車をぶつける頻度ってどれくらい?運転が上手くても事故は起こす?

板金塗装全般

車をぶつけてしまった時、壁やポールに擦ってしまった時にふと思いませんか?

「他の人も同じように車をぶつけているのだろうか?」と。

そこで、この記事では車をぶつける頻度や一般的な交通事故の確率などについて詳しく解説いきます。

また、車の修理についても解説していきますので、車をぶつけて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

車をぶつける頻度ってどれくらいなのか?

車をぶつける頻度は一体どれくらいなのか?

こちらについては、運転が上手い人と下手な人で大きく数が変わってくるので一概には言えませんが、普通はほとんどぶつけることはありません。

10年運転しようが20年運転しようが、一回もぶつけたことがないという人はたくさんいて、それは何万㎞走っても同じことです。

車をよくぶつけたり擦ったりする人にとっては考えられないことですよね。

ペーパードライバーや下手な人が車をぶつける頻度

運転が上手い人がぶつけないことは分かりましたが、ペーパードライバーや運転が下手な人ではどうなのでしょうか。

こちらも人によりますが、年間で10回以上ぶつけるという頻度の高い人もいます。

東京や大阪などの都心部に比べると、地方に住んでいる人はどうしても車に乗る回数が増え走行距離も長くなってしまうのでぶつける頻度が高くなってしまうのは仕方がありません。

それでも年に3回程度が平均的で5回以上車をぶつけたり擦ったりする人は、頻度が高いと言えます。

交通事故の確率は数%!?車をぶつける頻度との関連性とは

毎年数多くの交通事故が起こり負傷者を出していますが、警視庁が発表した交通事故件数を見ると2020年は309,000件だったことが分かります。

日本の運転免許保有者は約8000万人いるので、単純計算で260人に1人が事故を起こしている計算になります。

そのため、事故を起こす確率は1%未満となりますが、ペーパードライバーや運転に慣れていない人だけで考えると確率はもう少し上がることが予想されます。

また、これは交通事故の件数なのでちょっと壁に擦ったりポールにぶつかったりするような接触やヒヤリハットはもっと多くなるでしょう。

車をぶつける頻度が高い人は毎回修理する?

車をぶつけたなら傷やへこみができてしまいますよね。

ですが、頻繁に車をぶつけてしまう人で「またぶつけるしいっか」と考えてしまう人は多いのではないでしょうか?

車に傷がついて塗装が剥がれるとサビになる可能性があります。

サビになると修理するのは大変ですし、何より目立ってカッコがつきません。

せっかくの愛車なら傷のないキレイな状態にしておきたいですが、毎回修理するとなると経済的にも厳しいですよね。

そこで、オススメしたいのがカーコーティングです。

車をぶつける頻度が高い人におすすめ!カーコーティング

車の修理代は決して安いものではありません。

平気で数万円かかりますし、場合によっては10万円を超えることもざらにあります。

車を頻繁にぶつける人にとっては中々辛い現実です。

そこで、オススメなのがカーコーティング。

ツヤ出し効果として知られるカーコーティングですが、実は傷が付きにくくなるという効果もあり、車をよくぶつける人にはもってこいと言えます。

傷ができる度に修理するのではなく、そもそも傷が付きにくい車にすることでぶつけた時の擦り傷などの対策にもなります。

また、コーティングすることで汚れやほこりも付きにくくなるので洗車をする手間もなくなり、まさに一石二鳥です。

車をぶつける頻度が高いならDIY修理もアリ!

先ほどカーコーティングについてお伝えしましたが、コーティングしていても傷が付いてしまうことはよくあります。

そんな時は専門業者に修理してもらうのが一番なのですが、ちょっとした擦り傷であれば自分で修理することも可能です。

オススメは初心者の方でもカンタンに使えて値段も1000円程度とリーズナブルなコンパウンド。

コンパウンドにもいくつか種類があるのですが、擦り傷の修理なら「粗目」と「細目」の2種類あれば十分です。

はじめに車を水洗いでキレイにして、粗目のコンパウンドで傷口を研磨していきます。

そのあと、細目のコンパウンドでさらに研磨をして、乾いた布でふき取れば修理完了です。

研磨痕が目立つようならさらに細かい目のコンパウンドを使って研磨してみてください。

注意点としては、コンパウンドは傷を目立たなくするための傷消し剤なので、えぐれた深い傷やへこみ修理には使えませんので頭に入れておきましょう。

車をぶつける頻度が高いなら安い業者に依頼しよう!

車をぶつける頻度が高い人は、なるべく安い業者を選ぶようにしましょう。

車の修理を行ってくれる業者は「ディーラー」「板金業者」「ガソリンスタンド」「カーショップ」などさまざまですが、修理代の安さで選ぶなら断然“板金業者”がオススメです。

ディーラーだと小さな擦り傷で2万円程度かかるところ、板金業者なら1万円以下で対応してくれる業者もあります。

ただし、板金業者は店舗によって技術に差があることが多いので、依頼する時は慎重に選ぶようにしましょう。

バンパー擦り傷3,300円~!激安の修理代、池内自動車にお任せ!

車をよくぶつける方、傷やへこみが複数ある方は池内自動車にご相談ください。

板金業界の常識を覆すような価格でサービスを提供しており、バンパーの擦り傷(20cm以内)はなんと3,300円と激安価格になっています。

車をぶつける頻度の高い人は、何度も修理していると修理代もバカになりませんよね。

そんな方は、ぜひ一度お問い合わせください。

多くのお客様が見積もりの際に「え、こんなに安いの!?」と驚かれております。

まとめ

車をぶつける頻度は人それぞれですが、運転が苦手な人は年間に数回ぶつけることもあります。

壁やポールに擦る程度ならまだいいのですが、相手がいる事故を起こしてしまっては大問題になってしまいます。

苦手な人や慣れていない人は、十分に注意して運転するようにしましょう。

車をぶつける頻度の高い人は、事前の傷対策としてカーコーティングを検討してみてください。

カーコーティングにも種類がありますが、車の場合は耐久性に優れたガラスコーティングがオススメです。

それでも、傷やへこみができてしまった方は板金業者などのプロに修理を依頼しましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり