バンパーの直し方4選!傷・へこみ・外れ・歪み・割れの直し方は?

バンパー修理

走行中にはね上げた小石でバンパーが傷付いた!

縁石に乗り上げて、バンパーにへこみや歪みができてしまった!

バンパーに何かしらの原因で傷がついたり凹みができて、直し方を調べている人は多いのではないでしょうか?

バンパーには、衝突事故の際にドライバーや車体を保護したり、車が歩行者にぶつかった際の衝撃を吸収する緩衝装置の役割があります。

そのためバンパーは、プラスチックなどの柔らかい素材を用いてわざと壊れやすく作られています。

しょっちゅうできるバンパーの傷やへこみ、自分でできる直し方があればぜひ知りたいですよね。

バンパーは、傷によっては自分でできる直し方もあれば、プロにしかできない直し方もあります。

そこで、傷・へこみ・外れ・歪み・割れなど損傷の種類別に、バンパーの直し方をご紹介。

自分で出来る直し方と、プロに任せた方がいい直し方の見極めも解説していますので、バンパーの直し方を調べている方はぜひ参考にしてください。

バンパーに傷がついた場合の直し方

バンパーの傷は、最表面部、その下の塗装部、そしてバンパー本体である樹脂部分のどこまで達したかによって直し方や修理代が異なってきます。

小さな傷であれば、市販の修理キットや研磨剤を用いて自分で直すことができます。

ただし仕上がりをきれいにしたかったり、直し方を間違えるリスクを避けるには、専門の修理業者に依頼する方が良いでしょう。

またバンパーの傷が大きかったり深かったりすると、直し方が複雑になったり、専用の修理工具や機材が必要になったりします。

そうした場合はDIYの直し方では対応できないので、専門の業者にバンパー修理を依頼する必要があります。

バンパー表面部の傷の直し方

バンパーの表面部の小さな傷の直し方は、市販の修理キットや研磨剤を使って傷を目立たないようにすればOKです。

ただし、研磨剤を使った直し方では完全に傷を修復することはできないので、確実な修理を望む場合は専門の業者に依頼する方が良いでしょう。

バンパー塗装部の傷の直し方

バンパー塗装部の傷の直し方は、研磨剤などを使って傷を目立たないようにし、そのあと塗装と同じカラースプレーをふりかけます。

ただし塗装部の補修には下地処理剤や塗装剤も塗布する必要があり、決して簡単な直し方ではありません。

地震がない場合は、専門の業者に依頼する方が良いでしょう。

バンパー樹脂部分の傷の直し方

バンパー本体を形成する樹脂部まで達する深い傷の場合は、樹脂の部分を削ってしまう必要があります。

この場合、樹脂部分が薄くならないようにパテを使用したりするなど複雑な工程の作業が必要になります。

バンパー樹脂部分の直し方は、専門の工具や高い技術力が必要です。

自分で修理するのは諦めて専門業者に修理を依頼するのがよいでしょう。

バンパーにへこみや歪みがある場合の直し方 

バンパーのへこみや歪みの直し方は、基本的には市販の修理キットを用いて修理が可能です。

ただしへこんだり歪んだりした部分があると、バンパー周辺の部品や車体の他の部分にまで損傷が及んでいるおそれがあります。

こうした場合は、先ず専門の業者に見積もりを依頼して損傷の状況を正確に把握するようにしましょう。

バンパー周辺部品に損傷がある場合の直し方

バンパーの周辺や内部には、追突防止や駐車補助システムに用いる赤外線センサーやレーダーが設置されていることがあります。

また、バンパーの周辺に設置されているヘッドランプやフォグランプなどの電装部品も搭載されています。

事故や衝突の衝撃でバンパーがへこんだり歪んだりした場合は、バンパーの周辺に搭載されているセンサーや電装部品が損傷して、システムが正常に機能しなくなる可能性があるのです。

バンパー周辺部に損傷がある場合は、専門業者に修理を依頼した方が良いでしょう。

車体に損傷がある場合の直し方

衝突事故などでバンパーがへこんだ場合は、損傷が車体にも及んでいることがあります。

車体に損傷があると、塗装が剥がれて鋼板が錆びたり腐食して、穴が開いてしまうおそれがあります。

バンパーだけでなく車体にも損傷がある場合は、専門業者に修理を依頼した方が良いでしょう。

バンパーが外れた場合の直し方

車が縁石に乗り上げてこすったりすると、フロントバンパーが取付部から外れてしまったり、ずれてしまうことがあります。

そうなると、バンパーが脱落して前輪がバンパーに触れてハンドルやブレーキが利かなくなってしまう危険性があるのです。

外れたバンパーの直し方は、まず粘着テープなどで車体に固定して応急処置をした上で、早急にディーラーや修理業者に持ち込んで本格的な修理を受ける必要があります。

特にバンパーに追突防止や駐車補助システムの赤外線センサーやレーダーが装備されている場合は、自分で対処することはほぼ不可能です。

衝撃によってバンパーが取付部から外れてしまったり、ずれてしまった場合は、専門の修理業者に依頼する必要があります。

バンパーが割れた場合の直し方

バンパーが割れた場合の直し方は、部品交換が必要になります。

ただし最近の車は、バンパーが車のデザインの一部に組み込まれており、見た目ではバンパーと車体の区別がつかない車が多くなっています。

そのため部品を交換する場合は、新しく装着するバンパーを車体の色に合わせて塗装する作業が必要です。

自分で部品の交換を行ったり塗装したりするのはほぼ不可能なので、専門の修理業者に依頼する必要があります。

バンパーを直すのにかかる費用

バンパーの傷の程度から、プロの直し方に任せるしかなさそう…

バンパーの直し方を調べたけど、自分でできる自信がない…

そんな時は、バンパー修理を専門業者に依頼する必要があります。

バンパーの修理を業者に依頼した場合の費用は、破損の程度や内容によって異なります。

バンパーの傷が小さい場合の費用

大きさが手のひら程度の小さな傷で、バンパーにへこみがない場合の修理費用は数千円〜1万円以内です。

バンパーの傷が大きい場合の費用

手のひらサイズを超えるような大きな傷があったり、バンパーにへこみや歪みがある場合は、板金で歪みを補正したり塗装のやり直しが必要になります。この場合の修理費用は、およそ2.5万円~4万円です。

バンパーの傷が全面に及ぶ場合の費用

バンパーの傷が全面に及んでいる場合は、全面の補修や塗装作業が必要です。この場合の修理費用は、およそ3万円~5万円になります。

バンパーの交換が必要な場合の費用

バンパーのへこみや歪みが大きかったり、ひび割れがあったりして板金塗装で補修できない場合は、部品の交換が必要です。

その場合は、部品価格の他にバンパーの脱着や塗装作業が必要になるため、およそ5万円~10万円の修理費用がかかります。

まとめ 

バンパーの直し方を、傷・へこみ・外れ・歪み・割れなどの損傷別にご紹介しました。

バンパーの傷やへこみが軽微であれば、自分でできる直し方もあります。

しかしバンパーの直し方は、専用の修復材料や工具や技術が必要であり、直し方に失敗するリスクを考慮するとDIYはコストパフォーマンスが良いとはいえません。

中途半端な直し方で失敗すると、バンパーの傷が広がったりへこみやズレがきちんと直らず、見た目が悪くなってしまうおそれが。

バンパーが取付部から外れたりずれたりしていると、落下してしまう可能性があるので、プロの直し方に任せた方が安全です。

またバンパーが割れたり大きなへこみがある場合は、内部の機械系修理が必要になることも多いため、必ず専門の修理業者に依頼が必要です。

壊れやすいバンパーは、自分で直し方を調べて、費用も時間もかけずにDIY補修してしまいたいもの。

しかし安全性にも関わるバンパーの直し方は、初めから専門の修理業者に任せる方が、結果的に費用も手間も省けることが多くおすすめです。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり