サイドミラーの傷にかかる修理代は?気になる費用や安くする方法とは

値段・費用

バック駐車の際に後ろに気を取られて柱にこすってしまったり、狭い曲がり角で電柱や壁にこすってしまったりと何かと傷ができやすいサイドミラー。

特に、運転席とは反対にある助手席側のサイドミラーは距離感を掴むのが難しいですよね。

傷ができたのなら早めに修理したいところですが、サイドミラーの修理代にどれくらいかかるものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではサイドミラーの修理代についての情報や修理代を少しでも安くするための方法など詳しく解説していきたいと思います。

サイドミラーに傷できて困っている方はぜひ参考にしてみてください!

なぜサイドミラーの傷は早く修理したほうが良いのか?

サイドミラーに限らず車には塗装が施されていますが、その塗装にはボディを守るという大切な役割があります。

そのため、傷ができて塗装が剥がれるとボディが剥き出しになってしまうため、錆びがどんどん侵食するという結果につながります。

少しの擦り傷であっても、錆びができてからでは遅いので早めの修理を心がけましょう。

サイドミラー傷の修理代はキズの状態によって変わる!?

カバーの傷やミラーの割れなど、サイドミラーの修理代はキズの状態によって金額が変動するものです。

とは言っても、車のドアやボンネットなどの修理代に比べるとそこまで高額になる可能性は低いので安心してください。

それでは、キズの状態ごとの修理代をお伝えしていきます。

サイドミラー傷の修理代:カバーの傷

サイドミラーのカバーに傷がついたとき、修理にはコンパウンドを使用するケースがほとんどで修理代の相場は材料費+工賃で約2,000円~5,000円になります。

ちなみにコンパウンドであれば、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店に行けば1,000円程度購入することもできるので、自分で修理することも可能です。

ただし、コンパウンドは使い方を間違えると、逆にダメージを与えてしまう可能性もあるので、まずはプロに相談するのが無難と言えます。

サイドミラー傷の修理代:カバー割れ(破損)

サイドミラーのカバーが、コンパウンドでは修理できないほどの傷の場合はカバーを交換することがほとんどです。

パテなどを使って修理することもできるのですが、それよりもカバーごと交換したほうが修理代も安く済むのでおすすめです。

カバー割れで交換の場合、修理代の相場は部品代3,000円~5,000円+工賃3,000円程度なので合計10,000円以下で修理することができます。

また、カバーだけ購入して自分で交換すれば5,000円程度で済むので、車に詳しい方はそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

サイドミラー傷の修理代:ミラー割れ

ぶつけた衝撃や飛び石などでサイドミラー自体が割れてしまう可能性があり、ミラーが割れたままではとても危ないのですぐに修理したいですよね。

ミラーが割れた場合の修理代の相場は、部品代3,000円~5,000円+工賃約5,000円で合計約10,000円になります。

ミラーの取り外しは意外と簡単ですが、ケガをする危険性もあるので必ずプロの方にお願いするようにしましょう。

サイドミラー傷の修理代:電動ミラーが作動しない

今ではほとんどの車が電動ミラーになっていますが、そのミラーが突如動かなくなることがあります。

動かないと言っても、ミラー自体が開閉できないのか、鏡面が動かないのかなど状況はいくつか考えられますが、共通しているのは“電気回路の故障”ということです。

そのため、サイドミラー内部にあるユニットを交換する必要があるのですが、修理代の相場は部品代約10,000円+工賃約10,000円で合計約20,000円になります。

ユニットの交換は自分ですることも可能ですが、電装系の修理はプロに任せた方が安全です。

サイドミラー傷の修理代:ミラー本体の交換

車種によってはカバーのみの交換やユニットの交換ができない場合があります。

その場合はサイドミラー本体を交換することになるのですが、修理代は約30,000円~50,000円になり、サイドミラー修理にしては少し高額と言えます。

また、サイドミラーの損傷具合が激しい場合も同様に本体を交換せざるを得ない可能性があるので注意が必要です。

サイドミラー傷の修理にかかる期間はどのくらい?

サイドミラーの修理にかかる修理期間は基本的に1日~3日ほどで、部品が揃っていて作業が簡単な場合はものの30分~1時間ほどで終わることもあります。

しかし、サイドミラーの交換で部品の取り寄せが必要な場合は長くて1週間ほどかかってしまうこともあるので、見積りの際に確認することをおすすめします。

サイドミラー傷の修理代を安くしたいなら…自分で修理!

サイドミラーの傷にかかる修理代をお伝えしましたが、少しでも修理代を安くしたいと考えている方には自分で修理するDIY法がおすすめです。

その方法をご紹介していきます。

サイドミラー傷の修理代を安くする:塗料が付いているだけかも

修理する前に確認しておきたいことがあります。

それは「サイドミラーに付いているのは本当に傷なのか?」ということです。

サイドミラーには、傷ではなく他の車の塗料が付いているだけの可能性もあるので、必ず修理する前にチェックしておきましょう。

塗料が付いているだけなのに、コンパクトなどで削ってしまうと逆に傷付けてしまうことになるので、その際は塗料のみを剥がすようにします。

■準備するモノ

・シンナー

・マスキングテープ

・キレイな布(タオル)

■塗料を剥がす手順

①はじめにサイドミラーに付いたほこりなどをキレイにふき取ります。

②シンナーが他の場所に付かないように補修箇所の周りにマスキングテープを貼ります。

③少し離れた場所からシンナーをスプレーしていきます。この時、あまりかけすぎると液だれになる可能性があるので注意しましょう。

④最後にキレイな乾いた布(タオル)でふき取れば完了です。

サイドミラー傷の修理代を安くする:すり傷にはコンパウンド

サイドミラーに擦り傷が付いている場合は、コンパウンドが有効です。

コンパウンドとは傷消し剤のことで、小さな傷を目立たなくすることに長けています。

カー用品店に行けば1,000円ほどで購入することができ、ちょっとしたすり傷であればコンパウンド1つで修理することができるのでぜひ試してみてください。

■準備するモノ

・コンパウンド(粗目)

・コンパウンド(細目)

・キレイな布

・スポンジ

■補修手順

①はじめにサイドミラーに付いたほこりや汚れをキレイにふき取ります。

②コンパウンド(粗目)をスポンジもしくは乾いた布に少量付け、傷を研磨していきます。

③ある程度研磨できたら、コンパウンド(細目)でさらに研磨し仕上げを行います。

④最後に乾いたキレイな布でふき取れば完了です。

サイドミラーの傷修理で車両保険は使うべき?

サイドミラーの修理に車両保険を使うかどうかで迷っていませんか?

結論から言うと、車両保険は使わないほうがお得です。

というのも、サイドミラーの傷修理はそこまで高額になるものではないので保険を使って等級が下がってしまうリスクを考えると普通に修理したほうがお得と言えます。

それでも、車種によっては電動ミラー本体の交換が10万円を超えてしまう場合もありますので、まずは見積もりをもらってから検討するようにしましょう。

サイドミラー傷の修理代、池内自動車なら3,300円~修理可能!

自分で修理するのは怖いし、業者に依頼すると修理代が結構かかってしまう…。

そんな方は池内自動車にご相談ください。

板金業界でのトップクラスの激安価格で修理することが可能で、サイドミラーのすり傷は3,300円で対応いたします。

見積もりも写真を撮って送るだけなので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

サイドミラーはキズの状態によって修理代が変動するものです。

修理代を安く抑えたいという方には自分で修理する方法がおすすめですが、最近の車は電動ミラータイプがほとんどなのでなるべくプロに任せたほうが安全と言えます。

ディーラーやカー用品店などいくつかの専門業者がありますが、なにより安く修理したい方は池内自動車までお問い合わせください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり