車に白い線傷がつく原因とは?その解決策も解説!

板金塗装全般

車になぜか白い線傷がついていた・・・

この記事を読んでいるということはそんなショックを受けているのではないでしょうか?

もしそれが知らない間についた傷であれば、かなりショックですよね。

この記事では、そんな白い線傷が車につく主な原因とその解決策をご紹介します。

傷がついても大丈夫です。直すことはできます。

しっかりとこの記事を最後まで読んで、行動に移していただきたいと思います。

車に白い線傷がつく主な原因とは?

では早速、車に白い線傷がついてしまうよくある主な原因をこちらでご紹介します。

特に多い主な原因は、4つ。

ではそれぞれ解説します。

飛び石により白い線傷がつく

おそらく一番多いのがこの飛び石による線傷です。

飛び石とは、主に前方を走っている車から飛んでくる場合が多いです。

タイヤの溝に挟まっている石が何かの衝撃で外れ、それが後方の車に飛んでくるというものです。

また、砂利道を勢い良く走っていると自分の車のタイヤから飛んでくるものもあります。

洗車により白い線傷がつく

実は車の汚れなどを綺麗にするはずの洗車でも、線傷がつくことがあります。

しかしこれは、洗車機の問題ではなく、車についている小さいゴミや埃などが洗車機によって擦られてつく場合がほとんどです。

洗車機のブラシでゴシゴシ擦られると、やはり傷はつきやすくなります。

道路上の小枝など障害物により白い線傷がつく

これも非常に多い原因のひとつです。

田舎の狭い道路などでよくありますが、道路上にはみ出ている小枝などが車に擦れて傷がつくケースがよくあります。

場合によっては線傷ががっつり長くついてしまう場合もあります。

鍵や所有物がぶつかって白い線傷がつく

これもよくあるケースで、自身が知らぬ間に所有物を車に擦ることでつけてしまう傷です。

鍵やキーホルダー、モノが入った買い物袋など、いろんなケースが考えられます。

車に白い線傷がつくのを避ける解決策は?

ではこれらを避けるにはどうしたら良いのか、それぞれの原因別に解説し、最後には安く線傷が修理できる板金業者もご紹介します。

飛び石による線傷を防ぐ方法

飛び石による線傷を避けたければ、一番重要なのは車間距離です。

前の車、特に飛び石が起きやすいトラックの後ろに自身がいる場合はなるべく車間距離を空けて離れて運転するようにしましょう。

また、砂利道はゆっくり運転するのが基本です。

洗車時の線傷を防ぐ方法

これは正直なところなかなか避けるのが難しいですが、洗車機を使わずに手洗いすることでしっかり防ぐことはできます。

しかしなかなかそれも面倒ですので、洗車機を使う場合は洗車機利用前に軽く車を見渡し、目に見える汚れなどはタオルなどで拭き取ると安心でしょう。

小枝など障害物による線傷を防ぐ方法

こういったケースの場合は、とにかく田舎の道はゆっくり運転することに限ります。

急に小枝が出ている場所もあったりするため、狭い道はゆっくり走ることを心がけましょう。

所有物をぶつけてしまうことによる線傷を防ぐ方法

このケースは、とにかく日頃から意識することです。

車に近づく時、車から降りる時は、ゆっくりと注意して車を扱うようにしましょう。

重いものを運んでいるときは、特に要注意です。

池内自動車なら最安3,300円〜で擦り傷の修理が可能です

池内自動車なら、10cm以内の線傷であれば最安で3,300円〜修理可能です。

業界最安値級のサービスで提供していますので、お気軽にお問い合わせください。

自分でDIYして直すよりも、結局時間もお金も節約できる場合が多いです。

車の修理は、プロに任せるのが一番ですよ。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

ここまで車の白い線傷の原因とその解決策をお伝えしました。

とにかく日頃から意識して、注意して運転するというのが共通の解決策です。

傷がついても、線傷なら安く直すことができるので、ご安心ください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり