車の板金塗装の費用相場と、費用を安く抑えるポイント

値段・費用

板金塗装とは、破損した車のへこみを修復・塗装して修理することです。

事故などで車が壊れた場合、通常は板金塗装の専門業者が修理を行いますが、損傷箇所が修復できない場合は部品を交換することもあります。

板金塗装は、英語で「bodywork&paint」と表記され、外国人客向けに「BP」という看板を掲げている業者もあります。

板金塗装には専門的な技術や工具が必要であり、損傷箇所や損傷の度合いによって、費用が高額になったり修理期間が長くなることもあります。

今回は板金塗装の費用相場と、費用を安く抑えるためのポイントについてお伝えします。

板金塗装はどこに依頼する?

板金塗装はディーラーや自動車修理工場、カー用品店などに依頼します。

それぞれ、修理方法・技術・日数・費用などに特徴があります。

ディーラー

自社工場で板金塗装を行うディーラーは、技術高水準が高く安心して修理を依頼できます。

ただしディーラーによっては板金塗装の作業を自動車修理工場に外注したり、部品交換では純正品を使用するので価格が割高になる傾向があります。

自動車修理工場

自動車修理工場は板金塗装の専門業者であり、主に保険会社からの事故作業やディーラーからの板金塗装作業を受注しています。

自動車修理工場に直接依頼すれば、ディーラーより安い費用で修理を済ませることが可能です。

カー用品店

カー用品店でも板金塗装を受注している業者がありますが、たいていは地元の自動車修理工場に外注しています。

ただし、小さな傷やへこみであれば自店で修理を行っている業者もあります。

板金塗装の費用は、ディーラーよりは安く済みますが、専門の自動車修理工場に比べると高くつく傾向があります。

板金塗装の費用相場は?

板金塗装に必要な費用は損傷した箇所や損傷の度合いに応じて異なりますが、想像以上に高額になったり、長い修理期間が必要になったりすることがあります。

小さな傷やへこみであれば板金塗装の費用は1万円程度で済みます。

ただし事故で大きな損傷を受けた場合は、車種によっては100万円近くかかってしまい、修理費用が車の市場価格を超えてしまう場合もあります。

こうした場合は損傷した車は廃車して、新たに車を購入するのが一般的です。

板金塗装の費用は、車の損傷度合いや交換部品の数や種類に左右されます。

ただし業者によって見積もりが大きく変わることがあるため、上手に業者を選べば費用の節約が可能です。

修理箇所による板金塗装の費用相場

板金塗装の費用は、修理箇所によって異なります。

また、同じ箇所でも破損具合によって費用が異なります。

修理箇所  修理費用の相場        注  記
バンパー   約3万円小さな傷であれば数千円で済む。部品交換が必要な場合は、5~8万円が相場
ボンネット約5万円  損傷が大きい場合は、追加費用が必要
 屋根約3万円      損傷が大きい場合は10万円超必要
バックドア  約8万円 部品を交換する場合は、10万円ほど必要
  ドアミラー約1.5万円部品を交換する場合は、2万円〜3万円ほど必要

板金塗装の費用を抑える3つのポイント

板金塗装の費用を抑えるには、

1.早めに修理する

2.自動車修理業者を利用する

3.複数の業者に見積もりを依頼する

という3つのポイントがあります。

1.早めに修理する

板金塗装が必要になるのは事故の他に、走行中に跳ね上げた小石がボディやバンパーにぶつかったり、壁面に接触してこすり傷が付いたりした場合です。

ボディやバンパーの傷を放置していると、塗装が剥がれてサビが発生し、修理の際にサビ落としの作業と費用が必要になることがあります。

修理費用や期間を抑えるため、早めの修理を心がけましょう。

2.自動車修理業者に依頼する

板金塗装は、自動車修理業者に依頼するのが最も安上がりです。

ディーラーに依頼すれば安心ですが、作業を外注したり純正部品を使用するため費用が割高になる傾向があります。

修理業者に直接依頼すれば、ディーラーに比べて修理費用を抑えることが可能です。

業者を選ぶ際にはHPを確認したり、ネットでの評判や口コミを参考にすればよいでしょう。

3.複数の業者に見積もりを依頼する

板金塗装はディーラーやカー用品店など多数の業者で行っています。

そのため、見積もりは複数の業者に依頼するようにしましょう。

同じ箇所を修理する場合でも、業者によって修理費用は異なります。

そのため、複数の業者に見積もりを依頼すれば、費用を抑えることが可能です。

板金塗装に必要な日数

小さな傷であれば板金塗装は1日で済みますが、損傷が大きい場合は1週間近くかかることもあります。

また、以下のような場合は通常より日数がかかるので注意が必要です。

保険を利用する場合

事故が原因の場合は、損傷が大きければ保険を使って修理することが多くなります。

保険を利用して修理する場合、保険会社は修理工場に出向いて車の破損状況を調査してから損害額を算出します。

保険会社が算出した損害額を基に、保険会社と修理工場の間で修理内容や費用について協定を結びます。

こうした手間が必要なため、保険を使用した場合は修理日数が長引くのです。

部品の在庫が無い場合

年式が古い車や、修理費用を抑えるために中古部品を使用する場合は、メーカーなどに部品の在庫が無いことがあります。

部品の調達に時間がかかる場合は修理日数も長くなります。

事故が増える時期

ゴールデンウィーク後など車の交通量が増えたり、雪が少ない地域に大雪が降ったりした後は事故の件数も増えます。

事故の件数が増えると修理工場が混雑するため、修理日数も長引きます。

板金塗装のDIYは可能?

板金塗装はディーラーや自動車修理工場などの専門業者に依頼する他に、DIYで行うという方法もあります。

カー用品店などにはDIYのコーナーがあり、小さな傷やへこみを自分で修理するためのキットが販売されています。

小さな傷やへこみであれば、DIYで板金塗装を行うことは不可能ではありませんし、上手く修復できれば最も安上がりに済むのは間違いありません。

ただしDIYで板金修理を行うには次のような問題点があり、修理のクオリティや失敗した時のリスクを考えるとお勧めできる方法ではありません。

また、傷が大きかったり深い場合は素人によるDIYは不可能です

DIYによる修理が可能かどうかの見極めが困難

板金塗装には、専門的な技術や知識以外に専用の工具や資材が必要であり、市販の汎用修理キットでは用意されていません。

また、DIYで修復可能な損傷かどうかを素人が判別することは困難です。

さらに、損傷箇所の修復が困難な場合は部品を交換することもあります。

部品を交換する場合は、部品の脱着や取り付けた部品を塗装する作業が必要になることがありますが、これをDIYで行うことは不可能です。

失敗した場合のリスクが大きい

DIYに失敗した場合は、見栄えや仕上がりのクオリティが低くなるだけではなく、改めて業者に修理を依頼した場合に補修剤を剥がすなど余分な作業と費用がかかることがあります。

また、DIYのために購入した修理キットの代金やDIYに要した労力もむだになってしまうなど、大きなリスクがあるのです

まとめ

いくら安全運転を心がけていても、走行中に小石を巻き込んだり、イタズラで車体に傷を付けられたり、へこんだりすることは避けられません。

車が損傷したら、なるべく早めに、専門の自動車修理業者に修理してもらいましょう。

傷が広がって大きくなる前に修理すれば、修理費用と日数を抑えることが可能です。

さらに板金塗装は、ディーラーやカー用品よりも、自動車修理業者の方が費用が安い傾向にあります。

複数の自動車修理業者に見積もりを依頼することも、板金塗装の費用を安く抑えるポイントです。

また板金塗装は、ごく小さな傷であれば修理キットを購入してDIY補修することは可能ですが、修理の出来ばえや失敗した時のリスクを考えるとお勧めはできません。

大きな損傷や部品交換が必要な場合は、DIYによる修復は不可能なので、板金塗装は専門の自動車修理業者に依頼することをお勧めします。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり