フェンダーの錆修理は業者とDIYどっちがお得?

フェンダー修理

フェンダーは、「泥除け」と呼ばれるパーツです。

このフェンダー部分に錆などができた場合は、なるべく早く修理(補修)しなければなりません。

錆は放置すると車の状態がどんどん悪化していきますので、見つけたら直ちに対処するのが得策です。

そこで本記事では、フェンダーの錆の修理方法としてDIYと業者依頼の両者を紹介し、その修理料金の目安もお伝えします。

また、車(フェンダー)が錆びる原因とその影響についても解説しますので、参考にしてみてください。

錆の修理は傷やへこみの修理に比べて緊急度の高いものですので、なるべく早くこの記事を参考にして修理するようにしましょう。

車(フェンダー)が錆びる原因とそれによる影響は?

フェンダーだけではありませんが、車は錆がついてしまうことが多いものです。

車は金属でできているため、錆びてしまうのは当たり前と言えば当たり前ですが、錆が起きることには当然原因もあります。

また車が錆びることで生じる悪影響も多くありますし、それらもきちんと理解しておくことが重要です。

車が錆びる原因とその影響を把握し、放置してしまうのがいかにリスクが高いかを認識しておきましょう。

車(フェンダー)への傷や水分、塩分が主な錆の原因

車(フェンダー)が錆びる原因は色々ありますが、主な原因は車に傷が付き、その傷に水分や塩分が入り込むことです。

フェンダーは擦ったり、飛び石などで細かい傷がつきやすい部分です。その部分をそのままにしていると錆を発生させてしまいます。

また、車は大部分が金属なので、海などで潮風に当たることで塩害によっても錆が発生してしまいます。

海沿いの地域の車や家などに錆が多いのはこれが理由です。

さらに、雪国では塩カル(塩化カルシウム)という融雪剤が使われており、簡単に言えばこれは"塩"ですので、金属である車は錆やすくなります。

対策としては、なるべく小まめに車を洗車し、"塩"による被害を極力抑えることです。

これらの注意点をしっかり把握し、対策していきましょう。

錆を放置しているとのちに修理料金が高額に

錆ができてしまうのは、傷などを放置してしまうことが原因です。

小さな傷でもそれは一緒で、そのままにしていると錆が発生します。

放っておくとさらに錆は広がり、どんどん元に戻せなくなります。

放置することで損傷部分も拡大し、いざ修理をする際に修理が必要な箇所が増え、修理費用も高くなるので注意しましょう。

また、錆は放置すると車に穴が空き大変危険です。

フェンダーに限らず、車の下などの目が行き届かない錆やすい部分のところまでしっかり確認するようにしましょう。

フェンダーの錆修理と修理料金を、業者とDIYで比較

車のフェンダーなどに錆を発見したらすぐに修理が必要ですが、修理の費用が不安な方も多いです。

修理をする際はやはり幾らかは修理費用は発生しますし、その修理方法によっても値段は変わってきます。

修理方法は基本的に2通りしかなく、DIYかプロの業者依頼のどちらかです。

まずは錆の補修方法を把握し、方法別で修理費がどれほどかかるかを理解しておきましょう。

DIYでフェンダーの錆の修理は可能

フェンダーの錆の修理は、DIYして自分で直すことができます。

仕上がりはその人の技術によるため失敗する可能性もありますが、インターネット上にも修理方法の情報は多くありますし、錆落としだけなら簡単です。

慣れれば短い時間でのDIY修理もでき、業者に依頼するのが面倒な方、予算があまりない方、車をカスタムしたりいじるのが苦じゃない方には特にDIYはおすすめです。

修理のための工具さえ揃えれば錆の修理はできてしまうので、方法を覚えて小まめにメンテナンスを行い、錆のさらなる拡大を防止しながら車を綺麗に保ちましょう。

DIYでのフェンダー錆の修理料金の目安

DIYで錆の修理をする場合、修理料金は5,000円かからない程度です。

工具などを用意してしまえば、お金はかかりません。

錆落としや防錆剤などがあれば容易に錆の修理はでき、修理費用もプロの業者依頼よりは安い場合がほとんどです。

その分時間や労力などのコストはかかりますし、見た目もプロの修理にはどうしても劣ってしまうのは避けられないです。

それでも慣れてくればDIYでも綺麗に修理はでき、何度か修理を行っているうちに修理のスキルは上がります。

プロの業者へのフェンダーの錆修理依頼もあり

DIY修理する時間がなかったり、そもそもめんどくさかったり、修理に自信がない時などは、やはりプロの業者に頼むのが賢明です。

何度も何度も修理を行なっているのがプロの業者であり、業者に依頼すればほとんどの傷を綺麗に直してくれ、錆もしっかり綺麗に落としてくれます。

錆の修理依頼を行う場合は傷の状況をしっかり見てもらって、見積りを出しましょう。

その後車を業者に預ければ修理が進むので、修理の手続きも簡単で時間も手間もかかりません。

納車されるまで修理を待ちましょう。

自分の時間を修理に使いたくない方には、業者依頼がおすすめです。

業者にフェンダーの錆修理を依頼する場合の料金の目安

業者への車の修理依頼料金は錆や傷の程度にもよりますが、数万円は基本的にかかることは覚えておきましょう。

修理のクオリティーや業者側の手間を考えれば、自分で直す場合よりは費用が必要になることは当然です。

その代わり業者に依頼すれば修理の手間は省けますし、ほぼ完璧な状態に戻してくれます。

また、錆がひどければ修理料金も上がっていきますので、修理するならなるべく早めに依頼しましょう。

さらに、業者に修理依頼すると錆落としだけでなく防錆加工なども行ってくれるケースが多いです。

そのためトータル面で考えると、最終的には業者へ依頼したほうがお得になる場合があります。

まとめ

本記事では、フェンダーが錆びる原因とその影響、そしてフェンダーの錆の修理方法としてDIYと業者依頼の両者があることを紹介し、その修理料金の目安もお伝えしました。

修理のためのDIYと業者依頼に関してはどちらにもメリット・デメリットがありますので、ご自身が何を大切にするかポイントをしっかり考えて、決めるようにしましょう。

くれぐれも錆の放置は厳禁です。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり