板金塗装とは?価格相場・期間・保険利用・DIYまで徹底解説

板金塗装全般

板金塗装とは、事故などで破損した車のへこみや歪みを修復・塗装して元通りに直すことです。

板金塗装は、英語で「bodywork&paint」と表記され、外国人客向けに「BP」という看板を掲げている業者もあります。

板金塗装の価格を安く抑えるためには、ディーラーをはじめ、見積もりをとる業者の選び方や価格相場を知っておく必要があります。

また、板金塗装の費用を節約するにはDIYも有力な方法の1つです。

そこで

■板金塗装とは?

■板金塗装の価格相場

■板金塗装にかかる期間の目安

■板金塗装の見積もりはどこに依頼するのがベスト?

■板金塗装のDIY

など、板金塗装の気になる事柄について徹底解説。

車の傷やへこみ、塗装はがれが気になるけれど、

「板金塗装ってよくわからない…」

「板金塗装ってどれぐらい費用や期間がかかるの?」

「ディーラー・カー用品店・修理工場…どこに頼むのが一番いい?」

「板金塗装ってDIYできるの?」

など、板金塗装についての疑問をすべて解消します。

車の傷やへこみでお悩みの方は、ぜひ板金塗装についてご参考ください。

板金塗装とは?どんな時に必要?

板金塗装は、車に傷・へこみ・塗装の剥がれなどが生じた場合に、形状や塗装を元通りに戻すことを言います。

走行中に小石が飛んでバンパーが傷付いたり、駐車場の柱にドアをぶつけてへこんだり…

車を使っていれば、大きな事故に巻き込まれなくとも、何かしら傷はつくものです。

車の傷やへこみなどを修理し、見た目も安全性も元通りにするのが板金塗装です。

板金塗装で修理を行う場合は、板金塗装の価格と、車の市場価格を比較検討することが必要です。

板金塗装の費用は、損傷箇所や損傷の度合いによって異なりますが、想像以上に高額になったり長い修理期間が必要になることもあります。

小さな傷やへこみであれば1万円以内で済みますが、大きな傷の場合は車種によっては100万円近くかかってしまうことも。

車は高価な商品ですが、家電製品と同じように、年式が古くなると修理費用が車の市場価格を超えてしまうことも珍しくありません。

板金塗装で修理をするより、新たに車を購入する方がコストパフォーマンスが高い場合もあります。

もちろん、特別に愛着のある車やビンテージカーなど買い替えが利かない車であれば、金額の大小に関わらず板金塗装を選ぶ必要があります。

板金塗装の費用相場

板金塗装は作業工程が複雑なため、費用が高くなります。

車の板金塗装は、オイルを交換したりラジエーター液を補充するような簡単な作業ではありません。

損傷した箇所の修復から塗装に至るまで、多くの複雑な作業工程や時間を必要とします。

また、車のパーツのうちバンパーは樹脂素材、ドアやボンネットは薄い鋼板で作られています。

そのため、板金塗装にはパーツの素材に応じた作業が必要であり、作業員には高い技能や経験が求められます。

さらに、作業を進めるには専用の工具や作業環境、設備も必要なので、小さな傷でも修理代が高くなってしまいのです。

板金塗装は作業が複雑で費用も高額なので、依頼する業者によって、修理価格に違いが出ることも多いのです。

例えば、多くのディーラーでは一定範囲内の損傷傷であれば、作業工程を簡素化して費用を抑える簡易板金という修理メニューを提供しています。

簡易板金は、傷を目立たなくするだけの修理なので、耐久性や出来栄えは本格的な板金塗装に劣っていますが、修理代を安く抑えるというメリットがあります。

修理のクオリティと修理価格は、トレードオフの関係にあり、何を重視して何を妥協するかは、予め依頼先の業者に伝えておきましょう。

例えば

・納車して間もない新車を修理する場合であれば、費用が高くついても  本格的で高品質の板金塗装を依頼する。

・年式が古く、買い換えが近いような車であれば、費用を抑えた簡易板金で修理する。

ということが考えられます。

板金塗装の価格は、損傷の箇所や損傷の度合い、板金塗装をおこなう業者によっても大きく異なります。

主なパーツごとの板金塗装の価格相場をご紹介します。

・バンパーの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
20cm以内の小さな擦り傷(注)数千円
塗装が必要な修理約3万円
部品交換が必要な修理約5万円〜10万円

(注)池内自動車での修理代は税込3,300円です。

*傷の範囲は目安で、実際の修理代と異なる場合があります。

・ボンネットの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
傷が小さい場合約5万円
傷が大きい場合5万円プラス追加費用

・屋根の板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
傷が小さい場合約3万円
傷が大きい場合約10万円

・ドアの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
傷が小さい場合約2万円〜3万円
へこみがある場合約4万円〜5万円
部品交換が必要な場合約10万円

・バックドアの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
傷が小さい場合約8万円
部品交換が必要な場合約10万円

・ドアミラーの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
傷が小さい場合約1.5万円
部品交換が必要な場合約2万円〜3万円

・フェンダーの板金塗装の価格相場

損傷度合い板金塗装の費用相場
フロントフェンダー約5万円
リアフェンダー約5万円〜10万円

塗装色による板金塗装の価格相場

車の色によって板金塗装の価格が異なることはありませんが、新車の販売時にメーカーが特別色をオプションで設定していることがあります。

こうした特別色を採用した車は、光沢やツヤを出すためという特別な塗装を行っています。

特別色の車の板金塗装を行う場合は、塗装に手間がかかるため価格が高くなってしまうので注意が必要です。

また、特別色の車は板金塗装に要する日数も増える傾向があります。

修復と部品交換による価格相場の違い

板金塗装の価格相場は、損傷箇所を修復するか、部品を交換するかによって相場が大きく変わります。

例えば、バンパーなどの部品を交換すると、部品代の他に損傷したバンパーの取り外しや新しい部品の取り付け作業が必要です。

さらに、フォグランプなどバンパー周辺の電装部品の調整作業が必要になる場合もあります。

そのため、一般的には部品交換より損傷箇所を修復する方が修理価格を抑えることができます。

ただし、損傷が大きい場合は修復が不可能なこともありますし、部品を交換した方が修理の出来栄えは良くなるでしょう。

修理費用を抑えることにこだわると、修復箇所の劣化が早くなったり耐久性が低下したりすることもあります。

こうしたことを避けるには、業者に修理見積もりを依頼する場合は、損傷箇所の修復と部品交換のそれぞれについて、修理代や修理日数を提示してもらうようにしましょう。

また、実際に修理業者に依頼する際には、予算なども併せて伝えておくと、修理業者も中古部品を手配するなどの対応を行いやすくなります。

板金塗装はどこに見積もりをとる?修理価格が安いのは?

板金塗装は

・ディーラー

・自動車修理工場

・カー用品店

などで行っています。

板金塗装の方法から価格、修理期間までそれぞれ異なります。

板金塗装は、それぞれの業者の特徴を把握した上で見積もりをとることが重要です。

ディーラーの板金塗装

ディーラーの板金塗装は、価格は高くなり期間も長くかかりますが、高品質な仕上がりを提供してくれます。

ディーラーのメイン業務は自動車を売ること。

車のアフターケアや修理はユーザーサービスの一環として行っていますが、板金塗装はディーラーの専門業務ではありません。

ただし、規模の大きなディーラーは自前の修理工場や板金塗装の設備を持っており、高い修理技術を保持しています。

規模の小さなディーラーは自動車修理工場と提携しており、修理依頼を受けると、それらの工場に外注しています。

ディーラーは信頼性の高い業者に外注しているので、高品質な板金塗装サービスを受けることが可能です。

ディーラーが板金塗装に使用する部品や材料は必ずメーカーの純正品であり、板金塗装を外注する際には中間マージンを取るので、その分が修理費用に上乗せされることになります。

価格は高くついても、修理のクオリティを重視する人は、ディーラーに板金塗装を依頼するのがお勧めです。

自動車修理工場の板金塗装

自動車修理工場は板金塗装の専門業者であり、主に保険会社からの事故車の修理やディーラーからの板金塗装作業を受注しています。

自動車修理工場に直接依頼すれば、中間マージンが不要なため、ディーラーより安い価格でディーラーと同等の高品質な修理が期待できます。

カー用品店の板金塗装

カー用品店では板金塗装も受注しており、小さな傷やへこみであれば自店で修理を行っています。

ただし損傷が大きい場合は、ディーラーと同様に提携先の自動車修理工場に外注しています。

板金塗装の費用はディーラーより安く済みますが、専門の自動車修理工場に比べると高くなる傾向があります。

板金塗装の価格を安くする3つのポイント

板金塗装の価格を安くするには、次の3つのポイントが重要です。

1.板金塗装は早めに依頼する

2.自動車修理業者を利用する

3.複数の業者に見積もりを依頼する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

板金塗装は早めに依頼する

板金塗装による修理が必要になるのは事故の他、跳ね上げた小石でボディやバンパーが傷付いたり、壁面に接触してへこみが生じた場合です。

傷を放置したままにしていると、塗装が剥がれてサビが発生し、修理の際に余分な費用がかかることがあります。

価格や日数を抑えるため、板金塗装は早めの依頼を心がけましょう。

自動車修理業者に板金塗装を依頼する

板金塗装は、自動車修理業者に依頼するのが最も安上がりです。

ディーラーに依頼すれば安心ですが、作業を外注したり純正部品を使用するため価格が割高になってしまいます。

自動車修理業者に直接依頼すれば、安い価格で板金塗装を行うことが可能です。

自動車修理業者を選ぶ際にはホームページを確認したり、ネットでの評判や口コミを参考にするのがおすすめです。

複数の板金塗装業者に見積もりを依頼する

板金塗装はディーラーやカー用品店など多数の業者で行っていますが、同じ箇所を修理する場合でも、業者によって価格は異なります。

そのため複数の業者に見積もりを依頼すれば、板金塗装の価格を抑えることが可能です。 

最近はネットで板金塗装価格の見積もりを行っている業者もあります。

激安修理をモットーにしている池内自動車では、ホームページの問い合わせフォームから板金塗装の費用見積もりを24時間受け付けています。

破損箇所の写真があれば、より正確な修理価格の見積もりができます。

板金塗装の見積もり先を探している人は、ぜひ一度池内自動車のネット見積もりを利用してみててください。

板金塗装の見積もり先を探している人は、ぜひ一度池内自動車のネット見積もりを利用してみててください。

→ 池内自動車「超カンタン無料お見積もり」はこちら

車の修理代の目安について、さらに詳しく知りたい方はこちら⇒

板金塗装に自動車保険を利用する場合のポイント

板金塗装による修理は高額な費用がかかるので、自損事故の場合は、車両保険を利用する人も多いでしょう。

車両保険に加入した方がよい人

損害保険会社や農協、生協などが販売している任意保険の加入率は90%以上ですが、車両保険は保険料が高いので加入率は50%程度に留まっています。

例えば、トヨタプリウスの新車を購入して初めて任意保険に加入する人であれば、車両保険に加入すると年間の支払い保険料は10万円近いです。

ただし、次に該当するような人は事故を起こすリスクや、事故による損害が大きいので、保険料が高くても事故車両保険に加入することをお勧めします。

・免許を取り立ての人や運転経験が浅い人

 ⇒運転未熟、過失による自損事故を起こしやすい

高級車や輸入車を運転している人

 ⇒事故による修理代が高額になる

スポーツカーや高級SUVを運転している人

 ⇒中古車市場での人気が高く、盗難被害に遭うリスクが高い

その他高額なローンを組んで新車を購入した人や、水害が多発 する地域に居住している人

自動車保険の加入方法

ディーラー、中古車販売店、自動車整備工場などドライバーとの関わりの大きい業者は、損害保険会社の代理店になって自動車保険を販売していることが多いです。

ディーラーや中古車販売店は、車と同時に自動車保険を販売することで、収益を得ています。

また、自動車メーカーのホンダは損害保険会社と提携して、自動車保険の保障に独自の修理特典をプラスした「Honda自動車保険あんしんプラン」というサービスを開発しています。

ホンダのディーラーは、損害保険会社の代理店になって、車の購入者に対して「あんしんプラン自動車保険」を販売して収益を得ることができるのです。

顧客の側も保険の加入や更新、保険金請求手続きと車の修理を全てディーラーに任せることができるので利便性が高くなります。

通販型自動車保険

最近は、テレビコマーシャルなどで通販型の自動車保険の宣伝が多く見かけられます。通販型の自動車保険は、ディーラーなどの代理店を経由せずに、電話やインターネットで直接保険会社に加入手続きを行えます。

通販型自動車保険であっても、保障内容は代理店経由で加入する場合と変わりません。

通販型自動車保険は、販売手数料が不要なため、代理店経由で加入するより40%〜50%安い保険料で加入することができます。

さらに、インターネット割引などを上手く利用すれば、年間数万円の保険料を節約することが可能です。

運転初心者は任意保険の加入や更新手続きに不慣れなので、保険の扱いはディーラーなどの代理店に任せてもよいかもしれません。

ただし、運転経験を積んで、保険の扱いに詳しくなれば、保険料の安い通販型の自動車保険を検討してもよいでしょう。

板金塗装に必要な修理期間・日数

小さな傷であれば板金塗装は1日で済みますが、損傷が大きい場合は1週間近くかかることもあります。

また、以下のような場合は通常より板金塗装にかかる日数が長くなるので注意が必要です。

板金塗装に保険を利用する場合

板金塗装の費用に保険会社を利用する場合は、修理価格などの確認や取り決めが必要なため、修理日数が長くなる傾向があります。

事故が原因の場合や、車の損傷が大きい場合は、保険を使って板金塗装費用をまかなうことが多くなります。

保険を利用して修理する場合、保険会社は修理工場に出向き、車の破損状況を調査してから損害額を算出します。

算出した損害額を基に、保険会社と修理工場の間で修理内容や価格について協定を結びます。

保険会社とのやり取りが必要になるため、保険を利用した板金塗装は完了までに日数がかかる傾向にあります。

板金塗装に使用する部品在庫が無い場合

年式が古い車や、価格を抑えるために中古部品を使用して板金塗装を行う場合は、メーカーなどに部品在庫が無いことがあります。

部品の調達に時間がかかる場合は、それに応じて板金塗装の日数も長くなります。

板金塗装の繁忙期

ゴールデンウィーク後など車の交通量が増えたり、雪が少ない地域に大雪が降ったりした後は、事故の件数も増えます。

事故の件数が増えると板金塗装の依頼が混みあうため、日数も長引きます。

板金塗装のDIYは可能か?

板金塗装を専門業者に依頼すると、価格が高額になったり修理期間が長引くことがあります。

そのため専門業者に依頼せず、板金塗装をDIYで済ませたいと考える方も多いのではないでしょうか。

DIYで板金塗装できる傷の見極め方や、メリット・デメリットを解説します。

板金塗装DIYのメリット・デメリット

カー用品店にはDIYのコーナーがあり、傷やへこみを自分で修理するためのキットが販売されています。

小さな傷やへこみであれば、DIYで板金塗装を行うことは不可能ではありませんし、上手く修復できれば最も安く修理ができます。

ただし板金塗装をDIYで行うには、高い技術と経験が必要であり、失敗すると修理箇所から錆びが発生したりすることにもなりかねません。

DIYの板金塗装で失敗したことによって、結局業者での板金塗装が必要になり、余分な費用と期間が必要になるリスクもあります。

DIY板金塗装が可能かどうかの見極め方

小さな傷や塗装剥がれ、へこみであれば、DIYで板金塗装することが可能です。

しかし大きなへこみや割れが生じていたり、部品自体を交換する必要がある場合は、DIYでの板金塗装は困難です。

たとえば部品を交換する場合は、部品の脱着や取り付けた部品の塗装作業までが必要になります。

また傷やへこみが小さいと思っていても、内部の電気系統やセンサーがダメージを受けて故障していることも。

DIYで修復可能な損傷かどうかを完全に見極めることは困難です。

車の傷やへこみの板金塗装は、車の状態確認を含め、一度専門の修理業者に見てもらうのが一番安心です。

板金塗装のDIYに失敗するリスク

板金塗装のDIYに失敗すると、車の見栄えが悪くなったり、改めて修理を依頼した場合に補修剤を剥がしたりするなど余分な作業と費用がかかってしまうことがあります。

また板金塗装DIYのために購入した修理キットの代金や、DIYに要した労力もむだになってしまうこともあります。

小さな傷であればDIYで板金塗装することは可能ですが、板金塗装には高い技能や知識・経験が必要です。

車の安全性にも関わります。

失敗した時のリスクを考えると、板金塗装をDIYで行うことはお勧めできません。

まとめ

板金塗装の価格を安く抑えるには、なるべく早めに見積もりを依頼して、損傷の状態を確認するようにしましょう。

傷が大きくならないうちに板金塗装をすることが価格を安く抑え、修理期間も短くするコツです。

また板金塗装は、ディーラーやカー用品よりも、自動車修理の専門業者の方が価格が安い場合が多いです。

さらに、複数の業者に板金塗装の見積もりを依頼することも、価格を抑えるポイントです。

また板金塗装のDIYは、成功すれば最も安い費用で板金塗装を行えますが、修理のクオリティや失敗した時のリスクを考えるとお勧めできる方法ではありません。

板金塗装は、専門の修理業者に依頼するのがベストの選択だと言えるでしょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり