車の傷修理、かかる時間はどれぐらい?(業者依頼の場合)

板金塗装全般

大切な車に傷がついてしまった・・・

そんな時には車の修理を考える方が大半かと思います。

しかし気になるのはその修理時間。

あまりに時間がかかるようだとなかなか業者に修理依頼を出せないと不安に思う方もいるかと思います。

そこでこの記事では、車の傷修理にかかる時間について、傷の程度や場所に分けてそれぞれ解説していきます。

最後には、費用も最安3,300円〜修理ができる板金業者も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

車の傷修理にかかる時間を傷の程度やパーツごとに解説

では早速、車の傷修理にかかる時間を傷の程度やパーツごとに解説していきます。

また、ここで紹介するのは、プロの修理業者に依頼した場合の時間です。

車の擦り傷修理の場合にかかる修理時間

まずは、最も多いケースの車の擦り傷修理の場合にかかる修理時間です。

しかし擦り傷と言っても様々なケースがあり、10cm以内の場合やそれ以上の場合で時間が変わってくることもあります。

一般的には、10cm以内の擦り傷の場合だと数時間〜半日で修理が完了することが多いです。

長くても1日程度でしょう。

しかし傷が10cm以上となってくると、傷の程度によって大きく異なってきます。

ですので、擦り傷の場合は10cmというのを基準に考えておきましょう。

車のへこみ修理の場合にかかる修理時間

次に、車のへこみ修理の場合にかかる修理時間です。

へこみ修理は擦り傷修理に比べるとやや複雑な手順になるため、基本的には時間がかかります。

一般的には1〜2日程度が多いですが、こちらも傷の程度によって大きく異なってきますので、こちらも10cm以内の小規模なものは1〜2日程度と考えておきましょう。

車のバンパーの修理の場合にかかる修理時間

次に、車のバンパーの修理の場合にかかる修理時間です。

バンパーは、バンパーの中でもフロントバンパーとリアバンパーでそれぞれ修理にかかる時間が異なってきます。

一般的には、フロントバンパーの修理の場合はおおよそ2日程度、リアバンパーの修理の場合はおおよそ4日程度と言われています。

しかしバンパーも同様に、傷の程度にもよりますので、あくまで平均的な修理時間であることを認識しておきましょう。

車のドア修理の場合にかかる修理時間

最後は、車のドア修理の場合にかかる修理時間を解説します。

車のドアはバンパーなどに比べて繊細な修理が必要になる場合も多く、一般的には修理に時間がかかります。

平均的にはおおよそ5日〜1週間程度が相場の修理期間です。

ですので、ドアを修理したい場合は1週間は車を手放すことが必要であることを認識しておきましょう。

また、これは全体に言えることですが、車が外車であったり特殊な塗装及びパーツを使っていたりすると、修理に必要なものを取り寄せるのに時間がかかるので、そういった場合はさらに時間がかかる可能性があるということも把握しておく必要があります。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

池内自動車なら最安3,300円〜、スピーディーに修理が可能です!

板金業者である池内自動車は、業界最安値級の3,300円〜修理が可能です。

納車までスピーディーに行うことも大切にしています。

なるべく費用を安く、かつしっかりと実績もあって安心の業者に依頼をしたい場合は、ぜひ池内自動車へお気軽にご相談ください。

まとめ

以上、ここまで車の傷修理にかかる時間を傷の程度やパーツごとに解説してきました。

結論、傷の程度にもよりますが、おおよそ1週間あればだいたいの傷やへこみの修理が可能です。

修理を業者に依頼する際は、しっかりと実績のある業者に依頼するということだけ注意しておきましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり