車のドアの凹み修理、かかる費用と時間を修理方法別で解説!

ドア修理

車のドアをぶつけてしまって、ドアに擦り傷や凹み、穴をつくってしまった方も多いのではないでしょうか?

ドアは比較的目立つ部分でもありますし、可能な限り安く修理したいものですよね。

「でも、お金もないし小さな凹みだから、そのまま放置しておいても大丈夫だろう。」

そんなふうに考える方も多いようですが、放置は全然大丈夫ではありません。

たとえ小さな擦り傷や凹みでも、雨で濡れるなどしてそこから錆が発生していき、車がどんどん傷んでしまいます。

そこでこの記事では、車のドアの凹み修理にフォーカスを当て、その費用とかかる時間、修理方法を解説していきます。

車のドアの凹み修理にかかる費用と時間を、修理方法別で解説

車のドアの凹みを修理する方法は2つあります。

DIYで自分で直す方法と、プロの業者に依頼する方法です。

こちらでは具体的に、修理にかかる費用と時間を、この2つのパターンで比較しながらご紹介します。

DIYで自分で車のドアの凹みを修理する場合

DIY(Do It Yourself)= 自分で修理という意味です。

DIYで修理をする場合は、特に技術面に関しては注意が必要です。

板金業者などは多くの修理をこなすその道のプロであり、それと同じクオリティで修理を自分で行うのは、ほぼ不可能でしょう。

そのことはしっかりと認識した上で、クオリティをある程度許容できる場合はDIY修理を行ってください。

かかる費用(2,000円〜5,000円程度)

DIYで自分でドアの凹みを修理する場合、ドライヤーや耐水サンドペーパーを用いたり専用ツールを購入して修理を行う場合が多いです。

費用は2,000円〜5,000円でDIY修理が可能です。

注意点としてはやはり修理のクオリティで、業者ほど綺麗に仕上げるのはかなり難しいと思いましょう。

擦り傷ならまだしも、凹み修理は非常に難しいです。

かかる時間(半日前後)

DIY修理にかかる時間ですが、おおよそ半日程度と理解しておきましょう。

しかしこれは、慣れ具合や手先の器用さなども関連してきますので、あくまで目安です。

また、凹みの具合などにもよるため、修理時間はケースバイケースとなります。

プロの業者に依頼して車のドアの凹みを修理する場合

次に、プロの業者にドアの凹み修理を依頼する場合の相場料金と修理期間をご紹介します。

見た目を綺麗に仕上げたい場合は、プロの業者依頼がやはり確実でしょう。

しかし費用も時間も、どちらも一般的にはDIY修理よりはかかると思っておいてください。

ただし場合によってはDIY修理よりもメリットが大きいケースもあるので、併せてご紹介します。

かかる費用(最低4万円〜)

ドアの凹みを業者に修理依頼する場合は、最低でも4万円前後が相場料金です。

やはりDIY修理と比較すると綺麗に確実に仕上げる技術力がある分、料金は高くなります。

しかし、費用面だけを見て修理依頼の判断をするのは避けましょう。

業者は車の他の異常にも気づけるので、安全面では抜群の信頼があります。

かかる時間(2〜5日程度)

修理にかかる期間もDIY修理に比べると長く、短くても2日はかかります。

確実に仕上げてほしい場合は我慢するしかありませんので、将来の安心やクオリティのためと思って待つようにしましょう。

池内自動車なら最低25,300円〜でドアの凹み修理が可能

池内自動車は、業界最安級の価格設定でドアの凹み修理を行なっています。

1箇所10cm以内の凹みであれば、25,300円〜修理が可能です。

また、2箇所以上の週売りになる場合は割引も可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

ここまで、車のドアの凹み修理にかかる費用と時間を、修理方法別で解説してきました。

要点をまとめると、

・費用も時間も、DIY修理の方がかからないが、クオリティや安全面は妥協や注意が必要

・業者依頼の場合は費用も時間もかかるが、その分クオリティと安全面はしっかりと担保される

・他業者と比べて費用が安い「池内自動車」ならドアの凹み修理が最安で25,300円〜可能

以上です。

やはり、費用面にしか大きなメリットがなくリスクも高いDIY修理は、あまりおすすめできません。

費用に余裕があれば、業者に依頼する方が間違いなく安全でリスクも低いでしょう。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり