中間マージンが発生することなく、コストカットを実現することができます。

このように、今回は二つのメリットについて紹介をしましたが、専門業者に依頼をすることによって安心感もありますし、ディーラーに頼むよりもリーズナブルに修理が可能となります。その為、利用する方も増えてきています。



塗装をしてくれる業者の選び方



塗装をしてくれる業者といっても全国に数多く存在しているので、選ぶ際には悩むこともあるかもしれませんが、実際にどのようなポイントに気をつけて選べば納得の業者に出会うことができるのでしょうか?今回は失敗しない選び方について紹介をしていきます。

まず、一つ目のポイントは料金ですが、板金塗装というと費用が高くなると思っている方もいますが、中にはリーズナブルな価格で修理してくれるところも存在しています。料金を安くするためにも見積もりを取ると事前に金額が分かるので、金額に納得できない場合は他の修理工場を探すこともできます。納得できる金額を提示してくれるところに修理をお願いすれば、結果的に修理代金を安くすることができるでしょう。

二つ目は追加料金が発生しないかどうかです。中には初めに提示された金額と異なるところもあるので、まずは追加料金が発生するかどうかの確認をし、提示の金額通りに塗装を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車