車のバンパー修理を徹底解説!最安の修理費用は3,300円〜!

バンパー修理

擦り傷、割れ、へこみ、穴などによって損傷してしまった車のバンパー。

バンパーは車の中でも最も損傷を受けやすいパーツの一つです。

そんなバンパーを修理する場合は、壊れてしまったバンパーを修理して直す方法と新しいバンパーに丸々交換する方法と、主に2つのパターンがあります。

基本的には丸々新しいバンパーへ交換するよりも修理をする方が、費用を抑えることができます。

しかし、修理するべきなのか交換するべきなのかを決める判断基準に迷う方もいると思います。

そこで今回は、その判断基準に加え、バンパー修理とバンパー交換のそれぞれ違いについてかかる費用や期間も併せてご紹介します。

また、任意の車両保険を適用すると逆に損する場合があることや、DIYして自分で直す場合のやり方まで、バンパー修理に関して包括的に解説していきます。

池内自動車なら最安で3,300円〜でバンパーを直すことも可能ですので、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

車のバンパーを交換するべきか修理するべきか決める判断基準は?

面積が大きく車体の頭部分となる目立ちやすいバンパーは、車の見た目を印象付ける部品として重要です。

そのためバンパーはできるだけ綺麗に維持しておきたいものですが、車の頭部分であるためどうしても擦り傷、割れ、へこみ、穴などの損傷を受けやすいのも事実です。

バンパーにそういった損傷を受けた場合、小さい掌サイズに収まるような小規模なものの場合は部分的な修理で問題ないでしょう。

しかし、バンパー全体に及んで損傷や穴が開いたり、大きく凹んでしまったり、内部の部品にまでダメージが及ぶような損傷の場合は、バンパーを新しく交換するのが一般的です。

つまり、修理するべきか交換するべきかを決める基準の1つは、バンパーが受けた損傷の大きさや程度によります。

しかし、たとえ修復ができる損傷であっても複数箇所に渡って損傷があったり、損傷範囲が大きすぎたりする場合は、交換する方が安く済むこともあり得ます。

また、バンパー修理には交換とは別の専門知識や技術が必要となるため、板金整備の技術を持たない工場であれば修理を外注するか、交換で対応するしか直す方法がありません。

そのためバンパー修理の際の業者選びは慎重に行いましょう。

数多くのバンパー修理実績を持つ池内自動車なら、お車の引き取りや納車も無料で対応しておりますのでぜひチェックしてみてください。

車のバンパー交換にかかる修理代(費用)の相場は最低5万円以上〜

車のバンパー交換は、基本的に修理を行うよりも費用が高い場合がほとんどです。

バンパー交換にかかる費用の中には、バンパー本体の費用だけでなく、バンパーに取り付けられたフォグライトや各種センサーなどの取り付け作業や、場合によってはバンパーに穴をあけて加工することも必要です。

そういった作業費用(工賃)が含まれているので費用が高くなります。

バンパーのみで最低でも3~5万円程度が必要になり、近年の車にはセンサーやカメラなどの装備が一般的となっていることから、バンパーに付属した部品の交換費用も別途必要となる場合も多く、さらに加えて工賃代を合計すると10万円近い出費は必要になります。

車のバンパー修理にかかる修理代(費用)の相場は最低1万円〜(池内自動車なら最安3,300円〜)

車のバンパーは交換よりも修理の方が基本的に修理代(費用)を抑えることができます。

通常、車のバンパーの価格は3~5万円程度はするため、部品代に交換工賃などを合わせると10万円近い費用となるのに対し、修理の場合だとおおよそ1~3万円程度の相場で修復が可能です。

また、軽い損傷レベルで行われるバンパー修理の場合は、一般的に部品を取り付けする必要がないためその費用を含む工賃と部品代が抑えられ、修理に対する工賃料のみを支払うことになります。

しかし池内自動車なら最低3,300円〜でバンパー修理が可能で、日本最安級の圧倒的な低価格でサービスを提供しています。

料金設定もシンプルでわかりやすく、即日修理のスピード重視で運営していますので、ぜひ池内自動車でバンパー修理の費用を確認してみてはいかがでしょうか?

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

車のバンパー交換および修理にかかる期間はどれぐらい?

一般的にバンパー交換の方が調達する部品やかかる手間も多く、バンパー修理よりもやはり時間はかかってしまいます。

また、バンパー交換および修理にかかる費用を説明した際にも紹介したように、バンパーだけでなく損傷が内部にまで及んでいた場合や損傷範囲が広い場合は、費用同様に修理にかかる期間もやはり長くなってしまいます。

そのため、まずは損傷の状態を確認してから必要な部品などがあれば確認し、それらの部品が工場へ到着するまでの日数も考えなくてはなりません。

平均的にはバンパー交換の場合だと最低でも4日〜1週間、バンパー修理は程度にもよりますが、一般的には最低でも2日〜4日程度はかかる場合がほとんどです。

簡易的な部分修正や塗装のみのバンパー修理などであれば、早くて1日で対応が可能な場合もあります。

しかし、本格的にバンパーを脱着して成形から塗装までが必要となると、やはり1週間近い時間が必要となるでしょう。

さらに、車が外車の場合は部品が国内にないため海外から輸入が必要になる可能性もあります。そうなると、さらに時間がかかる場合がほとんどです。

池内自動車ではスピード重視の運営をしているので、バンパーの傷やへこみの修理の場合は即日対応で対応しております。

急ぎでバンパー修理を依頼したい場合はぜひ池内自動車でお見積もりください。

バンパー修理のディーラー依頼は安い?高い?

修理代の費用相場をここまでお伝えしましたが、これらの料金は板金業者への依頼料金であり、実はディーラー依頼への料金は少し異なってきます。

結論からお伝えすると、ディーラーでバンパーの損傷を直す場合は料金が高めに設定されています。

ディーラーの仕事は自動車を売ることが仕事です。

アフターケアやメンテナンスなどはサービスの一環で請け負っていますが、塗装の修正は本来ディーラーの専門業務ではありません。(ただし、大きなディーラーだと板金設備を持っているところもあります。)

ほとんどのディーラーは下請けの板金業者および工場と契約していて、お客様から自動車の修理依頼がきたら、そのまま板金業者に修理依頼を出すのが業界の主流となっています。

そのため、仲介手数料を取られるので料金が高くなります。

ですが、ディーラーの定める基準をクリアした業者や工場で修理してもらえるので、質は非常に高く安心です。

また、塗料などの各種パーツは純正部品を使うことも多いのもディーラーの特徴です。

これらも値段が高くなる理由のひとつですが、つまりディーラー依頼すると仕上がりが完璧に近い状態になります。

さらに修理中は代車を貸してくれることも多いです。

費用面でのデメリットもありますが、お金よりもクオリティー重視の方にディーラー依頼はおすすめです。

車のバンパー修理や交換は、実は保険を使うと損してしまうケースも

ここまで、プロの業者に修理や交換依頼をした場合の相場やポイントなどを解説してきました。

しかし、そもそも車の任意保険に入っていれば保険を利用して修理代は負担せずに車の損傷の修理ができるのでは?

と疑問に思う方もいるかもしれません。

修理にある程度費用がかかるなら保険利用を検討するのもよくある話でもあります。

しかし、それはケースにより、保険使用の方が最終的な費用負担が高くなる場合があります。

つまり、ケースによっては保険は使わずに修理を行う方が結果的に安く済むということです。

どういうことかと言うと、車の保険には等級という概念があり、この等級によって保険料は決められています。

事故がなかったり、ゴールド免許だったり、免許保有期間が長かったりすると、等級は上がります。

等級が上がると保険料は安くなり、反対に等級が下がると保険料は高くなります。

この等級は意外と大きく保険料に関わってくるのですが、傷の修理などで一度保険適用をしてしまうと等級が下がってしまうのです。

そうなると、月々の保険代も高くなってしまい、実は安い板金業者に実費で修理依頼していた方が結果的に安かった。

というケースが起こり得るのです。

ですので、もしも軽い損傷、軽い傷程度のものはなるべく保険は使わずに、業者で修理するのがおすすめです。

車のバンパー修理を自分でDIYして直すことは可能?

ここまで、車のバンパー修理及び交換に関しての相場感やかかる期間、注意点などを解説してきました。

では、車のバンパー修理を自分でDIYして直すことは可能なのでしょうか?きっと気になる方も多いかと思います。

結論、バンパーの修理はDIYでも直すことができます。

しかし、同時に注意点も多いため、安易にDIYで直そうとすると失敗し、後悔します。

そこでこちらでは、DIYで自分で直す場合の方法および注意点などを解説していきます。

バンパーのDIY修理の方法

これまでは、バンパーに傷がついた際は板金業者やディーラーなどの車のプロを通して修理する場合のポイントについて解説しましたが、自分で傷を直すという選択肢もあります。

そこでまず最初に確認すべきことは、バンパーの傷の程度です。

そもそも傷(損傷)が大きすぎる場合は、自分で直すべきではありません。

小さい擦り傷や、近くに寄らないと目立たない程度の小さい穴であれば、自分でDIYする方が簡単に早く済みます。

それ以上の場合は修理は控えるようにしましょう。

では具体的なDIY修理の方法を簡単に解説します。

①洗車クリーニング&研磨

まずは車をきれいにして、傷を研磨しながら露出させます。

②脱脂してパテを盛る

次に油分を拭き取り、傷の上にパテを多めに盛ります。

③研磨後、再び脱脂

盛ったパテをならすイメージで研磨し、その後再び脱脂します。

④マスキングして塗装

傷周りをしっかりマスキングし、ボディと同じ色のスプレーなどで塗装します。

⑤仕上げにコンパウンドで磨く

④の工程の後は、できるだけ時間を数日置いて塗装を完全に乾かしてから、仕上げにコンパウンドで磨きます。

以上の流れを踏めば、きれいに傷を直すことが可能です。

ただし難易度は低くはないことは理解しておきましょう。

バンパーのDIY修理の注意点

最後に、バンパーをDIY修理する際の注意点をお伝えします。

まず、上記したようにDIYは簡単ではなく、場合によっては損傷を広げてしまったり、見た目が汚くなってしまう場合があります。

また、表面の傷ではなく実は車の内部まで損傷しているケースもあります。

これは非常に危険な状態でリスクが高く、自分で気づけない場合は重大な事故に繋がりかねません。

ですので大きな傷がついてしまった場合は、なるべくプロの業者に依頼して直すのがおすすめです。

池内自動車では、最低3,300円〜でバンパー修理が可能で、日本最安級の圧倒的な低価格でサービスを提供しています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

車のバンパーは修理の方が交換よりも基本的には安く済むことがお分かりいただけたかと思います。

もう一度ポイントをまとめると、

・修理するべきか交換するべきかを決める基準の1つは、バンパーが受けた損傷の大きさや程度によること

・しかし、たとえ修復ができる損傷であっても複数箇所に渡って損傷があったり、損傷範囲が大きすぎたりする場合は、交換する方が安く済むこともあり得る

・バンパー交換は、基本的に修理を行うよりも費用が高い場合がほとんどで、工賃代を含めると10万円近い出費になること

・バンパー修理の場合だとおおよそ1~3万円程度の相場で修復が可能であること

・車のバンパー交換および修理にかかる期間は、交換の場合だと最低でも4日〜1週間、修理の場合は最低でも2日〜4日程度はかかる場合がほとんどであること

・池内自動車なら最低3,300円〜でバンパーの即日修理が可能であること

・バンパー修理をディーラーに依頼すると高いが、その分クオリティーは非常に高い修理が可能

・任意の車両保険を使うと等級が下がり、逆に費用負担が増えてしまう可能性があること

・傷修理のDIYのやり方や注意点はしっかり把握し、DIYは十分に注意して行うこと

以上になります。

ご自身の大切なお車ですから、バンパー交換や修理の際の業者選びは慎重に行いましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり