運転下手が上手くなるコツとは?下手な人と上手い人の差を解説

板金塗装全般

あなたは自分で運転が下手だと思いますか?

正直、F1レーサーでもない私たちにとって“運転が上手い”というのはあまりにも曖昧なものですよね。

しかし、運転が下手な人にはこれといった特長があるので、この記事ではその特長をお伝えしていきたいと思います。

「車をよく擦ってしまう…。」「運転が怖くて自信がない…。」そんな方は、一度自分を見つめ直してみてください。

下手な人と上手い人の差は意外にも小さなことかもしれません…。

運転が下手すぎる人の特長とは?男で下手はつらい!

男が運転下手ではカッコがつきませんよね。

そこで、運転が下手な人の特長とその改善策をお伝えしますので、当てはまる方はぜひ参考にしてみてください。

運転下手あるある:バック駐車で何回も切り返す

運転が下手な人はバック駐車が中々決まりません。

特にペーパードライバーの方は、教習所のように目印になる物がないので車庫入れに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。

バック駐車ができない人は、後方間隔が乏しく後ろを見ながらのハンドル操作に慣れていないことが多いです。

■改善策

車庫入れの際は、駐車場所と車の入射角を45度にすると駐車がしやすくなります。

運転下手あるある:ブレーキを踏む回数が多い

運転が下手な人はちょっとしたことでブレーキを踏んでしまいます。

スピードを抑えるためにブレーキは必要ですが、対向車が来ただけでブレーキを踏んでいたのでは後続車両にも迷惑がかかってしまいます。

渋滞にならない程度にブレーキはほどほどにしましょう。

■改善策

毎回ブレーキを踏むのではなく、エンジンブレーキを使って減速する方法も試してみましょう。

運転下手あるある:急ブレーキ・急発進が多い

急ブレーキや急発進が多いのも運転が下手な人の特長です。

本当に危ない時は仕方ありませんが、止まる度に急ブレーキ、急発進を繰り返していたのでは同乗者も酔ってしまう可能性があります。

■改善策

急ブレーキ・急発進が多い人は、アクセルやブレーキの踏み方が正しくないことが多いです。

しっかりと踵を付けた状態で優しくペダルを踏むように心がけましょう。

運転下手あるある:カーブで上手く曲がれない

運転が下手な人はカーブで障害物を巻き込んでしまったり膨らみ過ぎてしまったりします。

内輪差が怖いからと言って膨らみ過ぎるのは、対向車にも危険が及び非常に迷惑な行為となります。

乗用車であれば、曲がり切れない道はほとんどないので膨らみは最小限に抑えるようにしましょう。

■改善策

カーブでのふくらみを改善するには、“スローイン・ファストアウト走行”がおすすめです。

名前の通り、カーブ手前でスピードを落としゆっくり入って、カーブを出るときにスピードを上げるというカーブの基本走行になります。

この走行をマスターすれば、膨らむことなくカーブを曲がれるようになります。

運転下手あるある:基本的な運転操作が雑

運転が下手な人は基本的な操作が雑な傾向にあります。

ブレーキやアクセル操作はもちろんのこと、バンドル操作やウィンカーなども雑な人は気を付けましょう。

同乗者も不安になりますし、何より周りに迷惑がかかってしまいとても危険です。

■改善策

運転操作が雑な人は性格的な問題もありますが、ゆっくり落ち着いて運転することで改善されることがあります。

まずは落ち着いて、ゆっくり操作してみましょう。

運転下手あるある:一定の速度で走行しない

スピード調整ができず、スムーズに走行できない人も運転が下手な人の特長です。

減速・加速が多く、ガクガクしてしまう人は注意が必要です。

■改善策

まずは運転に慣れるところからスタートしましょう。

運転する際は、車間距離などを目安にスピードを調節するように心がけてみてください。

運転が上手い人はココが違う!性格も関係あり!?

運転が下手な人と上手い人で何が違うのか、性格は関係あるのか、その違いについて解説していきます。

走行がスムーズ

運転が上手い人は走行がスムーズで、乗っていてストレスがほとんどありません。

これは適切なドライビングポジションが取れていて、ハンドル操作やアクセル、ブレーキなどの操作が安定しているからです。

急ブレーキや急発進などの無駄な動作がなく、スムーズな走行ができるのは運転が上手い人の一番の特長と言えます。

車両感覚をしっかり持っている

運転が上手い人は車両感覚をしっかりと持っています。

車幅や車の長さなどが頭に入っているので、どのくらいハンドルを切ればいいのかなどの判断力にも優れていることが多いです。

そのため、細い道や駐車などの車両感覚が求められる場面でも慌てることなく落ち着いて対処することができるのです。

精神的に余裕がある

運転が上手い人は精神的な余裕を感じられます。

これは余裕なら良いということではなく、適度な緊張感を持ちながら安全にも配慮できているということです。

慣れもありますが、安全確認を怠らず視野の広い運転ができると、運転が上手い人に一歩近づきますね。

運転が下手なのは性格の問題もあるかも!?

運転歴もそこそこあるのに、なぜか運転が下手な人がたまにいるんですよね。

そのような人がなぜ運転が下手なのかと言うと「性格」が関係していることが多いです。

ではどのような性格の人が運転下手になりやすいのか紹介していきたいと思います。

運転下手な人の性格:せっかちで回りが見えない

運転下手な人の性格として挙げられるのは“せっかちで回りが見えない”ことです。

前を走行している車が遅いからと言って無理矢理追い抜かそうとしたりカーブ直前にウィンカーを出したりと周りのことを考えない人は運転が下手と言えます。

また、せっかちな人は精神的に余裕がないので事故を起こす可能性も高く非常に危険です。

運転下手な人の性格:自分が正しいと思っている

続いて考えられる性格は“自分が正しいと思い込んでいる”ことです。

自分のやり方や考え方が正しいと思い込んでいる人は自分の運転の下手さに気づいていません。

同乗者や他の人から指摘されても直す気がないのでとても厄介な存在と言えます。

運転の上手い人がこだわりを持つなら分かるのですが、下手な人はきちんと周りの人の意見に耳を傾けてほしいものです。

女性は運転が下手?男性と女性、性別の差

高齢者やペーパードライバーのほかに事故が多いのが女性です。

よく「女性は運転が下手な人が多い」という言葉を耳にしますが、男性と女性で差はあるのか。

これは人にもよりますが、女性は男性に比べて空間把握能力が低い傾向にあります。

そのため、人や車のその先の行動を予測することができず事故を起こしてしまうケースが多くなります。

個人差はもちろんありますが、たまに予期せぬ運転をする女性もいるので注意しましょう。

運転が下手で落ち込むのはまだ早い!練習すれば上手くなる?

運転が下手だからと言って落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、正直運転は練習さえすれば誰でも上手くなるものです。

性格や男女の差などで個人差はありますが、練習を重ねることで上手くなることは可能です。

ただし、何も考えずに何回も同じことを繰り返しても運転スキルが上達することはありません。

ポイントは、“考えながら”運転の練習をすること。

例えば、車両感覚がないのであれば、自分の車の車幅を両手広げて確認したり、ハンドルをどれくらい回せば車がどれだけ回るのかなど一つひとつの動作を確認しながら行うことが上達への近道となります。

「座席の位置は丁度良い場所ですか?」

「サイドミラーは適切な位置に設定されていますか?」

車の運転が上手くなるためには、運転する前にも確認しておくことがたくさんあります。

まずは自宅周辺の車があまり来ない場所などで練習を積んでみてはいかがでしょうか。

運転が下手で車を傷つけたら板金業者で修理しよう!

運転が下手な人は車をどこかに擦ったりぶつけたりしてしまうことが多いです。

心当たりがある方は、一度自分の車を見てみてください。

「今まで気にしてなかったけど、車に傷がいっぱいある…」そんな方も多いのではないでしょうか?

車の傷はそのまま放置しているとサビになる可能性があるので、早めに修理する必要があります。

とは言っても、ディーラーに修理を依頼すると数万円~数十万かかってしまうことがあるため、気軽に依頼することができませんよね。

そこで、オススメなのが板金業者です。

板金業者ならディーラーに比べると安く、早いのでちょっとした傷の修理にとても便利です。

もし、車に傷がある方はお近くの板金業者を探してみてください。

車の傷修理なら池内自動車にお任せ!バンパー擦り傷3,300円~

板金業者選びに困っている方は、激安の池内自動車にお任せください!

擦り傷修理3,300円~と業界の常識を覆す価格でサービスを提供しているので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

運転が下手な人も、慣れやちょっとした気持ちの持ち方でドライビングが大きく改善されることがあります。

今下手だからと言って落ち込まず、ちょっとずつ練習することで上手い人に近づくことは可能です。

この記事でも紹介した改善策などが少し参考にしてみてください。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり