車のボディのへこみ修理。その費用相場を解説!

値段・費用

車のボディにへこみができてしまうことはよくあります。

そこで気になるのは、その修理代費用や料金相場。

この記事では、ボディのへこみ修理の料金相場はもちろん、へこみができてしまう主な原因およびへこみを放置することのデメリットを解説します。

軽度の線傷などではなく、へこみは車のさまざまな損傷としては注意するべき損傷の一つです。

この記事でしっかりとへこみ修理に関することを理解し、参考にしていただければと思います。

車のボディにへこみが生じる主な原因とは

大切な車のボディにへこみができてしまうとショックを受けるものです。

では、具体的にどのような理由でボディにへこみが生じてしまうのか。

その主な原因は下記の通りです。

・狭い駐車場や、壁、柱などに車をぶつけてしまう

・ドアを開けた際に隣の車にぶつけてしまう

・車のバックの際、後ろの障害物に気づかずにぶつけてしまう

・買い物終わりのレジ袋などを車に乗る際にぶつけてしまう

・動物などが車に登ったり当たったりしてへこみができる

以上が、考えられるケースです。

最後の2つはケースとしては多くはありませんが、このような場合もあるという認識を持っておいてください。

日頃から注意して車を扱わないと簡単にへこみはできてしまいます。

車のボディのへこみを放置するとどうなる?

車のボディにへこみができたけど、修理はお金もかかるしめんどくさいから放置しておこう・・・

そんな風に考える方も実は多いです。

しかし、放置することのリスクはご存知でしょうか?

へこみは、線傷などに比べると放置したあとのさまざまなリスクが高まります。

具体的には、へこみ部分に雨水などが溜まり、その部分が徐々に劣化して錆ができたりします。

この"錆"を放置するとさらに車は傷んでいき、最悪の場合はパーツを丸々交換が必要になります。

そうなると修理費用が高額になり、あの時素早く修理しておけばよかった・・と後悔することになります。

車のボディのへこみは、放置してはいけません。

すぐに修理を行うようにしましょう。

車のボディのへこみ修理。その費用相場はどれぐらい?

それでは本題の、車のボディのへこみ修理の費用相場を解説します。

ボディと言っても幅広くなってしまうので、ここでは部位ごとの修理代相場を解説していきます。

あくまで相場ですので、業者によってこれより料金は前後します。

車のボンネットのへこみ修理費用(3万円前後〜)

車のボンネットのへこみ修理は3万円前後が相場です。

ただしこれは小規模のへこみの場合ですので、かなり大きいへこみの場合はこれ以上かかってきます。

車のトランクのへこみ修理費用(5万円〜10万円以上)

車のトランクのへこみ修理は5万円以上が相場で、かなり料金の幅も広いです。

修理の難易度が高いために、このように価格が高くなってしまうのが一般的です。

車のサイドのへこみ修理費用(3万円前後〜)

サイドボディのへこみ修理は、ボンネットと同程度の修理費用が一般的です。

ただしこれも小規模のへこみの場合ですので、大きいへこみの場合はこれ以上費用がかかります。

車のルーフのへこみ修理費用(3万円〜10万円)

車のルーフも修理の難易度が高いことから、その修理費用はトランクと同程度並みになります。

あまりルーフにへこみができることはありませんが、逆に気づきづらい場所でもあるため、念の為こまめに損傷がないかチェックしましょう。

以上が車のボディのへこみ修理の相場料金です。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

ここまで車のボディにへこみができる原因と、放置するのが危険な理由、そして修理代の相場料金をお伝えしてきました。

ボディと一言に言ってもへこみの場所によって料金は異なります。

池内自動車では、10cm以内のへこみ修理であれば25,300円均一で修理が可能です。

業界最安級、実績も豊富な池内自動車にへこみ修理はぜひお任せください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり