リアバンパーをぶつけた!【傷の種類・車種別】修理費用を徹底解説

リアバンパーはバック駐車時に壁へぶつけたり、方向転換の際に障害物にぶつけるなど、自損事故で破損することが多い部品です。

もちろん後ろから追突してきた車にぶつかって、リアバンパーが壊れることもあります。

リアバンパーは衝突時の衝撃を緩和・吸収する装置なので、ぶつけた時に壊れやすく作られており、元々破損しやすくなっています。

リアバンパーをぶつけたら、修理費用は一体どれぐらいかかるのでしょうか?

そこで、

■傷・へこみ・交換など、リアバンパーの傷の種類別・修理費用の目安

■アクア・ヴォクシー・プリウス・ベンツ・BMWなど、車種別のリアバンパー修理費用の目安

など、リアバンパーをぶつけた時の修理費用と、修理費用を抑える方法についてお伝えします。

【傷の種類別】ぶつけたリアバンパーの修理費用の目安

リアバンパーの修理費用には定価がなく、ぶつけた際の傷の大きさや深さ、修理内容や修理業者によって異なります。

ここでは、ぶつけたリアバンパーの傷の種類や修理内容別に、修理費用の目安をご紹介します。

ぶつけたリアバンパーの擦り傷・へこみの修理費用

リアバンパーはバック駐車時や方向転換時にぶつけるなど、スピードが出ていない自損事故で壊れることが大半です。

そのためリアバンパーをぶつけた時は、大きな損傷よりも、擦り傷やへこみなど小さな損傷になることが多くなることが多くなります。

例えば激安修理をモットーにしている池内自動車では、20cm以内の手のひら程度の擦り傷であれば、ぶつけたリアバンパーの修理費用は税込でなんと3,300円!

修理時間も半日程度で済みます。

【池内自動車のバンパー修理費用目安】

・バンパーの擦り傷 20cm以内 3,300円

・バンパーのヘコミ 10cm以内 12,100円

          20cm以内 16,500円

          20cm超  23,100円

ぶつけたリアバンパーの交換が必要な場合

リアバンパーを交換する場合は、部品代・作業工賃を合わせると、修理費用が8〜10万円程かかります。

リアバンパーの損傷が全体に及んでいたり、大きな穴やひび割れがあると、修理ではなく交換が必要になる場合もあります。

またリアバンパーを交換する場合は、バンパー本体の脱着だけでなく、内部に設置されたセンサーや電装品の脱着が必要になる場合もあります。

【車種別】ぶつけたリアバンパーの修理費用の目安

リアバンパーをぶつけた時の修理費用は、車種によっても異なります。

例えばリアバンパーの交換が必要になった場合、リアバンパーの部品代や工賃は高級車や輸入車ほど高くなります。

主な車種別リアバンパーの部品代は以下の通りです。 

アクアのリアバンパー

トヨタのハッチバック型コンパクトハイブリッドカー

・アクアの新車価格        180万〜240万円

・アクアのリアバンパー部品代     約35,000円

ヴォクシーのリアバンパー

トヨタのハイブリッドミニバン

・ヴォクシーの新車価格      280万〜350万円 

・ヴォクシーのリアバンパー部品代     約5万円

プリウスのリアバンパー

トヨタのハイブリッドセダン

・プリウスの新車価格        250万〜400万円

・プリウスのリアバンパー部品代     4万〜5万円

ベンツCクラスセダンのリアバンパー

・新車価格              約650万円

・リアバンパー部品代         約20万円 

BMW3シリーズセダンのリアバンパー

・新車価格              約500万円〜

・リアバンパー部品代           約10万円

リアバンパーをぶつけた時に修理費用を抑える3つのポイント

リアバンパーをぶつけた場合の修理費用は、数千円から数十万円まで、修理内容や車種によって幅があります。

リアバンパーをぶつけただけでもショックなのに、修理費用まで高額なのはいやですよね。

そこで、ぶつけたリアバンパーの修理費用を抑えるポイントを3つご紹介します。

1.複数の修理業者に見積もり依頼をする

ぶつけたリアバンパーの修理費用は、修理箇所や修理内容が同じでも、修理業者によって大きく異なります。

リアバンパーの修理費用を最安値で抑えるには、複数の業者に修理見積もりを依頼しましょう。

見積もりの際、傷の程度がよくわかる写真などがあると、より正確な見積もり金額を知ることができます。

最近は、スマホで撮影した画像を送信すれば、修理代の見積もりを行ってくれる業者もあります。

修理代の目安を手軽に知りたい場合は、こうした業者のネット見積もりを利用すれば良いでしょう。

2.自動車修理工場に直接依頼する

自社工場を保有するディーラーは修理技術が高く、部品や修復材料にメーカーの純正品を使用するので、高品質な修理を行ってくれます。

ただし、ディーラーの板金塗装修理は、中間マージンを取って提携先の自動車修理工場に外注している場合が多いので、その分修理費用が高くなります。

自動車修理工場には、全国的なフランチャイズチェーンに加盟している業者や地域密着で営業している業者もあります。

また、多数の従業員や工場を保有する業者や個人経営の町工場まで、業者の規模や得意分野も様々です。

自動車修理工場は板金修理の専門業者なので、経験が豊富なベテランの従業員が多く、高品質の修理を提供することが可能です。

自動車修理工場に直接依頼すれば、中間マージンが不要になるため、ディーラーより安い価格でディーラーと同水準の高品質な修理が期待できます。

また、自動車修理工場にはディーラーと異なり、中古部品や純正品以外の部品を積極的に利用して修理価格を安く抑えてくれる業者もあるので、予算に限りがある人は業者に相談してみましょう。

修理費用にはこだわらず、メーカー直結の高品質で安定した修理を望む人はディーラーへの修理依頼がお勧めです。

高い修理品質を確保した上で、リアバンパーの修理費用を安く抑えるには、専門の自動車修理工場に直接依頼するのがよいでしょう。

3.DIYで修理する

リアバンパーをぶつけても、傷が小さくて浅ければ、カー用品店や通販サイトで修理キットを購入してDIYで補修することが可能です。

バンパーの傷をDIYで補修する場合は、傷が付いた箇所をコンパウンドなどで研磨した後、削れた部分をパテで埋めて整形するという手順で行います。

バンパーにヒビ割れや欠けた箇所がある場合は、パテを塗り込んで損傷部分を埋めて元の形に整形し、再塗装を施せば修理は完了です。

また、バンパーはポリプロピレンなどの合成樹脂素材で作られているので弾力性や復元性が高いという特性があります。

そのため、へこんだ部分をドライヤーなどで熱して反対側から押せば、たいていは元に戻ります。

樹脂製のバンパーはボンネットやフェンダーなど鋼板で作られているパーツよりDIYで修理しやすいのが特徴です。

ただし、バンパーに大きくて深い傷が付いていたり、へこみや歪みがある場合は板金修理が必要であり、DIYで補修するには相応の技能と経験が必要です。

経験に乏しい素人がDIY修理にチャレンジすると、失敗するリスクが高くなってしまいます。

DIYで修理に失敗すると、見栄えが悪くなるだけでなく、業者に修理依頼した時の費用が余計に高くなったり、購入したDIY修理の費用や労力が無駄になるおそれがあります。

リアバンパーをぶつけた時に、DIYで修理するのは、誰にでもお勧めできる方法ではありません。

まとめ

リアバンパーをぶつけると、傷やへこみの他、内部に設置されているセンサーや電装部品が損傷することがあります。

そのため、リアバンパーをぶつけたら先ずは専門業者に修理見積もりを依頼して車の状態を把握し、必要な場合は修理してもらう必要があります。

ぶつけたリアバンパーの修理費用には定価がなく、様々な要因で変化するため、修理を依頼をする際には不安に感じる人も多いでしょう。

最近はネットで手軽に修理代の見積もりを行っている業者もあります。

激安修理をモットーとしている池内自動車では、問い合わせフォームから、修理費用の無料見積もり24時間受け付けています。

破損箇所の写真があれば、より正確な修理価格や期間の見積もりが可能です。

リアバンパーをぶつけたが、修理費用や日数が不安…という方は、ぜひ一度ご利用ください。

→ 池内自動車の無料60秒ネットお見積もりはこちら

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり