車を電柱にこすってしまった時どうすればいい?保険や修理代など解説

板金塗装全般

「車のサイドミラーを電柱にこすってしまった…。」「駐車の際にバンパーを電柱にぶつけてしまった…。」

サイドミラーやバンパーなどを電柱にこすってしまう事故は多く、特に運転に慣れていない方に多く見受けられます。

もし自分の車を電柱にこすってしまった場合、どのような対処を取ればいいのか、また保険は使えるのかなど分からないと不安ですよね。

そこで、この記事では車を電柱にこすってしまった場合の正しい対処法や保険について、また修理代など詳しく解説していきます。

今、車をこすって不安な方は参考にしてみてください。

車を電柱にこすったら物損事故になる?

交通事故には大きく「物損事故」と「人身事故」の2つがあり、「物損事故」は電柱や壁、ガードレールなど公共物にぶつかったがケガ人はいない場合に該当します。

そのため、電柱に車をこすった場合は、もちろん「物損事故」として扱われることになります。

車を電柱にこすった場合の正しい対処法

車を電柱にこすってしまった場合の正しい対処法をお伝えします。

①警察に連絡する

②保険会社に連絡する

③事故現場を記録する

車を電柱に少しこすった場合、相手はいませんが必ず警察に連絡するようにしましょう。

運転ミスによる自損事故、物損事故もれっきとした交通事故です。

道路交通法72条でも定められていることなので警察への連絡は忘れないようにしましょう。

その後、加入している保険会社への連絡を済ませ、事故現場の記録を取るようにしましょう。

自損事故の届出には「事故を起こした場所と日時」「損害物の程度」「安全確認措置」などの内容を問われます。

車を電柱にこすった!やってはいけない「当て逃げ」

絶対にやってはいけないのが「当て逃げ」です。

電柱に車をぶつけた時、ケガしてない・相手がいない・電柱が壊れてない、となればそのまま立ち去ろうと考える方が多くいます。

その背景として、事故を起こした際の「違反点数」や「罰金」が気になっているということが考えられます。

しかし、電柱などの公共物への物損事故は、きちんと警察へ連絡をすれば「行政責任」と「刑事責任」の処罰対象には該当しません。

そのため、減点等の処罰にはならないので安心して警察へ連絡するようにしましょう。

ただし、警察へ連絡せずそのまま立ち去ってしまった場合、警察に当て逃げとして検挙されれば処分の対象になるので注意が必要です。

車を電柱にこすった!保険は使える?

車を電柱にこすった程度では傷も小さいことが多いですが、保険を使えるなら修理代に当てたいと考える方も多いと思います。

そこで保険についてですが、車両保険には大きく「一般型」と「エコノミー型」の2種類があり、自損事故で伝えるのは「一般型」のみになります。

一般型車両保険とは、地震関連による損害以外を補償してくれる保険で、エコノミー型は、地震関連・自損事故・当て逃げ以外を補償してくれる保険になります。

エコノミー型の場合は補償される範囲が少なくなるので、自分が加入している保険の内容は確認しておきましょう。

車を電柱にこすった:物損事故は保険会社に任せよう!

電柱などの公共物にぶつかって壊してしまった場合、賠償金額など不安ですよね。

ガードレールなどは国が所有していることが多く、電柱は電力会社が所有者であることがほとんどです。

そのため、賠償金額は所有する自治体や組織に支払うのですが、不安な方は警察へ連絡した後、加入している任意保険会社へ連絡してすべて任せるようにしましょう。

また、その際に割引率も確認することをおすすめします。

物損事故の場合、割引率が下がることが多く、賠償金額が少ない場合は保険を使わないほうが割安になることもあります。

ちなみに、自賠責保険は物損事故に適用されませんので注意が必要です。

車のリアフェンダーを電柱にこすった!自分で修理できる?

曲がり角などで車を電柱にこすってしまうことありますよね。

中でも多いのがリアフェンダーをこすってしまうケースです。

基本的にリアフェンダーは丸ごと交換することができないので、修理代が高くなるパーツです。

また、こすった際にパネルが歪んでいる可能性もあるため、安い板金業者に修理を依頼することがベストですが、自分で修理したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで、すり傷が浅い場合の修理方法をご紹介します。

車を電柱にこすった:傷に塗料が残っていれば「コンパウンド」

すり傷の一番深いところに塗料が残っている場合は、コンパウンドが有効です。

コンパウンドであれば、こするだけで簡単に傷を目立たなくすることができるのでおすすめです。

ただし、ボディカラーによってはコンパウンドの研磨痕が目だってしまうことがあるので仕上げに細かいコンパウンドで磨くことを忘れないようにしましょう。

車を電柱にこすった:下地が見えている場合は「タッチペン」

すり傷に塗料が残っておらず、下地が見ているようならコンパウンドではなくタッチペンが有効です。

浅い傷を目立たなくするコンパウンドに対して、塗料のない線状の傷に向いているのがタッチペンになります。

男性なら子どものころにプラモデルを塗装するためにタッチペンを使った経験がある方も多いのではないでしょうか。

感覚的にはほとんど同じで、傷をタッチペンでなぞり、盛り上がった部分を耐水ペーパーで削るという作業になります。

その際、違う場所に塗料が付かないようにマスキングテープなどを貼るとより安全です。

車を電柱にこすってできた傷にかかる修理代

ここまで、コンパウンドを使ったセルフ補修法をお伝えしましたが、時間がない方や苦手な方は専門業者への依頼を検討するでしょう。

その際、ディーラーや板金業者などの業者によって修理代は大きく異なります。

一般的にディーラーは高額になるケースが多く、小さなすり傷の修理でも1万円以上かかることがあります。

その点、板金業者なら数千円程度で修理してくれることもあり、なるべく修理代を安くしたいという方におすすめです。

修理代は傷の程度やボディカラーによっても変わってくるので、まずは見積りをもらって検討すると良いでしょう。

まとめ

電柱の場合、相当スピードを出してぶつからない限り壊れることはほとんどありません。

そのため、賠償金を支払うこともないので警察への連絡は必ず実施しましょう。

車を電柱にこすった程度であれば自分で修理したほうが修理代も安くできますが、不安な方は一度業者に相談することをおすすめします。

  • 0120-145-841
  • 修理・板金お見積もり

修理・板金お見積もり