<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-PBHRPM" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

コラム

車を修理する時の金額を抑えるコツや修理の注意点について



車の修理金額を安くするコツ



車の修理は数万円から数十万円になることが当たり前とイメージしている方もいます。それほど多くの方が高いと感じているものですが、絶対に高額な金額を支払って修理をしなければならないというわけではありません。安くできる方法もあるので、ここではなるべく金額を抑えるためのコツについて紹介します。

まず安くするためにはいろいろな業者の比較をすることが大切です。例えば民間の業者とディーラーでは発生する費用は異なりますし、民間の業者もそれぞれ金額は異なります。そのため、まず重要なのは見積もりを取ることです。なぜ見積もりをした方がいいのかと言うと、どのくらいの料金がかかるかの比較をすることができるためです。例えばA社とB社で数千円から数万円ほどの差が出たら安い方を選びたいと思う方が多いでしょう。比較をすることでより安く済む方を選ぶことができるので、業者に依頼をするなら見積もりをして比較はした方が損をすることはありません。

また、依頼をしたいと思っている業者の細かい部分までチェックすることも重要です。例えば引き取りや納車で手数料を取るところもあればとらないところもあります。この手数料で料金に差が出ることもありますし、他にも代車の利用で料金が発生するところもあれば無料のところもあります。細かい部分までチェックすることでより安く済む業者を選べます。このように金額を抑えたい人は説明した二つのポイントを確認しながら選んだ方がいいでしょう。しかし、注意したいことは金額だけを見て選ぶのはよくないということです。なるべく不快感を味わいたくないという人も多いので、接客がしっかりとしていたり、要望にきちんと応えてくれたりなど対応の仕方も確認してから依頼を考えた方が安心です。そこまで細かくチェックすると納得のできる業者を見つけることができます。



板金塗装前後の注意点について



車の修理の中には板金塗装などが存在しますが、依頼をすることでボディーをきれいな状態によみがえらせることができます。魅力的な方法ですが、これから板金塗装を考える人は作業を進める前後で注意したいことがあります。ここではその中でも重要な注意点について紹介します。まず一つ目は板金塗装をする前後での洗車です。愛車をきれいな状態で業者に引き渡したいと思っている方も多いですが、板金塗装の場合は裏目に出ることもあります。特にボディーにキズがあったり、塗装のハガレが見られたりする場合は洗車をすることで傷や塗装ハガレの場所から水が侵入してさらなる劣化につながることもあります。そのため修理を依頼する前はなるべくそのままの状態で持ち込むのがベストです。また、板金塗装後の洗車も注意が必要です。中には納車してからその日のうちに車を洗う人もいますが、塗装してすぐは完全に硬化しておらず洗うことで傷をつけてしまうことも考えられます。そのため、できる限り納車してから2週間程度は避けた方がいいです。

続いて二つ目は塗装前のワックスがけにも注意が必要です。塗装において油分は大敵と言うことを覚えておきましょう。塗装前には油膜を取り除く作業を行いますが、成功させるためにも油膜を取り除く作業は重要です。しかし、ワックスがけを事前にしており、特にベタベタに塗っている状態では塗装浮きの原因にもなります。作業をスムーズに進めるためにも必要以上にワックスを塗ったりせずに、洗車同様塗装前にはそのままの状態で依頼をした方がいいです。

最後に三つ目は自己塗装は避けることです。人によってはホームセンターやカーショップで購入した塗装剤を自分で塗る人もいますが、車は高級品です。高いので失敗しないためにもできる限り自己塗装は避けた方がいいと言われています。特に知識がない方は避けるべきです。このように、満足度の高い板金塗装を実施するためには依頼者が注意したいことがいくつかあるので、特に初めて依頼を検討している方は注意点をチェックしておくと安心です。



傷を放置せずに早めに修理した方がいい理由



車の傷は走行すれば必ずと言っていいほど発生します。しかしそれが大きな傷か小さな傷かは状態により異なります。特に大きな傷の場合は注意点がいくつかあり、特に放置することで良くないとされていることがたくさんあります。まず、傷の放置はさびの発生につながります。車種によって異なりますが、鉄などの部品を使用しているボディーは放置することでさびやすくなります。さびると耐久性も低くなり、走行時に危険です。不安な気持ちを抱えたまま走りたくない人は多いと思うので、傷がある場合は修理を依頼した方が安心です。

放置することで車に与える影響がさらに大きくなってしまう可能性もあります。さびて劣化した範囲が広がってしまうと、修理をしなければならない箇所も増えます。大きな劣化になるとその分費用も必要になることがあるので、愛車を守るためには放置はせずに早めに業者へ依頼を検討することが大切です。

次の記事へ

  • 0120-145-841
  • 超カンタン!60秒お見積もり

超カンタン!60秒お見積もり

修理の流れ|車の修理や格安板金塗装!バンパー擦り傷3,000円均一の池内自動車