車のフェンダーを自分でDIY修理する際の注意点とリスクとは?

フェンダー修理

「大切な車のフェンダーに擦り傷やへこみができてしまった...」と落ち込んでいる方、お金もないし勿体無いから自分でDIY修理を考えていますか?

一般的にはプロの業者に車の修理は頼むものですが、たしかにDIYで修理代を安く済ませることは可能です。

とにかく修理する費用を節約したいという方にはDIY修理が一番でしょう。

しかし、DIY修理にも注意点やリスクはあります。

場合によってはプロに頼んでいた方が安かったのに...なんてケースもありますので、この記事を読んでしっかりDIYと業者依頼の場合を比較してもらえればと思います。

それでは、フェンダーを自分でDIY修理する際の注意点と、プロの業者に依頼する場合の費用を順番にご紹介します。

フェンダーを自分でDIY修理する際の3つの注意点

それでは早速、フェンダーを自分でDIY修理する際の注意点を3つご紹介します。

DIY修理はリスクも十分にあることをあらかじめ認識しておきましょう。

修理時はフェンダー自体を外さないこと

フェンダーを自分で修理したり塗装したりしたいとき、フェンダーを外すことは避けましょう。

フェンダーを外した痕跡は実は残りやすく(隠しにくく)、フェンダー自体を外したことが分かってしまうと車を売るときに良い値段で売りづらくなります。

当然、中古車サイトなどでよくみる「修復歴なし」の状態のほうが車は高く売れます。

中古車としていつか売るつもりであれば、無理にフェンダーを外して修理をするのはやめましょう。

フェンダーのDIY修理は車検に通らなくなる可能性もある

車のフェンダーを外して戻すとその痕跡は残ってしまい、素人では分からないかもしれませんが、業者が見れば大体分かるものです。

それが車検でバレないはずがなく、修復の程度によっては最悪車検に通らないリスクもあるので、フェンダーは基本的に外さないようにしましょう。

闇車検に通して対応という選択肢も、後々のリスクを考えるとやはりおすすめはできません。

フェンダーの修理範囲によっては、修復歴車とみなされるリスクあり

フェンダーのみの修復であればまだいいですが、それ以外のパーツにまで傷やへこみが発生している可能性も十分あり得ます。

その際に他も無理矢理自分で直そうとすると、後々非常に困る可能性が高いです。

その理由としては、その車が「修復歴車」として扱われる可能性があるからです。

一般的に事故などにあった車が「修復歴車」として扱われますが、たとえ自分でDIY修理したとしても、いろんな場所に修理が及んでいた場合は「修復歴車」と見られる可能性が高いです。

そうなると車も売れずに結局損することになりかねないので、十分に注意しましょう。

フェンダー修理をプロの業者に依頼する場合の費用は?

ここまで読むと、フェンダーのDIY修理にはリスクがあることがよくわかったかと思います。

また、部分的な修理ではなく、場合によってはどうしてもフェンダーを交換しなければならないことがあるかもしれません。

そういった場合はなるべく慎重に進める必要があるので、やはりプロに任せるのが安心であり結局お得な場合があります。

こちらでは、フェンダー修理で多い擦り傷や、へこみ、穴の修理費用について解説します。

池内自動車なら業界最安級の値段で修理が可能ですので、一般的な修理業者の値段とも比較しながら解説します。

フェンダーの擦り傷の修理費用

フェンダーに小さいかすり傷があっても運転には支障はありませんが、やはり傷は気になるものです。

当然ながら、修理費用はその擦り傷のレベルによって料金が変わってきます。

一般的な修理業者(板金業者)さんの場合、小さな傷(15cm×15cm以内)であれば約3万円ほどが相場です。

大きな傷(30cm×15cm以内)であれば4万円弱が相場となっています。

池内自動車なら、10cm以内の擦り傷は19,800円均一で修理が可能です。

また、20cm以内なら25,300円、20cm超の傷も30,800円均一で、非常にリーズナブルな価格設定にしております。

フェンダーのへこみや穴の修理費用

擦り傷などよりも大きなダメージが、フェンダーのへこみや穴です。

こちらも擦り傷同様に通常運転には影響はないものの、放置したままだとその部分に水が溜まったりして錆の原因になったりもします。

擦り傷よりも状態は良くないため、なるべく早く修理は依頼するようにしましょう。

へこみや穴の場合は擦り傷よりも修理費用は高く、へこみ1箇所で約4万円、2箇所で5万円弱程度が相場となっています。

池内自動車なら、10cm以内のへこみは25,300円均一、20cm以内のへこみは30,800円均一、それ以上は39,600円均一で修理が可能です。

相場よりも安く、かつ均一料金でサービスを提供できるのが強みです。

まとめ

フェンダーを自分でDIY修理する際の3つの注意点として、

・修理時はフェンダー自体を外さないこと

・フェンダーのDIY修理は車検に通らなくなる可能性もある

・フェンダーの修理範囲によっては、修復歴車とみなされるリスクがあること

以上がお分かりいただけたかと思います。

また、フェンダー修理をプロの業者に依頼する場合の費用は、擦り傷修理が3万円〜4万円弱、へこみ修理が4万円〜5万円弱かかることがわかりました。

そして池内自動車の場合は、擦り傷修理は最安で19,800円、へこみ修理は最安で25,300円から修理が可能です。

池内自動車は業界最安級でサービスを提供しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり