車の浅いひっかき傷はコンパウンドで十分!修理代や原因を解説

板金塗装全般

何者かにひっかかれたような浅い傷…。

傷口に汚れが溜まることや日の当たり具合によってはとても目立ってしまいますよね。

車をぶつけた記憶もなければ傷が付くような場所にはいってないのに、なぜ車に傷ができてしまうのでしょうか。

この記事では、車に浅いひっかき傷ができる原因やオススメの修理方法などを解説していきたいと思います。

すぐに修理したいという方のために業者に依頼した時の修理代の相場も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事のポイント】

✓車にできる浅いひっかき傷の原因

✓浅いひっかき傷の修理方法

✓浅いひっかき傷の修理代相場

車の浅いひっかき傷…。何が原因?

「いつ…?どこで…?」

車の傷というのは知らぬ間に出来ていることが多いですよね。

原因が分からないとモヤモヤしますし、対策を取ることもできません。

そこで、車の傷、特に浅いひっかき傷ができる原因についてお伝えしていきたいと思います。

車の浅い傷:原因①飛び石

原因の1つ目は飛び石によるものです。

飛び石とは前を走行している車のタイヤに挟まった石が飛んでくることで、知らない間にバンパーやボンネットに傷が付いていることがよくあります。

飛び石を避けるのは至難の業なので、スピードを出し過ぎないことや車間距離を十分確保するなどして対策を取るようにしましょう。

車の浅い傷:原因②イタズラ

原因の2つ目はイタズラによるものです。

駐車場に車を停めていると、酔っ払いや子どもなどのイタズラ被害に遭うことがあり。

イタズラは、10円などの硬化や駐車場に落ちている石で車にひっかいたような傷を付けられることがほとんどです。

特に子どもの場合は悪気もなく、ただの好奇心でやってしまう子も多いので十分注意しましょう。

車の浅い傷:原因③洗車

原因の3つ目は洗車によるものです。

洗車は車をキレイにするためにすることですが、その洗車が逆に車を傷つける原因になることがあります。

自分でワックスなどをかける洗車なら問題ないのですが、洗車機に入れたり汚れを取るためにブラシで擦ったりすると細かい傷ができてしまいます。

洗車を頻繁にする方は、傷ができないように柔らかいブラシを使用するなど対策を取るようにしましょう。

車の浅いひっかき傷の傷消しはコンパウンドが一番!

車の浅いひっかき傷は、専門業者に依頼するよりも自分で修理したほうが修理代を安くすることができます。

自分で修理する場合は誰でも簡単に修理ができる傷消し剤が有効ですが、中でも浅い傷にオススメなのが“コンパウンド”です。

コンパウンドは研磨するだけで傷を目立たなくすることができる傷消し剤の1つで、何より値段の安さが魅力です。

モノにもよりますが、浅い傷を修理するだけなら500円~1,000円程度のコンパウンドで十分なので、お財布にも優しくとても便利です。

コンパウンドを使った修理方法は下記のとおりです。

【コンパウンドを使った修理方法】

➀水洗いして、ボディに付着している汚れやほこりをキレイにふき取ります。

②乾いた布やスポンジにコンパウンド(粗目)を少量付け、傷口を磨きます。

③その後、コンパウンド(細目)でさらに磨いて余計な研磨痕を消していきます。

④最後に乾いた布でキレイにふき取れば完了です。

車の浅いひっかき傷の傷消し:タッチペン

コンパウンドのほかにも傷消し剤はたくさんあり、ひっかき傷や線状の傷にオススメなのがタッチペンです。

タッチペンのメリットは、手軽に塗装と錆止めが同時に出来てしまうところにあります。

「少し塗装が剥がれている」「コンパウンドで修理するにはちょっと深い」そんな場合はタッチペンでの修理を試してみてください。

車の浅いひっかき傷の傷消し:傷消しワックス

もっとも簡単で失敗のリスクがないのが傷消しワックスです。

ワックスと聞くとコーティングやツヤ出し効果をイメージするかもしれませんが、中には傷を消してくれる“傷消しワックス”というものがあります。

しかし、こちらは本当に傷を消すわけではなく傷を目立たなくするものなので、ちょっとした浅い傷にしか効果はありません。

それでも、ワックスをかけることで車のボディをコーティングすることができるので、洗車と併せて一石二鳥と言えます。

車の浅いひっかき傷の修理代の相場は?

浅い傷と言っても、車の修理をするのはちょっと不安ですよね。

そこで、ディーラーや板金業者などのプロに修理を依頼しようと考えている方に修理代の相場をお伝えしていきます。

修理代の相場は業者によって大きく異なり、ざっくり言うとディーラーが高くて板金業者が安い傾向にあります。

その分、ディーラーには質の高さや安心感がありますが、浅い傷程度なら安い板金業者で十分でしょう。

浅い傷の修理代は、パーツによっては5,000円程度で修理できることもあり、傷の範囲が広いと1万~2万円前後が相場となります。

傷の程度は素人目では判断できないこともあるので、まずは専門業者に相談してみることをおすすめします。

車の修理は池内自動車にお任せ!擦り傷3,300円~

修理代を極力安くしたいなら、池内自動車にお任せください。

車の擦り傷修理が3,300円~と業界トップクラスの安さでサービスを展開しており、浅い傷からへこみ修理など幅広く対応しています。

「車の修理は高い」そう思っている方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

車の浅い傷はコンパウンドなどの傷消し剤を使えば修理することは可能ですが、不安がある方は専門業者に依頼するようにしましょう。

浅い傷であれば1万円以下で修理できることがほとんどなので、自分で修理して失敗するよりは最初からプロにお願いしたほうが賢明と言えます。

具体的な修理方法や修理代の相場など、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり