バック駐車のコツとは?失敗を減らすためのポイントを解説!

車の駐車、特にバック駐車は難しいですよね。

免許を取得したばかりであれば、なおさらバック駐車は難しいものです。

しかも、日本は駐車場が狭い場所ばかりで余計に難しく、大きな車を運転するときはさらに難易度が上がってしまいます。

車に傷をつけたりトラブルを起こさないためにも、この記事ではバック駐車のコツを伝授していきます。

失敗を減らすためのコツを学び、ぜひすぐにでも練習して実践してみてください。

バック駐車のコツとは?失敗を減らすためのポイント4つ

では早速、バック駐車のコツ(ポイント)を解説していきます。

運転しながら行うのは難しいですし危険ですので、しっかりこれから解説することを頭に入れて運転するようにしましょう。

1.最も重要!ハンドルを切り返すタイミングをまずは覚える

まずは最も重要なポイントからです。

車によって車幅や全長は異なり、駐車する際のハンドルを切り返すタイミングも少しずつ異なってきます。

この感覚を早く覚えることが、バック駐車上達への最短の道です。

自分の車の前輪もしくは後輪がこの位置に来たらハンドルを切り返す、などのルールを決めると、いきなり駐車が簡単になったりします。

苦手意識を持つ人は、こういったところを感覚で覚えようとするので時間がかかります。

感覚ではなく、ルールを決めてやってみるとスムーズに駐車できます。

2.教習所の教え通りに無理にやろうとしない(固定概念を持たない)

これは意外と見落としがちな落とし穴です。

教習所によってバック駐車の教え方が違えば、教官によって教え方が違う場合もとても多いです。

ですので、その教え方通りに100%合わせて行うと、自分が駐車しようとしているスペースの環境ではその教えが適応されない可能性があります。

バック駐車と言っても様々な環境があるので、そういう意味でも教習所で教わった通りではなく、場合に応じて対応する必要があるということを覚えておきましょう。

3.狭い場所を避けてなるべく広い場所(入れやすい場所)に駐車する

これはバック駐車が苦手な方にとっては基本中の基本です。

バック駐車に慣れていないのなら、狭い場所に駐車は避けましょう。

例え目的地が遠くなっても、駐車場が空いていて周りに車が停まっていないところに駐車することをおすすめします。

どうしても駐車場内が狭いスペースしかない場合、その他の駐車場を探すか、次に解説するポイントを意識してみてください。

4.とにかくゆっくり落ち着いて駐車する

こちらも基本中の基本です。

頭ではわかっているかとは思いますが、本当に、やりすぎなぐらいゆっくり落ち着いてバック駐車してみましょう。

左右やミラー、後方を意識して目線を配りながら、ハンドルを何回も切り返していいのでゆっくり駐車しましょう。

もしも途中で分からなくなったら、一旦その場から離れて最初からやり直しても大丈夫です。

ハンドルをどういう風に切り返すとどっちの方向に曲がるのか、そういったことを意識しながら考えて駐車してみましょう。

もし車をぶつけてしまった時の修理は池内自動車へ

苦手なバック駐車にチャレンジしていると、もしかしたら車を擦ったり何かにぶつけてしまうことがあるかもしれません。

そんな時は当然ショックを受けるかと思いますが、池内自動車なら擦り傷であれば最安で3,300円〜修理が可能です。

擦り傷修理3,300円は業界最安級料金で、修理実績も大変豊富にあります。

ぜひ車の修理は板金のプロである池内自動車へお任せください。

お気軽にご相談から承っております。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

バック駐車、苦手な方は非常に多いです。

あなただけではありません。

ぜひ本記事で紹介したコツを意識して、まずは実践してみてください。

とにかく焦らずに、ゆっくり落ち着いて行えば事故は起きません。

それでももし車に傷がついてしまっても、池内自動車でなるべく安く修理できるようお手伝いしますのでご安心ください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり