バンパーの擦り傷を自分で直すか業者に任すか?メリットとデメリットをご紹介

バンパー修理

大切な自分の車に傷がつくとショックですよね。

小まめに車を洗車したりメンテナンスしている方なら小さな傷でも気分が落ち込むものです。

車の中でも特にバンパーの四隅は傷が付きやすく、業者への修理依頼もバンパー修理のケースが多いです。

上から自分で塗装するまででもないし、修理代も抑えたいし、「なんとかならないかな?」と悩まれている方も多いのでないでしょうか?

この記事では、大小関わらず傷が付いてしまったバンパーを自分でDIYして直す場合と、業者に修理依頼した方がいい場合の判断基準をそれぞれメリット・デメリットに分けて解説します。

また、最後には自分でDIY修理する際の方法を簡単に紹介するので、参考にしてみてください。

バンパーの擦り傷を自分で修理する場合のメリット・デメリット

では早速、まずはバンパーの擦り傷を自分で修理する場合のメリット・デメリットを解説していきます。

バンパーの擦り傷を自分で修理する場合のメリット

自分でDIY修理する場合の最大のメリットは、やはり修理代を安く済ませることができる点です。

自分で付けてしまった薄い傷であれば、簡単に市販のコンパウンドなどで磨くことで、擦り傷はほぼわからないレベルにすることができます。

カー用品店やホームセンターなどであれば、傷消し用のコンパウンドは1,000円以内で購入可能です。

また、塗装が剥がれてしまっている傷であっても、そこまで大きくない傷であれば数千円から1万円以内で修理に必要な道具を揃えられます。

バンパーの擦り傷を自分で修理する場合のデメリット

反対に、自分でDIY修理する場合のデメリットは、綺麗に直せないという点と、擦り傷以外の車の不具合になかなか気付けない点です。

やはりプロの業者のように、新車同様に綺麗に傷を直すことは素人だと非常に難しく、傷跡が目立つ可能性があります。

また、車をぶつけてしまって擦り傷を付けた場合、擦り傷以外のパーツにもダメージがある可能性があり、素人ではそういった車の他の不具合に気付きづらいのも危険なデメリットです。

安全面を考えれば、やはり業者依頼の方がおすすめです。

バンパーの擦り傷を業者に依頼して修理する場合のメリット・デメリット

では次に、バンパーの擦り傷をプロである業者に依頼して修理する場合のメリット・デメリットを解説していきます。

バンパーの擦り傷を業者に依頼して修理する場合のメリット

プロの業者に修理を依頼すれば、素人ではパッと見て修復歴がわからないレベルまで綺麗に直してもらうことが可能です。

また、擦り傷の状態であったりボディの表面の日焼け具合、修理するべき箇所など、さまざまなことを考慮した上で的確な修理方法を過去の経験から提案してくれることも大きなメリットです。

DIYで修理方法を間違えると余計な出費がかかることも多いので、最初から業者に依頼する方が賢明とも言えます。

池内自動車なら最低3,300円〜でバンパーの擦り傷修理が可能で、日本最安級の圧倒的な低価格でサービスを提供しています。

料金設定もシンプルでわかりやすく、即日修理のスピード重視で運営していますので、ぜひ池内自動車で修理費用を確認してみてはいかがでしょうか?

バンパーの擦り傷を業者に依頼して修理する場合のデメリット

バンパーの擦り傷修理を一般的な業者に依頼すると、だいたい15,000円〜30,000円程度はかかります。

そのためDIYで自分で直す場合と比較すると、やはりこの費用面はプロの業者に依頼する場合のデメリットとなります。

しかし、池内自動車なら最低3,300円〜でバンパーの擦り傷修理が可能ですので、費用面を重視する方もぜひ一度池内自動車にご相談ください。

バンパーの擦り傷を自分でDIYして修理する方法

こちらでは、具体的に実際にDIYしてバンパーの擦り傷をDIYする方法をご紹介します。

主な修理(補修)方法となるコンパウンドを活用したDIY方法を詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

コンパウンド(研磨剤)を利用してバンパーの擦り傷をDIYする

それではまず、コンパウンドという研磨剤を利用してバンパーの擦り傷をDIYする方法を紹介します。

コンパウンドとはまず何なのか、どの程度のレベルの傷まで直せるのかを詳しく解説します。

コンパウンドは、研磨粒子が含まれた液体やペースト状の「研磨剤(磨き剤)」のことです。

コンパウンドをスポンジやクロスにとって磨くことで、車の傷をきれいにすることができます。

原理としては、コンパウンドをつけて磨くことで、コンパウンドに含まれる研磨粒子が塗装面を転がりながら徐々に傷付いた車の表面を研磨するというものです。

そうして何度も表面を磨いていくことで、研磨粒子が徐々につぶれて小さくなっていき、やがて粒子の研磨力は無くなります。

これを繰り返すことで傷ついた塗装面は研磨粒子の粗さに応じてなめらかになり、傷により生じた細かい段差もなくなって傷が見えなくなります。

細かい研磨粒子で磨くほど、より滑らかな仕上がりになります。

チューブタイプと液体タイプがありますが、コンパウンドはどちらも同じ原理です。

塗装面は、下地、ベースコート、トップコートに一般的に分かれています。

ベースコートは色、トップコートはクリアー面のことです。

コンパウンドで磨くのはトップコートになるので、磨きすぎてしまうとベースコートに達してしまいます。

コンパウンドを利用して直せる傷のレベルは?

次に、コンパウンドで傷を消せる傷はどれぐらいの程度なのか、簡単に解説します。

先ほど、塗装面は下地、ベースコート、トップコートに分かれているとお伝えしました。

下記の傷状態ならコンパウンドで消せる可能性がありますので、参考にしてください(様々なケースがありますので、「完全に傷を消せる」とは断言できません)。

①傷がベースコートにまで及んでいない

目安としては、傷を触った時に爪が引っかからない程度の傷の深さ。

②塗装の表面が日焼けしていたり経年劣化で傷んだりしていない

塗装色にもよりますが、色褪せやクリアー層の剥がれがあるボディーの場合、コンパウンドでは対応できないので注意してください。

③傷がついた場所を過去に磨いていない

コンパウンドで磨けば磨くほど、トップコートは薄くなっていきます。ですので過去に傷消し等で磨いている部分は、磨きすぎるとベースコートが出てしまう可能性があるので注意してください。

以上です。

まとめ

バンパーの擦り傷修理を考える際、自分で直す場合と業者に任す場合とそれぞれにメリットとデメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

結論としては、みなさんが一番メリットを享受できる形は「費用が安いプロの業者に依頼すること」です。

そうすることで、費用を抑えながらもプロの技術でバンパーの擦り傷を綺麗に修理することが可能です。

また最後に、バンパーの擦り傷を放置すると錆ができて徐々に車が傷んでしまうので、なるべく傷は放置せずに早い段階で直すようにしましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり