車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 車を安全に走行させるための点検や修理について

車を安全に走行させるための点検や修理について

オイル交換の重要性


車を所有している人はオイル交換を定期的にしている人たちが多いと思いますが、オイル交換は安全に走行するためには重要なものとなっています。特に免許を取りたての人はオイル交換などの知識を知っておいた方が良いので、今回はオイル交換についての豆知識についてを紹介していきます。
まず、そもそもオイルの交換時期について知らない方のためにいつ頃交換すれば良いのかということを紹介していきますが、基本的には、5000キロに一回の目安で交換をした方が良いと言われています。しかし、排気量の小さいエンジンに関しては、常に高速回転をしているので、交換時期は異なり、3000キロに一回の頻度で交換をした方が安心です。また、ターボエンジンの場合も短いサイクルでの交換が必要になるので、所有している車のエンジンによって交換時期を調べると良いでしょう。
では、実際にオイル交換をしないとどういった不具合が発生するのでしょうか?まず、そもそもオイルの役割というのはエンジン内を循環し、内部で発生した汚れを吸収していきます。エンジンは部品と部品が摩擦して回転をしているのでススなどが発生し、水分等の汚れを吸収しているオイルは劣化が進んでいきます。きれいなオイルの場合は汚れなどを吸収してくれますが、劣化が進むことによって汚れを吸い取らなくなります。放置することによってオイルはドロドロになり、循環不良を起こしてエンジンの焼き付きを起こしてしまいます。
実際にエンジンオイルを交換せずに発生した事故としては火災です。車が燃えてしまうと廃車になりますし、命の危険もあります。国土交通省も事故が起きないように定期的な交換を呼び掛けているほど大切になるので、大きな事故や故障を起こさないためにも定期的な交換が必要になります。
では、交換をすることによってどのようなメリットがあるのかということですが、まずはエンジンが静かになるというメリットが存在しています。オイルが劣化していると汚れが溜まるので、エンジン音が大きくなったりしますが、綺麗な状態にすることで静かに回転をしてくれます。また、アクセルを踏んだ時にパワーが出るのもメリットになります。オイル交換をすることによってエンジンがスムーズに回転をします。それによってパワーも出て快適に運転を楽しむことができます。このように、大切な車を故障させないためにも点検は必要になります。今回はオイル交換について紹介をしましたが、点検をすべき箇所はまだまだたくさんあるのでマイカーを所有するという人はしっかりと知識を身に着けておくと良いでしょう。

車の修理を業者に依頼するメリット


運転しているときにうっかりしていてバンパーを擦ってしまったり、ぶつけてしまった人もいるかと思いますが、車にキズが付いたときには修理について考えるのが一般的になります。基本的には修理業者に依頼する人が多いと思いますが、業者といってもディーラーや板金塗装業者など、大きく分けると存在しています。今回は板金塗装業者に依頼するメリットについてを紹介していきます。
まず、メリットとしては価格が安いことです。板金塗装業者の場合は修理料金を自分で決めることができますし、材料費よりも人件費がほとんどになりますので、ディーラーなどに比べて安く済むことが多くなっています。例えばキズを付けてしまった場合になるべく安いところに依頼をしたいと思っている場合には板金塗装業者に依頼することでリーズナブルな価格で修理をしてもらえます。また、中間マージンがかからないのも魅力の一つになります。ディーラーの場合は依頼が多い時には下請けに依頼することがありますが、この場合には手数料がかかってしまいますし、下請けに任せることになるので時間もかかってしまいます。しかし、板金塗装業者なら自社工場で修理をするので、中間マージンや修理に時間がかかるということもありません。なるべく安く、早く直してほしいと思っている場合には板金塗装業者に依頼をすると良いでしょう。

板金塗装業者の選び方


板金塗装業者では車の修理や塗装などを行っていますが、実際に各地域にたくさん存在しています。その為、選ぶときにどこにしようか迷うことがあるかと思いますが、できる限り納得できる業者に依頼したいと思っている方が多いと思うので、今回は選び方についてを紹介していきます。
まず、見ておきたいポイントが価格です。例えば引き取りや納車など、依頼の際に修理以外に費用がかかるところも存在していますが、この場合には費用が高くなることもあるので、なるべく引き取りや納車の手数料が発生しない業者を選択するようにしましょう。また、営業時間についても大切なポイントです。例えば忙しくてなかなか行けないという方もいるかと思いますが、場所によっては夜遅くまで営業しているところも存在していますし、年中無休のところも存在しています。このように、選び方は重要になるのでこだわるようにしましょう。

次の記事へ