車のひっかき傷の修理代は意外と安い?その費用相場を解説!

値段・費用

大切な車についたひっかき傷。

一体業者で修理したらいくらぐらいかかるのだろう・・

そんな風に不安に思う方も少なくないはずです。

しかし、20cm以内の擦り傷程度であれば、最安で3,300円で綺麗に修理することが可能です。

この記事では、ひっかき傷の費用相場と同時におすすめのコスパ抜群の板金業者をご紹介します。

修理代を決めるポイントも併せてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

車のひっかき傷の修理代相場はいくら?修理代を決めるポイントは?

では早速、車についたひっかき傷の修理代相場を解説していきます。

まずは修理代を決めるポイントから紹介し、その後に費用の相場をお伝えします。

車のひっかき傷は、運転席の死角にある障害物に当たったり駐車場の縁石に乗り上げてしまったり、様々な要因でついてしまいます。

しかし、意外と費用は安く収まる場合も多いので、心配しすぎずに修理実績のある業者をしっかり選ぶようにしましょう。

車のひっかき傷の修理代を決めるポイント

ではまず、車のひっかき傷の修理代を決めるポイントです。

大事なポイントは3つあります。

①傷の程度(大きさや深さ)

②車の種類(国産車か外車か等)

③塗装の種類(珍しい塗装がされているかどうか)

まず1つ目の傷の程度ですが、やはりここは最も重要なポイントで、修理費用を決める要素です。

当然傷が大きければ大きいほど、深ければ深いほど、料金は高くなります。10cm単位で料金が変わることが多いようです。

次の2つ目のポイントは、車の種類です。

国産車に比べ、外車の場合はパーツが特殊であったり次に説明する塗装も特殊な色を使っているケースがあるため、難易度や原材料の調達コストが上がり、修理代は高くなりがちです。

最後の3つ目のポイントが、塗装の種類です。

上記に説明した通りですが、国産車でも珍しい色の塗装、特にパール系の塗装だと修理費用は実は高くなります。

限定モデル、限定カラーの車種なども当てはまりますので、ここは注意しておきましょう。

また、そもそもひっかき傷ではなく、大きくパーツがへこんでいる場合は、修理の方法も異なってくるので当然料金は高くなります。

プロの業者に依頼した場合の車のひっかき傷の修理代相場

では、こちらでは車のひっかき傷の修理代相場を解説します。

ズバリ結論から申し上げると、一般的な板金塗装業者に依頼した場合の修理代相場は1万円〜3万円です。

これは10cm以内の比較的軽度なひっかき傷の場合の相場です。

これが20cm以上になると、料金は倍かそれ以上にもなります。

ディーラーへの依頼は、ディーラーと板金業者の間で仲介マージンを別途取られるため、料金は+1万円以上はかかってきます。

また、カー用品店で修理する場合も修理代相場は1万円〜ですが、板金業者に比べると技術力が劣っていたり、大きめの傷だと修理を断られることもあります。

ですので、コスパ的にはディーラーとカー用品店の良い所取りとも言える板金塗装業者への依頼がおすすめです。

板金塗装業者の池内自動車なら最安3,300円〜でひっかき傷修理が可能!

板金業者である池内自動車なら、20cm以内のバンパーのひっかき傷は3,300円均一で修理が可能です。

傷が2箇所ある場合は単純に2倍の6,600円、それ以上の場合は割引対応も行なっています。

実績も豊富で、これまでに多くの車のひっかき傷を修理してきました。

前述したような一般的なプロの業者の価格よりも、圧倒的に低価格でサービスを提供しています。

まずはぜひ、お気軽にお問い合わせください。

スピードも重視してサービスを提供いたします。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

まとめ

以上、車のひっかき傷の修理代を決めるポイント、修理代相場、そしてコスパ抜群の板金業者である池内自動車をご紹介しました。

修理をするなら、なるべく低リスクでかつ安く行いたい人がほとんどかと思います。

業者は賢く選び、綺麗に車の傷を直しましょう。

傷の放置は車がさらに傷むので、避けてくださいね。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり