車をぶつけた時の正しい対処法とは?保険や修理費が気になる方へ

板金塗装全般

「車を壁にぶつけてしまった…」「人の車にぶつけてしまった…」などなど車を運転していると予期せぬ事故が起こってしまうこともしばしば…。

そんな時、正しい対処の仕方を知らないと後々面倒なトラブルになってしまう可能性も考えられます。

そこで今回は、車をぶつけた時の正しい対処の仕方とぶつけてしまった車の保険や修理について詳しく解説していきます。

車を人などにぶつけてしまった時の対処法

まずは車を人などにぶつけてしまった時の対処法をお伝えしていきます。

頭が真っ白になってしまうかもしれませんが、落ち着いて冷静に行動することが大切です。

・けが人の救護・119番通報
・警察・任意保険会社に連絡
・事故の状況を記録する
・相手の連絡先を交換する

けが人の救護・119番通報

人にぶつけてしまった、いわゆる人身事故の際はけが人の救護が最優先です。

けが人をすぐに安全な位置まで搬送し、119番通報しましょう。

車の下敷きになっている、安全な場所まで運べない場合はいち早く119番通報をし、消防隊・救急隊の到着を待ちましょう。

警察・任意保険会社に連絡

道路交通法により、交通事故の際は警察に連絡することが義務付けられています。

小さな事故だからという理由で報告を怠ると、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。

ちなみに道路交通法では他にも「運転の停止」「負傷者の救護」「危険防止措置」が義務付けられており、通報した際はこちらの情報を伝える必要があるので頭に入れておきましょう。

そのまま立ち去ってしまうと、ひき逃げなどの疑いをかけられる可能性もあるので事故を起こした時こそ正しい対処を取るようにしてください。

警察への通報を済ませたら加入している保険会社に連絡しましょう。

事故後の対応で分からないことは保険会社の方が教えてくれます。

事故の状況を記録する

警察や保険会社への連絡がひと段落したら、事故現場の状況をできる限り記録・保存しましょう。

ドライブレコーダーを取り付けている場合は、データを保存しておけば大丈夫です。

だだし、ドライブレコーダーは容量がいっぱいになると古いデータから削除されるので、お手持ちのパソコンに移動させるなどして保存しておきましょう。

事故現場の記録は自身の保険にも関係してきます。

相手が要る場合の事故では、自信の過失割合に応じて賠償金額や受け取る金額が変動します。

そのため、車の損傷や事故の状況などはきっちり記録・保存しておきましょう。

相手の連絡先を交換する

相手がいる場合の事故では、必ず相手と連絡先を交換してください。

軽い事故だからといって、その場で示談に持ち込もうとすると、かえってトラブルになってしまうケースもあります。

また、連絡先を交換してもやり取りは特にせず、話し合いは保険会社に仲介してもらうのが理想です。

車を壁などにぶつけてしまった時の対処法

続いては、事故の際に相手がいない場合の対処をお伝えしていきます。

警察への連絡や現場の記録などは先ほどと同じですが、相手がいない場合では少し異なる点もあるので解説していきます。

・車を安全な位置まで移動させる
・警察・任意保険会社に連絡する
・事故の状況を記録する
・所有者や相手の連絡先を聞き、後日お詫びする

車を安全な位置まで移動させる

人の車や壁などにぶつけてしまった時は、二次災害を防ぐためにも車を安全な位置まで移動させます。

車を動かせない状況であれば三角表示板や発煙筒などを焚いて、事故であることを後続車に伝えましょう。

この後の警察への連絡などは人身事故・自損事故関係なく運転者の義務となりますのできっちり対応してください。

所有者や相手の連絡先を聞き、後日お詫びする

壁などのモノを傷つけたり、壊したりしてしまった際は相手へのお詫びも忘れないようにしましょう。

万が一、所有者が分からない場合はその旨を警察に伝えるのが正しい対処法になります。

車をぶつけたかも?傷なし・相手がいない場合でも通報は必要?

何度もお伝えしてきましたが、車をぶつけた際に相手がいなくても警察への通報は必須となります。

これは道路交通法第72条1項により定められているとおり、運転者の義務となりますので必ず行いましょう。

ぶつけたかもと不安な時はまずは警察に連絡

車をぶつけたかどうか不安な時も警察へ連絡しましょう。

「傷もないし、相手もいないからバレないか」と思ってそのまま立ち去ってしまうと、当て逃げなどの罪になる可能性があります。

近くに人がいなかったとしても監視カメラに写っていることも考えられます。

また、ガードレールやミラー、電柱なども同様の対処が必要です。

ガードレールやミラーなどは国や自治体が所有者、電柱の場合は電力会社などが所有者となります。

国の所有物となれば器物損害として賠償金を課せられてしまう可能性もあります。

のちにトラブルを引き起こさないようにするためにも「ぶつけたかな…?」と不安な時は警察へ連絡しておきましょう。

車をぶつけたら等級は下がり保険料が上がる

車をぶつけたら等級が下げるのではなく、加入している任意保険を利用して補償を受けると等級が下がる仕組みになっています。

自身に過失がある場合は3等級、もらい事故のような場合であれば1等級下がってしまいます。

その時点での等級にもよるのですが、等級が3つも下がると翌年の保険料は2万円から5万円ほど上がるものです。

そのため負担する修理費用と等級変動後の保険料を比較して上で、任意保険を利用するかどうか判断することをおすすめします。

車をぶつけた時の修理費用はどれくらいかかる?

車をぶつけた時の修理費用は一体どれくらいかかるものなのかお伝えしていきます。

今回は車の修理によく利用される「ディーラー」と「板金業者」の2つをご紹介します。

任意保険を利用する上でも知っておくべき情報なのでぜひ参考にしてみてください。

ディーラー

ディーラーはメーカーと直接取引をしているので、純正パーツを使用して修理を行ってくれます。

自動車のことを熟知した整備士が修理してくれるため安心がありますが、その分修理費用は高くのがネックです。

ボディの10x10cm程度の小さな傷でも約2万円かかることもあり、傷の状況によっては10万円前後になることもざらにあります。

ディーラーは安心感がありますが、経済的に余裕がない方には向いてないと言えます。

板金業者

板金業者のメリットは何より“安い”ことです。

先ほどのボディ10x10cm程度の傷であれば約5千円前後で修理してくれます。

ディーラーに比べると純正パーツを使用していない分、費用を安くできるのがありがたいポイントです。

しかし、技術に関しては業者ごとで結構差があります。

そのため板金業者を選ぶ際は修理費用と技術を考慮して検討してみてください。

中には激安で修理してくれる板金業者もあるのでコストを抑えたい方にはおすすめです。

まとめ

この記事では車をぶつけた際の正しい対処の仕方をお伝えしてきました。

車をぶつけた、ましてや人身事故を起こしてしまった時は頭が真っ白になると思います。

そんな時こそ、冷静に正しい対処を取るようにしましょう。

間違ってもそのまま立ち去るなど、のちにトラブルを引き起こさないようにしてください。

また、事故を起こすと保険料や修理代などのお金も関係してきます。

過失の割合を決定づける記録や、各業者の修理費用など参考にしてみてください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり