リアバンパーの傷修理にかかる費用とは?原因や直し方も紹介!

バンパー修理

リアバンパーに傷がついてしまうことありますよね。

フロントバンパーと違って、リアバンパーの傷は場所的にも気づきづらいですが、後続車両から丸見えになってしまうので早めに修理したいところです。

そこで、この記事ではリアバンパーの修理方法や費用などを中心に、傷ができてしまう原因なども詳しく解説していきます。

リアバンパーに傷ができて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

リアバンパーに傷ができる原因とは?

フロントバンパーであれば飛び石などで傷ができることが予想されますが、リアバンパーは車の後ろ側に装備されています。

傷は程度なものがほとんどですが、一体どのようにして傷ができるのか、その原因をお伝えしていきます。

リアバンパー傷の原因:①バック駐車

リアバンパーに傷ができる原因としてもっとも多いのは、バック駐車による自損事故です。

運転に慣れていない人が、後方間隔を見誤りそのまま後ろの壁にぶつけてしまうことでリアバンパーに傷ができる事案が多発しています。

また、慣れていない駐車場でのバック駐車も事故が多いので注意が必要です。

リアバンパー傷の原因:②リアオーバーハング

リアオーバーハングとは、曲がり角などで車の後部側が大きく外にはみ出ることを言います。

例えば、左折するときに勢いよく曲がると、右サイドの後部が遠心力で外にはみ出てしまい壁や電柱にぶつけてしまう可能性があります。

特に狭い道では、内輪差だけでなくリアオーバーハングにも注意するようにしましょう。

リアバンパー傷の原因:③酔っ払いなどによるイタズラ

リアバンパーに傷ができる原因は運転ミスによるものだけではありません。

酔っ払いが蹴ったり殴ったりすることがあり、知らない間にリアバンパーに傷ができているということも考えられます。

また、子どもが遊んでいるボールなどが当たって傷ができることもあるので、駐車する場所にも警戒が必要です。

リアバンパーにできた傷の直し方

先ほどもお伝えしたようにリアバンパーの傷は軽度なものがほとんどです。

軽度な傷と言っても、そのまま放置しているとサビの原因にもなるので、なるべく早めに対応しましょう。

修理する方法としては、ディーラーや板金業者などのプロに依頼する方法と自分で修理する方法の2つがあります。

浅く小さな傷であれば自分で修理することも可能なので、その方法をご紹介していきます。

リアバンパー傷の修理:コンパウンド

小さい傷であればコンパウンドを使っての修理が有効です。

コンパウンドとは傷消し剤のことで、小さな傷を目立たなくすることに向いています。

カーショップなどに行けば1000円程度で購入できるので、修理費用を抑えてサッと修理したいという方におすすめです。

それでは具体的な補修手順をお伝えします。

■準備するもの

・コンパウンド※必要に応じて2種類

・スポンジ

・布

■補修手順

①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。

②きれいなスポンジや布にコンパウンドを付け、傷をなでるように磨きます。この時、2種類のコンパウンドを用意し、初めは粗目のコンパウンドで磨き、傷が目立たなくなってきたら細かいコンパウンドで磨くとつやが出てよりキレイに仕上がります

③最後に水洗い、もしくは液体コンパウンドを使用してきれいに流します。

リアバンパー傷の修理:タッチペン

タッチペンは線状の傷や少し深い傷の修理に向いています。

壁や電柱などに擦ってしまい、ひっかいたような傷ができた場合はコンパウンドよりもタッチペンでの修理をおすすめします。

補修手順は下記のとおりです。

■準備するもの

・タッチペン

・マスキングテープ

・耐水サンドペーパー

・液体コンパウンド

■補修手順

①まず車全体(修理したい箇所)を洗い、汚れを落とします。

②タッチペンの塗料が周囲につかないように、傷の上下にマスキングテープを貼り補修します。

③タッチペンは点々を打つようなイメージで塗装するのがポイントです。塗料が盛り上がってくるまで何度も繰り返します。

④塗装が終わったらマスキングテープを剥がし、1時間程度自然乾燥させます。

⑤1時間後、盛り上がった塗料を耐水サンドペーパーで削り、平らにしていきます。

⑥仕上げに液体コンパウンドでつやを出せば完了です。

リアバンパー傷の修理:ディーラーなどのプロに任せる

深い傷や大きい傷の場合は、コンパウンドだけでは消せず、場合によってはパテや専用の修理器具が必要になります。

特にへこみ修理では、パテを使用するケースが多く、初心者では少し難易度が高くなります。

その際は、ディーラーや板金業者に相談して修理することをおすすめします。

リアバンパーの傷修理にかかる費用・期間

リアバンパーの傷修理にかかる費用はキズの程度によって少し異なります。

小さな傷(10x10cm以下)の場合は1万円程度で修理が可能ですが、少し大きめの傷(10x10cm以上)の場合は2万5千円程度になります。

また、傷の程度によっては修理ではなく交換が必要になるケースもあり、リアバンパーの交換には10万円以上かかることも…。

リアバンパーの傷修理:作業時間・期間はどれくらい?

小さな傷の修理は数時間で終わることがほとんどですが、深い傷や交換が必要になる場合は1週間程度かかってしまいます。

そのため、見積もりをもらう際に作業時間や作業工程は詳しく確認するようにしましょう。

業者によっては少し雑なところもあります…。

まとめ

すり傷程度なら自分で修理することも可能ですが、失敗したくない方やDIYに自信がない方は迷わずプロに任せましょう。

コンパウンドは完全に修理するわけではなく、あくまで傷を目立たなくさせるためのものです。

自分で修理することで費用は安くなりますが、仕上がり具合を考えるなら、やはりプロにお願いするほうが賢明と言えます。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり