車の修理・板金塗装の池内自動車 トップ > コラム > 雪の日に車で事故を起こさないために

雪の日に車で事故を起こさないために


雪の日の運転でトラブルを起こさないために



冬の季節は北海道や東北地方、北陸地方などで雪が多く降り、対策などを色々考えなければなりませんが、これらの地域以外は降らないのかというとそうではありません。例えば首都圏などでも積もることはあり、基本的に走行に慣れていないドライバーが多いので注意する必要があります。冬の季節は車の事故が多いと言われているので、雪がたくさん降るところでもあまり降らないところでも注意をする必要があります。では、実際に冬の季節に事故を引き起こさないためにはどのようなことを考えればよいのでしょうか。ここでは冬の運転で知っておきたい情報について紹介します。

まず、大切になるのが点検や整備です。車が一番の弱点として挙げられるのが気温が低いことによって凍ってしまうことです。寒さにはとても弱く、例えば凍っていてエンジンをかけてもかからなかったり、冷却水が凍結してラジエーターが破損したりするなど色々なトラブルが発生します。このようなトラブルが発生してしてしまうと修理費が必要になるうえ、放置すると事故を引き起こしてしまう可能性もあります。そのため、防ぐためにも点検を行ってくれるところでタイヤやバッテリー、ラジエーターなどの点検をしてもらうようにしましょう。事前に点検をしてもらうことで、トラブルを防げる可能性も高いので、しっかりと点検と整備は行っておくことが大切です。

続いての知っておいた方が良い情報としては滑り止めをしておくことです。滑り止めは主にスタッドレスタイヤかタイヤチェーンの二種類が存在しています。雪が降った場合はスタッドレスタイヤを装着していれば問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、たくさん積もる場所ではスタッドレスタイヤを装着しても意味がないこともあります。そのため、場所によってタイヤチェーンを準備しておくことが大切です。タイヤチェーンは雪の多いところでも走りやすく、スリップ防止をしてくれます。冬の季節はスリップをしてしまうと事故につながる可能性が高くなるので、スリップをせずに走行をしたいと思っている場合にはタイヤチェーンの装着も考えておくと良いでしょう。

その他にも持っておくと役に立つアイテムとしては、スコップです。例えばたくさん積もっている場所を走行する時はタイヤがはまってしまって動けない場合もあります。動けなくなった時には雪をどかす必要がありますが、スコップなどのアイテムがないと手で掘り起こさないといけません。大変な作業になるので、車のトランクなどに準備をしておくと安心です。

このように、トラブルを起こさないためにも知っておきたい情報はたくさん存在しています。冬の季節は特に運転には気をつけた方が良いので、今のうちにできることは準備しておきましょう。



雪の日の運転で気をつけたいこと



冬の季節の運転は気をつけた方が良い事がたくさんあり、色々知っておいた方が良い情報が多く存在していますが、走行しているときに注意しておきたいことも色々あるので、ここからは走行時に注意しておきたいことについて紹介します。

まず、1つ目の注意点としては車間距離は十分にとることです。例えば地面が凍っている時などは通常の道路と違って何が起こるか分からないので、できる限り車間距離をとって走行をすると良いでしょう。距離を取ることによって、事故を未然に防げる可能性が高くなります。

続いて2つ目の注意点は急の付く動作は避けることです。雪のある道路では急発進や急ブレーキ、急ハンドルはスリップの原因になる恐れがあり、事故につながる可能性が高くなるので、余裕を持った運転を心掛けるようにしましょう。

最後に3つ目の注意点としては路面の状況を判断して運転をすることです。路面の状態は道路によって異なります。例えばアイスバーン、シャーベット、路面凍結など全て違う性質を持っており、これらの状況に合わせて運転をしないと事故を引き起こしてしまう可能性が高くなります。しかし、運転に慣れていないと状況判断をするのは難しいので、なるべくどんな道路でもスリップしないようなスピードで走行するように心掛けましょう。

このように、注意点を知っておくだけでも事故発生率を減らすことができるので、一人ひとりが安全運転を心掛けるようにしましょう。



冬の季節を乗り切るためには点検をしておこう



車を所有している人は車検を受けたりするなど、点検をすることがありますが、安全に走行するためには検査だけしていればいいという問題ではありません。季節によって点検をしておいた方が良いポイントがいくつか存在しているので、ここでは冬の季節に点検しておきたい箇所について紹介します。

まず、どこの地域でも10月から11月の間にはスタッドレスタイヤの装着をしておきましょう。前もって準備をしておかないといざという時に手遅れになります。冬の季節は焦りは禁物なので前もって準備をすることが大切です。また、点検以外にも万が一の時にけん引ロープや毛布などトラブルに巻き込まれたときの対策についても考えておくと安心です。

次の記事へ