車のひっかき傷の原因と対策!修理費用と業者選びも解説

板金塗装全般

大切な愛車に、気づいたら線状のひっかき傷が!!

自覚がなくてもいつの間にか車のボディにひっかき傷がついていることも少なくありません。

少しくらいだからそのままでいいや...そう思ってる方!

実は放置しておくと錆や塗装の剥がれなどにつながり、後々大きな修理が必要になる可能性もあるので早めに対処した方がいいですよ!

と言うことでこの記事では、車のひっかき傷の原因と対策、そして修理費用や修理業者などについて解説していきますのでしっかり最後までチラッとでもいいので目を通してみてください!

車のひっかき傷の原因を知ろう

車にひっかき傷がついてしまう原因を知ってまずは未然に防げるようにしましょう。

重な原因と対策をいくつかご紹介していきます。

車のひっかき傷の原因①洗車

洗車傷は侮れない存在です。ボディに汚れや砂などが付着したままスポンジなどで擦ってしまうと傷の原因になります。また、硬いブラシで強く擦るのも傷がつきやすいので注意が必要です。

洗車する前にしっかりとボディ表面の汚れは水で洗い流し、柔らかいスポンジで優しく洗車してあげてください。

車のひっかき傷の原因②鍵・キーホルダー

先端が尖った鍵はひっかき傷を作りやすいです。

今ではスマートキーが大半になりましたが、鍵をさして解錠する場合やキーを持ったままドアの開閉を行う場合は十分注意が必要です。

車のドアノブカバーなども販売されていますのでそういったアイテムで保護しておくのも一つの手です。

車のひっかき傷の原因③草木

車を運転していると、気づかぬうちに生垣など草木に接触している場合があります。

草木とはいえ枝は木と何ら変わりなく、尖った障害物となり得ますので場合によっては深い傷がつくこともありますので注意しなければなりません。

細い道やすれ違いの際などは無理せず安全運転を心がけましょう。

車のひっかき傷の原因④飛び石

正直走行中に飛んでくる飛び石は避けようがありません。

前を走行する車のタイヤに挟まった小石が走行時外れて飛んでくることが原因の一つですので、車間距離をしっかり取って運転することを心がけていれば少しでも減らすことは出来ます。

車のひっかき傷の原因⑤いたずら

いたずらによる傷も原因の一つです。

その他、故意ではないにしても駐車中に自転車などに擦られて傷がついてしまうこともあります。

ボディカバーを被せたり、防犯カメラっが設置されている駐車場を利用するなど、防犯に対する意識も持っておくことで被害を減らすことができます。

車のひっかき傷の修理はどこに頼むのが最適か

早急な修理が必要な車のひっかき傷ですが、修理に出すにも色々な選択肢があります。

そこでここからはそれぞれの特徴をご紹介しますので、参考にしてください。

ディーラー

まずはディーラーです。仮に部品交換が必要な場合でも手に入りやすく、サービスの質も高いので安心して任せることができます。

しかし、塗装の種類によっては追加両機になる場合や修理自体を外注している場合もあり、費用は高くなりがちです。

カー用品店やガソリンスタンド

傷の度合いによっては即日修理も可能です。

ただ、修理を専門としているわけではないので対応してもらえない場合もあります。

店舗や担当者によって技術力に差がある場合がありますが、費用をとにかく抑えたいのであれば選択肢の一つになるかもしれません。

自動車板金塗装業者

品質と費用のバランスが一番いいのが板金塗装業者です。

車の凹みや傷の修理を専門としていますので、当然高いクオリティで仕上がります。

こちらも傷によっては即日修理してくれる場合もあります。

業者によって得意分野や料金も変わってくるので一度お見積もりを取ってみることをオススメします。

車のひっかき傷の修理費用相場

板金塗装業者では10cm以内のひっかき傷であれば、1万円〜3万円ほどで修理可能な場合が多いです。

傷の深さや塗装の種類(パールなどの特殊な塗装を使っていたり何層も重ねてある塗装の場合は金額が上がる)ひっかき傷の箇所などで多少前後はしますが、目安はこれくらいで考えておいて良いでしょう。

ディーラーだとプラス1万円〜2万円くらい考えておいた方がいいかもしれません。

まずは安心できる板金塗装業者に見積もりだけでも依頼してみてください。

まとめ

今回は車のひっかき傷について原因と対策、そして修理のことについて触れてきました。

大切な愛車ですから、傷になるのをなるべく防いで、もし傷がついてしまったら安心できる修理業者で綺麗に直してもらいましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり