板金業界の常識を覆すべく、徹底的に日々努力しています。

仕事紹介

Work


職種紹介

板金

板金というのはへこんだりキズを消したりする作業をするために本来のパーツの形から変形している状態を元の状態に近いものにしていくための作業です。へこんでいる部分をハンマーで叩いて元の形に戻るよう浮かばせていき、微調整をする際にはパテと呼ばれる粘土のような素材で形状を整える方法を採られることが多いです。もちろん、キズやへこみ方の状態によっては違う作業をすることもあります。溶接機を使ったり半田ごてを使ったりという作業をすることもあります。

どうしても作業をしても元の状態に戻らないという場合には部品そのものを交換することになります。ただ、部品を交換するために着脱する行為も最近では板金の一つと捉えられており、車の外装修理で色ぬり以外の全ての作業を指して使われることがほとんどです。

板金と言うと非常に難しく大変なイメージがありますが当社では熟年のプロが1からわかりやすく丁寧に指導するので未経験者でもすぐに慣れ自分で作業が出来るようになります。

塗装

塗装というのは色ぬりのことであり、ヘコミを治したり、キズを治したりするために色を塗る作業のことを指します。車のボディーにキズがついたらただ色を塗るだけではありません。ヤスリで表面を削ってさらに表面を磨き上げて塗装がつきやすい状態を作ります。そこに、下塗り・本塗り・クリアという3つの工程を経て色を塗っていきます。塗装というのはただ塗料を塗るだけの作業ではなく、日焼けや経年変化によって色に変化の出ている塗料に色を合わせて塗ったり微調整が必要になります。

自動車はどれだけ大事に乗っていてもキズがついたり、へこんでしまったりといったトラブルが起きるものです。どうしても自分だけが気をつけていてもこのようなトラブルを防ぐことはできず、対向車や通行人にキズをつけられてしまうということもありますし、石が飛んできたり自然災害がおきたりしてキズがつくということもあります。
当社ではそんなお客様の大事な車に対して心を込めて作業しています。

事務

ずっと憧れていたメーカーの自動車や、一生懸命お金を貯めてやっと手に入れた自動車は大切にしたいですよね。なるべく丁寧な運転で、傷がつかないように気をつけて扱う人が大半ではないでしょうか。ほんの少しの傷あるだけでも、全体の価値が下がってしまうということもあるのが自動車です。すべてが美しく塗装されてしっかりと磨き上げられているのが理想的といえるでしょう。細かく日頃からワックスを掛けたり洗車している方にとってはほんの少しの傷もとてもショックです。絶対に避けたいと思うのではないでしょうか。

走りやすさや燃費、管理費についてだけではなく、見た目のこだわりや内装、車体の輝きまで楽しんでこそ、本物のカーライフと呼べるのではないでしょうか。天気の良い休みの日に洗車したり、ワックスをかけてあげるのも自分の大切な自動車であれば苦ではない、何よりの楽しみであるという方も多くいらっしゃいます。

そんな大切にされているお車を傷付けてしまいすぐにでも直したい、でも出来るだけ安く修理したいと言うお客様のご要望をお伺いし、適切な提案やお客様に寄り添った受注を行います。
また、併せてその提案や受注の流れがうまくいくように板金・塗装スタッフとも協力、打ち合わせを行いながら円滑な業務が行われるように事務スタッフで予定を組み立てます。