バックドアのへこみ修理は意外と簡単!DIY修理や費用など解説

ドア修理

「注意してバックしたはずなのに…。」自分では注意していたつもりでも、死角となったところにポールなどの障害物があると、気づかずにバックドアをぶつけてしまうことありますよね。

最近では、バックカメラを搭載した車が多くなってきていますが、それでもバックドアの修理依頼はよくあります。

そこで、この記事ではバックドアのへこみ修理にかかる相場費用や自分で修理するDIY法などを詳しく解説していきたいと思います。

バックドアをぶつけてへこみができてしまった方はぜひ参考にしてみてください。

バックドアのへこみ修理にかかる費用とは

さっそくですがバックドアの修理費用について解説していきます。

一般的な板金修理や塗装作業に加え、交換が必要になった際の費用もお伝えしていきますので参考にしてみてください。

バックドアのへこみ修理:板金修理

バックドアの板金修理にかかる費用の相場は約5万円~となります。

もちろん、へこみ具合やボディカラーによっても金額は変わりますが、一般的にはこの程度の費用になります。

バックドアはパーツ自体が大きいので、損傷個所も大きくなりがちです。

小さくて浅いへこみなら自分で修理することも可能なので、この後紹介する修理方法を試してみてください。

バックドアのへこみ修理:交換

続いてバックドアの交換にかかる費用ですが、車種にもよりますが10万円以上かかることがほとんどです。

場合によっては20万円以上、外車ともなればさらに高額になり30万円を超えることも。

交換はなるべく避けたいところですね。

なぜバックドアの交換費用は高いのか

先ほどもお伝えしたように、バックドアの交換費用はとても高額になります。

では一体なぜなのでしょうか。

理由としては、バックドアの交換にはガラス部品の取り外しも必要になるからです。

ただでさえ大きいパーツのため、作業が難しく塗装にも手間がかかります。

それに加え、ガラス部分の取り外しも必要となると高額になる理由が分かりますね。

なるべく交換ではなく板金修理のみで済ませたいものです。

車のドアには板金修理ができないケースがある?

車のドアは板金修理ができず、交換を余儀なくされるケースがあります。

それはへこみが大きすぎる場合とドアの素材がアルミやカーボンの場合です。

素材にアルミやカーボンが使われている場合は、板金修理することができないので交換するしかありません。

自分の車の素材が何かは事前にチェックするか、業者の方に聞くようにしましょう。

【DIY】バックドアのへこみを修理する方法

バックドアがへこんだから修理したいけど修理費用が高すぎる…。

そんな方には自分で修理するDIYがおすすめです。

車を自分で修理することに抵抗がある方もいるかもしれませんが、意外と簡単にできてしまうものです。

ただし、へこみが大きい場合やボディカラーが特殊な場合はディーラーや板金業者などに依頼するようにしましょう。

DIYで修理できるのは浅くて小さなへこみに限ります。

バックドアへこみ修理:①ドライヤー&冷却スプレー

ドライヤーと冷却スプレーを使用した方法です。

意外かもしれませんが、車のドアなどのボディは温めることで柔らかくなり変形します。

その性質を利用した修理方法になりますが、へこみが大きすぎる場合は上手くいかないこともあるので注意してください。

①水洗いをして車の汚れをキレイに落とします。汚れやほこりが付着したままドライヤーで熱を加えると、こびりついてしまう恐れがあるのでキレイに落としましょう。

②へこんだ部分をドライヤーで満遍なく温めます。この時、熱を加えることが目的なので、しっかり温めてください。

③温めた部分を冷却スプレーで一気に冷やします。急速に冷やす必要があるので温めたあとすぐに冷却スプレーを当てるようにしましょう。

④へこみが戻らない場合はドライヤーと冷却スプレーを数回繰り返します。

■メリット

・家にドライヤーがあれば修理費用がかからない

■デメリット ・大きく深いへこみには向いていない

バックドアへこみ修理:②熱湯&ハンマーで叩く

バックドアなどの車のへこみはハンマーを使って修理することができます。

作業自体はとても単純で、修理したい箇所の裏側からハンマーで叩くという作業になります。

この時、ただハンマーで叩くだけではなく、修理箇所に熱湯をかけてボディを柔らかくした後にハンマーで叩くとより元に戻りやすくなります。

中々元に戻らないときは、熱湯をかけてハンマーで叩くという作業を繰り返し行ってください。

■メリット

・修理費用がかからない

・空いた時間でサッと修理することができる

■デメリット

・熱湯を使うので、やけどをする恐れがある

・やりすぎるとハンマーでドアを傷つけてしまう可能性がある

バックドアへこみ修理:③吸盤(修理キット)

市販の修理キット(デントリペアキットやバキュームリフター)を使ってバックドアの凹みを修理する方法です。

デントリペアキット(バキュームリフター)はへこみを修理する専用の道具で、内側から押し出すタイプと外から引っ張り出すタイプの2種類があります。

バックドアがハッチバックタイプの場合、内側から押し出すタイプでは修理がしづらく、外側から引っ張り出すタイプがおすすめです。

市販の修理キットの価格は1500円~3000円程度とリーズナブルなところが魅力ですが、平らな部分でしか使用できないのがデメリットとなります。

■メリット

・初心者でも簡単に修理することができる

・修理キットの価格がリーズナブル

■デメリット

・簡易的にへこみを修理する工具なので、大きなへこみには向いていない

・ドアやボンネットなどの平らな部分でしか使えず、角のへこみは修理できない

バックドアへこみ修理:④パテ

車の板金修理になれている方は「パテ」を使用した方法がおすすめです。

準備するものはパテとサンドペーパー、そしてマスキングテープです。

へこんだ箇所にパテを塗り、乾いたらサンドペーパーで削るという作業になり、パテの種類や研磨の仕方などがキレイに仕上げるポイントになります。

パテは失敗するリスクもあるので自信がある方のみ挑戦してみてください。

①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。

②塗料が周囲につかないように周りにマスキングテープを貼ります

③耐水サンドペーパーでへこんだ部分を削り、平らにした後パテを塗ります。

④20~30分程度自然乾燥させたら耐水サンドペーパーで盛り上がった部分を削っていきます。

⑤表面が平らになったらカラースプレーで塗装し、仕上げに液体コンパウンドでつやを出せば完了です。

■メリット

・少し大きなへこみや深いへこみでも修理することができる

・自由度が高く、角のへこみなどにも対応できる

■デメリット

・高い技術が必要になり、少し難易度が高い

・失敗すると余計に修理費用がかかる可能性がある

プロのような仕上がりにするためのテクニック

自分で修理することで費用を抑えることはできますが、やはりプロに比べるとクオリティは低くなってしまいます。

色むらができたり、きっちり平らになっていなかったりと素人では限界を感じることもありますが、ちょっとでもクオリティを高めるためのテクニックをお伝えします。

完成度を高めるテクニック!サフェーサー

今回ご紹介するテクニックは「サフェーサー」です。

サフェーサーはパテの成形後に塗装の下地として塗るものです。

サフェーサーにはいくつか役割があり、塗装と他の材料などの吸い込みを抑える効果があります。

サフェーサーを吹き付けることでさらに細かい調整ができるようになるので、キレイに仕上げるためには欠かせないアイテムと言えます。

少しでもプロのような仕上がり具合に近づけたい方はぜひ使ってみてください!

まとめ

バックドアは車のパーツの中でも大きい部類なので、修理費用が高額になることがほとんどです。

交換ともなれば10万円を超えることになるので、なるべく傷やへこみができないように心がけましょう。

もし、ぶつけてへこんでしまった場合はこの記事で紹介した修理方法を試してみてはいかがでしょうか。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり