車の塗装費用は部分ごとに変わる?平均相場やDIY修理方法を紹介

板金塗装全般

事故や経年劣化によって剥がれてしまう車の塗装。

自分の愛車が色褪せてしまうのはちょっと悲しいですよね。

そこで車の塗装を検討している方に向けて、塗装費用の相場や自分で塗装する方法などをご紹介していきます。

車の塗装は全塗装や部分塗装、また塗装の種類によっても費用が変動することもあるので参考にしてみてください。

全塗装と部分塗装では費用はどれくらい違うのか?

車の塗装では、全体を塗装する「全塗装」と車の一部分を塗装する「部分塗装」があります。

車に傷ができ、塗装が剥がれてしまったのであれば部分塗装、経年劣化やボディカラーを変更したいのであれば全塗装になるでしょう。

傷の修理と合わせて全塗装することも可能ですが、塗装費用は思っているよりも高いことが多いので慎重に検討しましょう。

車を「全塗装」するときの平均費用

車の全塗装の費用は、車種やボディカラーによっても大きく異なります。

いわゆる車のサイズによって必要な塗料の量も変わってくるということです。

それでは、実際にどれくらいの差があるのか見てきましょう。

今回は「軽自動車・コンパクトカー」「ボックスカー・SUV」に分けてお伝えします。

車の塗装費用:軽自動車・コンパクトカー

まずは軽自動車やコンパクトカーなどの比較的小さめの車種の場合です。

単色のソリッド塗装の場合、平均相場は15万円~20万円程度となります。

もちろん、ボディカラーやソリッド塗装などの塗装タイプによっても変動しますが、相場としてはこれくらいの費用になります。

車の塗装費用:ボックスカー・SUV

続いて、ボックスカーやSUVなどの大きめの車種の場合です。

先ほど同様に単色ソリッド塗装で、平均相場は25万円以上となります。

ボックスカーのように塗装面が広くなればなるほど塗装費用は高くなっていきます。

車の一部分を塗装する「部分塗装」の平均費用

全塗装が高額になることはお伝えしましたが、車の一部分のみを塗装する「部分塗装」の場合はどれくらい費用がかかるのか。

部分塗装の場合は、塗装する場所によって金額が変わります。

今回は、一般的によく塗装される「ドア」「バンパー」「ボンネット」の3つの平均費用をご紹介していきます。

車の塗装費用:ドア

車のドアは開閉時の事故や悪質なイタズラによって傷ができてしまうことがあります。

ドアの塗装にかかる平均費用は3万円~5万円程度となり、全塗装に比べると安く感じますが、それでも高額には変わりません。

コンパクトカーなどの乗用車であれば、リアよりもフロントドアのほうが構成部品の関係で高くなることがあり、ワンボックスカーなどのスライドドアはより高くなります。

車の塗装費用:バンパー

車の中でもっとも傷つきやすいと言われるバンパー。

フロントとリアで費用が変わりますが、平均費用は2万円~4万円程度です。

バンパーはそのまま塗装することが難しく、車種によっては一度取り外してから塗装する費用があります。

この作業が必要になると、その分、金額が高くなるので事前に確認しておきましょう。

車の塗装費用:ボンネット

飛び石などで傷つくこともあるボンネット。

経年劣化による色褪せの場合は3万円~5万円程度、傷などの影響で塗装が剥がれてしまっている場合は5万円以上かかることもあります。

ボンネットは車の顔でもあり、塗装が剥がれているととても目立ってしまいます。

少し高くなりますが、早めの塗装を検討しましょう。

車の塗装はなぜこれほど高いのか

ここまで全塗装、部分塗装の平均費用をお伝えしてきましたが、車の塗装は“高い”ということが分かったと思います。

ではなぜ車の塗装はこれほど高額になるのか。それは塗料の準備や工数がかかるからです。

塗装するには塗料を準備する必要があり、ボディカラーが特殊な車や高級車などはそれだけで高額になってしまいます。

また、塗装時のパーツの取り外しに工数がかかることも費用が高くなる理由になっています。

知っておきたい!車を全塗装するメリット・デメリット

これまでお伝えしたとおり、全塗装には高額な費用がかかり見た目の印象もガラッと変わってしまいます。

「経年劣化で色落ちした車を、もう一度新車のように輝かせたい!」「全塗装で別の色も楽しみたい!」そう思って全塗装をするのはいいのですが、全塗装することによるメリット・デメリットはしっかりと把握しておきましょう。

車を全塗装するメリット

▼経年劣化した車を新車のようにできる

全塗装をする方で最も多いのは経年劣化によるものです。車の塗装は紫外線を浴びるなど、年月を重ねるごとにどんどん劣化していきます。そのため、いつの間にか新車の頃の輝きはなくなり、色褪せてしまうものです。そこで、全塗装をすることで、新車の頃のようなツヤを再び手に入れることができます。

▼ボディカラーを変えることで雰囲気をガラッと変えることができる

メリットの2つ目は、全塗装することで車の雰囲気をガラッと変えることができる点です。何年も同じ車に乗っていると、最初は気に入っていてもだんだん飽きてきてしまいますよね。そこで、全塗装してボディカラーを変えることで、心機一転、新鮮な気分を味わうことが可能です。

▼買ってから気分が変わっても買い替える必要がない

メリットの3つ目は、買ってから気分が変わっても買い替える必要がない点です。車を購入してから、やっぱり他の色がいいなと思ったことありませんか?全塗装をすれば車を買い替えることなく、好きなボディカラーに変更することが可能です。通常では販売されていないようなオリジナルカラーにもできるので、より気分を上げることができますね。

車を全塗装するデメリット

▼塗装費用がかかる

全塗装には、当然ですが高い費用がかかります。通常の金額よりも安く抑えようとすると、業者によっては塗装の質が落ちてしまうことがあるので頭に入れておきましょう。どうしても費用を安くしたい方は、塗装が得意な板金業者に依頼すると高品質を保ちながら費用を抑えることができるのでおすすめです。

▼場合によっては査定に影響することがある

デメリットの2つ目は査定に影響する可能性があることです。基本的には問題ないのですが、塗装の質が悪かった場合は塗装の耐久性が低いと判断され、マイナス評価を受けることがあります。そのため、全塗装するのであれば、しっかりとした業者にきっちりと塗装してもらうことをおすすめします。

意外と知られていない車塗装の種類

「全塗装」「部分塗装」をお伝えしましたが、塗装にはいくつかの種類があります。

種類によって仕上がり具合も費用も変わってくるので、それぞれの特長をお伝えしていきます。

塗装の種類特長
ソリッド塗装単色の塗料を使った塗装。光沢を出すための金属などが混ざってないので色ムラができにくい。
マイカ塗装メタリックと同じようなきらめきがある。鉱物が入っているのでより柔らかい印象になる。
メタリック塗装アルミニウムが含まれており、光沢が出る。錆びる可能性がある。
パール塗装マイカ塗装よりも細かい粉末が混ぜられており、パールのような輝きで高級感が出る。
マジョーラ塗装光の角度によって色が変わって見える。
キャンディ塗装飴玉のような透明感が特長。
クリア塗装コーティング効果・つや出し効果など車の塗装には欠かせないもの。

車の塗装は自分でもできる?

車の塗装費用を聞くと、高くて手を出しづらいですよね。

そこで自分で塗装することができないかと考える方も多いのではないでしょうか。

結論、自分でも車を塗装することは可能です。

最近ではカーショップに行けば、数多くのDIY用パーツや工具が並んでいます。

全塗装を自分で行っている方もいるので、DIY好きの方はぜひ挑戦してみてください。

セルフ塗装のやり方

セルフ塗装でもっとも簡単なのは「タッチペン」を使った塗装方法です。

タッチペンはカーショップに行けば1000円程度で手に入れることができ、傷の補修にも使えるのでとても便利です。

塗装箇所の周りにマスキングテープで貼り、タッチペンを使って何回も重ね塗りしたあと、盛り上がった塗装部分をヤスリで削れば完了です。

仕上げにコンパウンドなどでつやを出すとよりキレイに仕上がります。

タッチペンは小さな傷や塗装に適した便利アイテムです。

全塗装する際はスプレーを用意する必要があり、カーショップでは希望するボディカラーの塗料を調合してくれるサービスもあります。

ただし、スプレーを使用して万が一失敗した場合、店舗によっては塗装作業を断られる可能性もあるので注意しましょう。

塗装を剥がす作業は手間がかかるので費用が高くなる、もしくは最悪断られるということを頭に入れた上でスプレーを使ったセルフ塗装を行ってください。

車の塗装をキレイに仕上げたいなら業者にお願いしよう!

自分で塗装するセルフ塗装のやり方をご紹介しましたが、キレイに仕上げたいなら業者にお願いすることをおすすめします。

塗装は専門的なテクニックが必要になる作業です。

費用を抑えたいからと言って、自分で塗装して失敗してからでは余計に費用がかかってしまいます。

高額にはなってしまいますが、車のためにも業者にお願いしてキレイに仕上げてもらいましょう。

まとめ

車の塗装は高額な費用がかかるものです。

しかし、剥がれた塗装を放っておくと錆びてしまい、より目立つことにつながります。

細かい小さな傷であればセルフ塗装でも問題ありませんが、塗装範囲が広い場合や全塗装の場合は業者にお願いしてキレイにしてもらいましょう。

ディーラーやカーショップに比べて板金業者の場合は安く塗装してくれることがあります。

もし、ディーラーやカーショップで高いと感じた場合は板金業者からも見積もりをもらってみてください。

中には激安でしてくれる業者もあるのでおすすめです。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり