フロントバンパーの傷を放置してはいけない!原因や修理代を解説

バンパー修理

「壁にフロントバンパーをこすってしまった…。」あなたはそんな経験ありませんか?

フロントバンパーは前に突き出ているパーツなので、こすって傷ができることがよくあります。

小さなすり傷なら、そのまま放置していても目立たないので大丈夫と思っている方も多いのではないでしょうか。

実はフロントバンパーの傷を放置しているとあとあと面倒になってしまうことがあるのです…。

そこで、この記事ではフロントバンパーの傷を放置してはいけない理由や修理方法などを詳しく解説していきたいと思います。

フロントバンパーに傷ができて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

フロントバンパーの傷は何が原因?

フロントバンパーは車の前面に装備されていることもあり、特に傷つきやすいパーツと言えます。

「知らないうちにフロントバンパーに傷ができていた…。」と言うこともあり得るので、ここではフロントバンパーに傷ができる主な原因を紹介していきたいと思います。

原因が分かればある程度の対策が取れるので、参考にしてみてください。

フロントバンパーの傷:原因①飛び石

知らないうちにフロントバンパーに傷できていたら、ほとんど飛び石が原因でしょう。

飛び石とは前を走行している車のタイヤに挟まった石が飛んでくることを言い、高速道路やバイパスなどでよく見受けられます。

対策は難しいですが、スピードを出し過ぎないことや車間距離を広く確保するなど少し注意して運転してみてください。

フロントバンパーの傷:原因②障害物にぶつける

狭い道の曲がり角で電柱や塀などにぶつけてしまい、フロントバンパーを傷つけてしまうことがあります。

ペーパードライバーの頃や運転に慣れていないと車幅の感覚が乏しい場合があるので、焦らずゆっくり運転するようにしましょう。

また、擦り傷程度なら修理代も安く済みますが、へこんでしまうと修理代が高額になる可能性があるので注意が必要です。

フロントバンパーの傷;原因③縁石・段差

縁石や段差でフロントバンパー下を傷つけてしまうことがあります。

スポーツカーやセダンなど車体が低い車やシャコタンにしている場合は、縁石や段差には十分注意しましょう。

目安として、縁石の標準は15cmで設定されていることがほとんどです。

自分の車が地面から何cm距離があるのか確認しておきましょう。

フロントバンパーの傷:原因④坂道の出入り口

勾配のある坂道でスピードを出していると、出入り口でバウンドしてフロントバンパー下を傷つけてしまう可能性があります。

縁石や段差の時と同様に、スポーツカーやセダンなどの車体が低い車は特に注意が必要です。

下り坂の場合はスピードが出やすいため、しっかりブレーキを踏んで減速してから出るように心がけてみてください。

フロントバンパーの傷防止!プロテクターなどのガード材

フロントバンパーの傷は、プロテクターなどのガード材を事前に取り付けることで防止することができます。

プロテクターは目立つから嫌という方は、透明の保護フィルムなどもあるので安心ください。

特に、外車や特殊な塗装が施されている車に乗っている方は傷の修理代も高額になってしまいます。

そのことを考えると、事前にプロテクターや保護フィルムなどでバンパーを守っておくといいかもしれませんね。

フロントバンパーの傷は気にしないといけない!放置するとサビになる

フロントバンパーの傷は交通事故などを除けば、そこまで大きなものではありません。

そのため、修理することなくそのまま放置する方が多いのですが、小さな傷でもなるべく早めに修理することをおすすめします。

理由としては、傷の放置はサビの原因にもなるからです。

サビになってしまうと、目立ちますし修理も大変になってしまいます。

愛車にサビができる前に早めの修理をこころがけましょう。

フロントバンパーの傷を修理する方法

フロントバンパーの傷を修理する方法として「自分で修理する」「ディーラーや板金業者などの業者に依頼する」の2つがあります。

もちろん、業者に依頼すると修理代が高くなりますが、失敗する心配はなく仕上がり具合も良好になります。

しかし、擦り傷程度であれば業者に依頼せずに自分で修理したいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではフロントバンパーの傷を自分で修理する方法をお伝えしていきます。

カーショップに売っているもので簡単にできるので、ぜひ挑戦してみてください。

フロントバンパーの傷修理:①コンパウンド

■準備するもの
・コンパウンド※必要に応じて2種類
・スポンジ
・布

■補修手順
①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。
②きれいなスポンジや布にコンパウンドを付け、傷をなでるように磨きます。この時、2種類のコンパウンドを用意し、初めは粗目のコンパウンドで磨き、傷が目立たなくなってきたら細かいコンパウンドで磨くとつやが出てよりキレイに仕上がります。
③最後に水洗い、もしくは液体コンパウンドを使用してきれいに流します。

フロントバンパーの傷修理:②タッチペン

■準備するもの
・タッチペン
・マスキングテープ
・耐水サンドペーパー
・液体コンパウンド

■補修手順
①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。
②タッチペンの塗料が周囲につかないように、傷の上下にマスキングテープを貼り補修します。
③タッチペンは点々を打つようなイメージで塗装するのがポイントです。塗料が盛り上がってくるまで何度も繰り返します。
④塗装が終わったらマスキングテープを剥がし、1時間程度自然乾燥させます。
⑤1時間後、盛り上がった塗料を耐水サンドペーパーで削り、平らにしていきます。

⑥仕上げに液体コンパウンドでつやを出せば完了です。

フロントバンパー傷の修理にかかる修理代とは

フロントバンパーの修理にかかる修理代は、傷の大きさによって異なります。

浅く小さな傷(10x10cm以下)であれば約1万程度、すこし大きめの傷(15x15cm)の場合は2万円以上になることがあります。

板金修理だけでなく、塗装作業も必要になるケースや傷によっては交換が必要になることもあります。

交換ともなれば10万円以上の高額になってしまうこともあるので、まずは見積もりをもらって検討するようにしましょう。

業者によっては作業や仕上がり具合が雑なところもあるので、作業工程などをしっかりと確認し、業者選びは慎重に行いましょう。

フロントバンパーの傷!修理代3,300円~修理可能

ここまで、フロントバンパーの傷修理にかかる相場費用をお伝えしてきましたが、正直高いなと思った方も多いのではないでしょうか。

そこで当社では、修理代をなるべく安く抑えたいと考えている方に向けて、全国トップクラスの安さで車の修理を受け付けております。

■バンパーすりキズ

20cm以内:3,300円均一

■バンパーへこみ

10cm以内:12,100円均一

20cm以内:16,500円均一

20cm以上:23,100円均一

フロントバンパーの傷隠し!ステッカーを使う

フロントバンパーの傷を修理せずに隠す方法として、ステッカーでの傷隠しがあります。

ステッカーであれば、数百円程度でおしゃれものからワイルドなものまで種類が豊富なので、自分の好きなように車をカスタマイズすることが可能です。

また、ステッカーを貼ることで傷を隠せるのはもちろんですが、アウトドア感も出せるので一石二鳥のおすすめアイテムです。

まとめ

車の顔であるフロントバンパーの傷はとても目立ってしまいます。

特に、深くえぐられた傷の場合、塗装作業も必要になります。

自分で修理して失敗するリスクを考えると、自信がない方は迷わず業者に依頼しましょう。

ディーラーは修理代が高くなってしまいますが、板金業者ならかなり格安で修理してくれるところもあります。

まずは見積もり含め、相談してみてはいかがでしょうか。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり