車の深い傷は修理代が高くなる?気になる費用や修理方法とは

値段・費用

車のボディを強くひっかいたような深い傷…。

早く修理したいけど、どうしていいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

深い傷となると、自分で修理にはとても難しく失敗するリスクも伴います。

そのため、ディーラーや板金業者などの専門業者にお願いするのが一番ですが、そうなると気になるのは修理代ですよね。

そこで、この記事では深い傷修理にかかる修理代や、なるべく修理代を安くする方法など詳しく解説していきたいと思います。

愛車のボディに傷ができて困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事で伝えたいこと】

✓深い傷修理にかかる修理代の相場

✓各専門業者の特長

✓修理代を少しでも安くする方法

車の深い傷はすぐに修理しよう!

深い傷に限らず、ボディにできた傷はすぐに修理しないとサビになってしまう可能性があります。

サビが発生すると、取るのも大変ですし修理代も高くなってしまうので気づいたらなるべく早めに修理するようにしましょう。

それでは、修理を対応してくれる各専門業者の特長を見ていきましょう。

車の深い傷修理:ディーラー

ディーラーの最大のメリットは、“質の高さ”“安心感”です。

各自動車メーカーと提携しているので純正パーツを取り扱うことができ、新車の頃と代り映えの無い仕上がりに修理してくれます。

その分、修理代は高額になることが多く、修理代を安くしたいと考えている方には少しネックになります。

車の深い傷修理:板金業者

板金業者の魅力は、何と言っても“修理代の安さ”です。

ディーラーで数万円かかる修理を板金業者では1万円以下で対応してくれることもあります。

また、板金業者は自社の修理工場を持っているため修理にかかる期間も短く、早く安く直したい方にオススメです。

ただし、業者によっては板金技術に差があることがあるので、依頼する際は慎重に選ぶようにしましょう。

車の深い傷修理:カーショップ

あまり板金修理のイメージがないかもしれませんが、イエローハットやオートバックスなどのカーショップでも車を修理してくれます。

サービスの質も悪いわけではないので、家の近所にカーショップがある場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。

車の深い傷は修理代が高い?修理代の相場

深い傷の修理にかかる修理代の相場をお伝えしていきます。

車にできた深い傷の修理代:傷

車の修理は傷の程度やパーツによって金額が大きく異なりますが、深い傷となれば2万円~7万円程度が相場になります。

パーツ別の相場はこちらになります。

バンパー擦り傷(20cm以内)ボディ擦り傷・線傷(10cm以内)ボディ擦り傷・線傷(20cm以内)
ディーラー25,000円~40,000円35,000円~60,000円50,000円~80,000円
カーショップ20,000円~30,000円30,000円~50,000円40,000円~60,000円
板金業者7,000円~15,000円20,000円~40,000円35,000円~50,000円

※各業者の修理代の目安は池内自動車調べによる

修理代の目安はあくまで参考程度となり、実際の修理代は傷の程度や大きさ、パーツなどによって大きく変動する可能性がございます。

もし、すぐに見積りをとって修理代を確認したい場合は、10分以内に返信が来る弊社の超スピード見積りをご利用ください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

車にできた深い傷の修理代:へこみ

へこみ修理はパテを使用したり場合によってはパーツの脱着が必要になるため、傷修理よりも修理代が高くなる傾向にあります。

また、損傷具合によっては修理ではなく交換が必要になるケースもあり、その場合は10万円を超えることもあるので頭に入れておきましょう。

【消し方×直し方】車の深い傷を自分で修理する方法

車に詳しい方やDIYに慣れている方なら、車にできた深い傷を自分で修理することも可能です。

ただし、深い傷となると修理が少し難しくなるので、失敗するリスクを考えた上で挑戦するようにしてください。

それでは、深い傷の消し方・直し方をご紹介していきます。

車の深い傷消し:タッチペン

まずは、手軽でカンタンに傷の補修ができるタッチペン。

タッチペンは、コンパウンドなどの傷消し剤では直しきれない少し深めの傷に向いています。

線状の傷修理にはもってこいの道具で、塗装と併せて錆止めも出来る一石二鳥のアイテムと言えます。

しかし、タッチペンは傷の範囲が広い場合やへこみ修理には向いていませんので注意しましょう。

■準備するモノ

・コンパウンド(極細・液体)

・耐水サンドペーパー

・マスキングテープ

・タッチペン

■手順

➀ボディに付着している汚れやほこりをキレイにしてから、下処理としてコンパウンド(極細)である程度まで傷を消していきます。

②耐水サンドペーパーを折り曲げて、傷の内部に埋まっている汚れを取ります。

③傷口の周りにマスキングテープを貼り、余計な塗料がつかないようにします。

④ボディカラーに合ったタッチペンで傷口に塗料を付けていきます。この時、なぞるように塗るのではなく、点を打つように塗料を付けてください。

➄塗装が完了したら1週間ほど自然乾燥させます。

➅再度マスキングテープを貼って、盛り上がった塗料を耐水サンドペーパーで削っていきます。

⑦マスキングテープを剥がして、コンパウンド(極細)でボディが平らになるまで磨いていきます。

⑧仕上げに液体コンパウンドで磨けば修理完了です。

車の深い傷消し:パテ

続いてご紹介するのはパテです。

パテは主にへこみ修理に使用するもので、コンパウンドやタッチペンと比べて高い技術が必要になります。

そのため、素人では修理するのが難しく、パテを使用するほどの傷やへこみの場合は専門業者に任せるのが賢明と言えます。

また、パテは失敗すると剥がす作業が発生するため、修理代が余計に高くなることが考えられます。

もし、パテを使った修理に挑戦するのであれば、リスクを承知の上行うようにしてください。

■手順

①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。

②塗料が周囲につかないように周りにマスキングテープを貼ります

③耐水サンドペーパーでへこんだ部分を削り、平らにした後パテを塗ります。

④20~30分程度自然乾燥させたら耐水サンドペーパーで盛り上がった部分を削っていきます。

⑤表面が平らになったらカラースプレーで塗装し、仕上げに液体コンパウンドでつやを出せば完了です。

車の深い傷、修理代を安くしたいなら

車の修理代は高すぎる…。

少しでも修理代を安くしたいですよね。

そこで、修理代を安くするための方法を紹介していきたいと思います。

自分で修理する

車の修理代を安くしたいなら自分で修理するのも1つです。

深い傷となると素人ではかなり難しいですが、塗装剥がれを直す程度ならタッチペンで補修することができます。

タッチペンであれば必要なモノすべて揃えても5,000円以下で収まるので、修理代を安くしたい方にはとてもオススメです。

【タッチペンを使った修理方法】

➀ボディに付着している汚れやほこりを水洗いでキレイにふき取ります。

②修理箇所の周りにマスキングテープを貼って余計な場所に塗料がつかないようにガードを作ります。

③少し盛り上がるくらいまでタッチペンで塗料を付け、自然乾燥させます。

④乾いたら耐水サンドペーパーで盛り上がった塗料を削っていきます。

➄研磨痕が気になる場合は、仕上がりにコンパウンド(細目)で磨いて研磨痕を消してください。

中古パーツを探す

傷が深すぎて交換が必要になったとき、新品ではなく中古パーツにするのも1つです。

ただし、中古パーツは同じ型式でカラーのモノがないと結局取り寄せに費用がかかってしまうので、運が良ければと思っておきましょう。

それでも、修理代は格段に安くなるので業者の方に一度相談してはいかがでしょうか。

安い業者を探す

結局これに尽きますが、安い業者を探すのが一番です。

ただし、安さだけで選んでしまうと質の低い業者に当たってしまう可能性があるので、そこは注意が必要です。

Googleマップに記載されている口コミを読むなど、少し調べてから依頼するようにしましょう。

車の深い傷、修理代を安くしたいなら池内自動車にお任せ!

車に出来た深い傷を“安く修理したい”なら池内自動車にお任せください。

擦り傷修理3,300円~と板金業者の常識を覆す価格でサービスを展開しており、安さには最大の地震があります。

安くて早い修理を求めている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

車の深い傷はできてしまうとショックですよね。

板金修理に慣れている方や自信がある方は自分で修理してもいいのですが、なるべく専門業者に依頼することをおすすめします。

ボディの素材によっては板金修理ができないこともあり、素人目では到底判断できません。

一度相談してからどうするべきか検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも三幸になれば幸いです。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり