バンパーのひっかき傷を修理する方法!気になる修理代の相場とは

バンパー修理

バンパーは車のパーツの中でも少し飛び出しているため傷が付きやすいものです。

「曲がり角で壁に擦ってしまった…。」「バック駐車で柱にぶつかってしまった…。」という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

そんなバンパーにできたひっかき傷はどう対処するべきなのか、この記事で詳しく解説していきます。

バンパーにひっかいたような傷がある方はぜひ参考にしてみてください。

【この記事のポイント】

✓バンパーのひっかき傷を修理する前に確認すること

✓バンパーにできたひっかき傷を修理する方法

✓バンパーのひっかき傷を修理するときの修理代の相場

バンパーのひっかき傷を修理する前に傷の程度を確認する

バンパーにひっかき傷ができた時、すぐに修理するのではなくまずは傷の程度を確認するようにしましょう。

これは、傷の程度によって適した修理道具が変わってくるからです。

適した修理道具を使わないと逆に傷が目立ってしまう可能性もあるので十分注意しましょう。

また、傷が深くえぐれている場合などは、自分で修理するのは難しいため専門業者への依頼が必要となります。

それでは、具体的に何を確認すればいいのかお伝えしていきたいと思います。

バンパーひっかき傷:塗装が剥がれているかどうか

まず確認することは「塗装が剥がれているかどうか」です。

バンパーを壁などの障害物にこすったとき、少しえぐれてしまい塗装まで剥がれていることがほとんどです。

しかし、中にはポールなどの塗料が付着しているだけの可能性もあるので一度確認してみてください。

一般的に車の塗装は「下地」「カラー」「クリア」の3層で構成されています。

傷の程度によって傷つく層も変わってくるので、それに適した修理道具を使用することが重要になってきます。

傷の程度と使用する道具の目安は下記のとおりです。

■塗料が付着しているだけ⇒傷消しワックス

■クリア層が剥がれている⇒コンパウンド

■カラー層が剥がれている⇒タッチペン(エアータッチ)

■下地層が剥がれている⇒パテ・塗装

バンパーひっかき傷:へこみがあるかどうか

続いて確認することは「へこみがあるかどうか」です。

壁やポールなどの障害物にぶつけたとき、衝撃が大きいと傷だけでなくバンパーがへこんでしまう可能性があります。

バンパーのへこみ修理は、パテの使用や場合によっては脱着作業が必要になるため、素人では中々手を出しづらいのが現状です。

また、パテ修理は失敗するリスクもあるので、へこみがあった時点で専門業者への依頼を検討するのが賢明と言えます。

バンパーのひっかき傷【修理方法:コンパウンド】

■準備するモノ

・コンパウンド(細目・極細)

・液体コンパウンド

・スポンジもしくは乾いた布

■修理手順

➀ボディに付着している汚れやほこりをキレイにします。

②スポンジもしくは乾いた布にコンパウンド(細目)を少量つけ傷口を磨いていきます。この時、円を描くように磨くのではなく、直線方法に磨くのがポイントです。

③乾いてきたらコンパウンドを付け足して傷が見えなくなるまで磨いていきます。

④次にコンパウンド(極細)でさらに傷口を磨いていきます。もうどれだけ磨いても見た目が変わらなくなったら終わりの合図です。

➄仕上げに液体コンパウンドで磨けば修理完了です。

バンパーのひっかき傷【修理方法:エアータッチ】

■準備するモノ

・乾いた布

・耐水サンドペーパー

・シリコンオフ

・タッチアップペン

・エアータッチ

・エアータッチ(ボカシ剤)

■修理手順

➀車に付着したほこりや汚れをキレイにし、耐水サンドペーパーで傷のささくれをバリ取りしていきます。傷口の表面が滑らかになればOKです。

②車体の油分を落とすためにシリコンオフをスプレーして乾いた布でふき取ります。

③タッチペンをよく振り、エアータッチにセットさせたら傷口にスプレーしていきます。この時、至近距離からスプレーするのではなく、10cm程度離れた位置からスプレーしてください。また、スプレーは一点に集中してかけるのではなく、平行に動かしながらかけるようにしてください。

④エアータッチは何回かに分けて塗り重ねていきます。一回で塗ってしまうと液だれする恐れがあるので注意しましょう。 ➄仕上げにエアータッチボカシ剤でスプレーし、色ムラを無くせば完了です。

バンパーのひっかき傷をプロに依頼したときの修理代

バンパーのひっかき傷を修理してくれる専門業者は、ディーラー・板金業者・ガソリンスタンド・カーショップなどさまざまですが、一般的にはディーラーと板金業者で考えておけば問題ありません。

ディーラーは、質の高さや安心感がありますが、その分修理代は他の業者に比べて高額になることがほとんどです。

一方、板金業者は修理代の安さが魅力ですが、業者によっては技術に差があることがあるので業者選びは慎重に行いましょう。

【バンパー修理代:ディーラー×板金業者比較表】

バンパー擦り傷(20cm以内)バンパーへこみ(10cm以内)バンパーへこみ(20cm以内)バンパーへこみ(20cm以上)
ディーラー15,000円~25,000円30,000円~40,000円25,000円~45,000円30,000円~60,000円
板金業者7,000円~15,000円15,000円~20,000円23,000円~30,000円25,000円~35,000円
池内自動車3,300円均一12,100円均一16,500円均一23,100円均一

バンパーのひっかき傷修理なら池内自動車にお任せ!

バンパーの修理代は安ければ1万円以内で済むこともありますが、基本的には1万円以上、業者や傷の程度によっては5万円を超えることあります。

「正直高い…。」「できればもう少し安く済ませたい…。」そうお考えの方も多いのではないでしょうか。

そんなときは池内自動車にお任せください!

バンパーの擦り傷修理(20cm以内)3,300円と、板金業界の常識を覆す価格でサービスを提供しております。

修理代を安くしたい方はお気軽にお問合せください。

まとめ

バンパーにひっかき傷ができた時、まずは傷の程度を確認してみてください。

傷の程度によって修理する際の道具が変わってきます。

また、場合によっては自分で修理するのは難しく、専門業者に依頼しなければいけない可能性もあります。

その際はこの記事でもお伝えした修理代の相場を目安にしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり