車庫入れができない。そんな人が抑えるべきコツとは?

車の車庫入れがなかなか上手くいかない。

そんな人は多いかと思います。

では、なぜ車庫入れがうまくいかないのでしょうか?

これは、あなたの運転センスが問題なのではなく、しっかりと抑えるべきポイントを把握していないだけなのです。

しっかりと抑えるべきポイントを抑えて、コツさえ掴めばもう車庫入れに悩むことはありません。

この記事では、そんな車庫入れのポイント(コツ)をご紹介しつつ、万が一車庫入れで車を傷つけてしまった時のための板金業者もご紹介しておきます。

最安で3,300円〜傷の修理が可能ですので、もしも傷がついてしまったらお気軽にお問い合わせ下さい。

車庫入れはコツを知れば意外と簡単!その抑えるべきコツとは?

車庫入れは、コツさえ抑えれば綺麗に駐車することができます。

でもそのコツが一体どんなものなのか、苦手な人はなかなか意識しながら運転できないものです。

しかし冒頭でもお伝えした通り、これは運転センスではなく知っているかどうかの問題がほとんどです。

これからお伝えするコツをしっかり把握して駐車を行えば、徐々に車庫入れは上達するはずですよ。

1.ハンドルの操作とバックの操作を同時に行わない

運転がある程度できる人が、運転初心者や苦手な人にアドバイスしがちなのが、バックしながらハンドルを切りなさいというものです。

たしかに、それは正解であり、効率良く素早く駐車できます。

しかし、車庫入れが苦手な人は同時に2つのことを行えないですし、余計頭が混乱します。

ハンドルの操作とバックの操作は別で行い、車が止まったらハンドルを切って車を動かす。

まずはこれを意識して、ハンドルをどう動かすとどれぐらい曲がるのか感覚をしっかり掴むようにしましょう。

2.目印を決めてハンドルを切るルールを決める

止めたい場所に車庫入れをする際、目印を決めて車の後輪がその目印を越えたらハンドルを切るなどルールを決めてしまうと非常に駐車しやすくなります。

運転する車がいつも一緒であればより簡単で、車幅や全長に合わせた目印を決めることで常に一定の駐車のやり方ができます。

これは最初は何度か感覚を掴むのに練習が必要ですが、基本的にあとは繰り返しの作業なのでスムーズに駐車ができるようになります。

3.車庫入れの際は1箇所だけ見ずに、前後左右しっかり確認しながら駐車する

これはコツというより注意点に近いですが、車庫入れを成功させるにはしっかりと視野を広く持つことでより空間把握がしやすいです。

1箇所に集中するとそこだけしか照準が合っていないので、駐車が白線からズレやすいですし、最悪の場合車をぶつけたりします。

前後左右をサイドミラーなど活用しながらしっかりと見て駐車することで、より綺麗に駐車ができます。

これも慣れが必要ですが、とにかく焦らずにゆっくり前後左右を確認するクセづけをしましょう。

首を振るだけではなく、今車がどの位置にいるのかを把握しながらハンドルを切るのが重要です。

まずは、以上3点をしっかりと意識して車庫入れに挑戦してみて下さい。

車庫入れで車に傷がついてしまった時の修理は池内自動車へ(最安3,300円〜)

苦手な車庫入れを行っていたら、もしかしたら車を何か擦ったりぶつけてしまい、傷をつけてしまうことがあるかもしれません。

もしくはいずれ傷つけてしまうのではと将来を心配される方もいるかもしれませんし、一体修理費用はいくらかかるんだろう・・

そう不安に思う方も多いかと思います。

しかし、池内自動車なら擦り傷であれば最安で3,300円〜修理が可能です。

擦り傷修理3,300円は業界最安級料金で、修理実績も大変豊富にあります。

ぜひ車の修理は板金のプロである池内自動車へお任せください。

万が一傷がついても激安で修理が可能です。

お気軽にご相談から承っております。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

以上、ここまで車の車庫入れに関して、そのコツと考え方を解説してきました。

車庫入れは苦手な方は非常に多いです。あなただけではありません。

ぜひこの記事で紹介したコツを意識して、まずはしっかり頭を使って考えながら実践してみてください。

焦らずに、ゆっくり落ち着いて練習しましょう。

仮にもし車に傷がついてしまっても、池内自動車では3,300円〜安く修理が可能です。

そんな時はお気軽にご相談ください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり