バンパー下のガリ傷の修理代は意外と安い?気になる費用を解説!

バンパー修理

車のバンパー下は、なにかと傷がつきやすい部分です。

壁や段差で車体をこすってしまったり、道路の飛び石で傷がつくこともあります。

車を綺麗な状態で保ちたい方にとっては、特に傷は綺麗に直しておきたいですよね。

でも、板金業者などのプロに修理を頼むと費用が高そうだし、自分で直すのも自信ないし・・

本記事は、そんな悩みを持つ方に向けたもので、プロの修理の相場料金および最安3,300円〜でバンパー下の傷(ガリ傷)を直す方法を教えます。

ぜひ参考にしてみてください。

バンパー下のガリ傷の修理代相場はいくら?

それではまず、バンパー下のガリ傷の修理代相場を解説していきます。

ここでお伝えする相場は、プロの板金業者の相場料金です。

修理代を決めるポイントも併せて解説していきます。

修理代を決めるポイント

修理代からお伝えする前に、バンパー下のガリ傷の修理代を決める大事なポイントが3つあります。

①傷の大きさや程度

②車の種類

③塗装の種類

以上の3つを考慮して、プロは修理費用を決めます。

当然のことですが、傷が小さければ修理代は安くなりますし、傷が大きかったり深かったり、程度が大きいと修理代は高くつきます。

また、車の種類によってはバンパーを簡単に外せますが、カスタムしていてグリルガードなどのパーツが付いているとガリ傷を直すのに手間がかかります。

手間がかかる=工賃は高くなってしまいます。

最後に、塗料の種類も修理代を決める大事なポイントです。

ブラックやシルバーなどの一般的なカラーなら費用はそこまで高くありませんが、限定モデルなどにしか使われていないカラーや、カスタムで珍しい色を塗装していたりすると、やはり高くなってしまいます。

パール系などの色も、塗料自体の価格が高いです。

プロに依頼した場合の修理代相場

ここまで説明したポイントを踏まえてお伝えすると、おおよそ2万円〜4万円がプロに修理依頼した場合の相場です。

傷の大きさが小さく、特にカスタムもしていない上でカラーもよくある系統の色であれば、若干は安いかもしれません。

しかし、相場を見ると2万円〜4万円かかる場合がほとんどです。

高いか安いかは人によって基準が異なりますが、高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

しかし、だからと言ってDIYして自分で修理をすると、当然プロのレベルで綺麗に直すことはかなり難易度が難しいです。

無理にDIY修理しようとせず、まずは業者に見積もりを取ってから冷静に判断しましょう。

池内自動車なら最安3,300円〜でバンパー下のガリ傷修理が可能!

プロへの修理依頼の相場は2万円〜4万円とお伝えしましたが、池内自動車であれば最安3,300円〜板金修理が可能です。

傷が一箇所かつ20cm以内の大きさであれば、均一で3,300円で修理を行っています。

同じような傷が2箇所の場合は、その倍の6,600円均一になります。

これは業界最安級の安さであり、業者依頼が高いけど自分で修理も諦めている方には嬉しい情報ではないでしょうか。

修理実績も多数ございますので、安心して修理も任せられます。

ぜひお気軽に、池内自動車へお問い合わせください。

まとめ

まとめると、

・バンパー下のガリ傷の修理代を決めるポイントは、傷の大きさや程度車の種類塗装の種類の3点

・おおよそ2万円〜4万円がプロに修理依頼した場合の相場料金

・池内自動車であれば最安3,300円〜で傷の修理が可能(傷が一箇所かつ20cm以内の大きさの場合)

以上です。

バンパーのガリ傷ぐらい気にしないで放置しておこうなんて考えは、最悪の場合さらなる車の状態の悪化につながります。

なるべく早い段階で修理を行い、車を綺麗に保ちましょう。

その方がリセールバリューもつき、より高く車も売れますよ。

ぜひこの記事を参考にして、修理は楽に業者依頼してしまいましょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり